「食べづわり」とは?

妊娠した女性が吐き気をもよおす場面、ドラマでもよくある「つわり」のシーンです。


普通のつわりは「食べられない」というイメージですね。
しかし逆に「とにかく何か食べていないと気持ち悪い」というつわりもあります。


「食べづわり」といわれています。


食べられて栄養がとれるなら大丈夫なのでは?
吐いてしまう「普通のつわり」よりもマシなのでは?

そう感じるパパもいるかもしれません。

しかし現実はそんなに甘いものではありません。

つわりの原因は現代医学でもハッキリしておらず、薬はありません。

食べられるものは限られている
異常な食欲を抑えられない自分
何かを口に入れていないと気持ち悪くなる感じ

そのつらさは独特です。


困ってしまっている妊婦さんが少しでも楽になれる方法を考えていきましょう。

体重の増えすぎを抑える対策は?

食べづわりの妊婦さんは吐き気から逃れたいあまり、「高カロリー・高脂肪」の食事をとりすぎて急激に体重が増えてしまうことがあります。

カロリーをとることも、脂肪をとることも妊婦さんには大切なことです。

注意するべきは「適度に」食べるということです。


「食欲をうまくやり過ごして適度に食べる」
「トータルの栄養バランスを考えて食事をする」

これを少し意識しましょう。

「食べられるものが限られているのに…。バランスよくなんて無理」
という方もいると思います。

できる範囲で大丈夫ですよ。

「カロリーが低めの食べ物」でやり過ごす

何かムカつきを抑えるような、できればカロリーが低めの食品をみつけてみましょう。

・無糖の炭酸水
・レモン水
・氷を口に含む(果汁を製氷皿で凍らせたものでもOK)

「水の味さえ嫌になる。」というタイプの方は、うがいでリフレッシュする方法もあります。

・野菜スティック

カットしたものを冷蔵庫に常備して、気分が悪くなる前に口にします。
冷たいものの方がニオイを感じにくく、口の中がスッキリしやすい傾向にあります。

「口の中に長い時間ふくめる食べ物」でやり過ごす

お仕事中、外出中にやりやすい方法です。

・ノンシュガーの飴を口に含む
・ガムをかむ

・干し梅を少しずつかじる
・スルメをカミカミ
・おしゃぶり昆布をモグモグ

少し糖分の含まれるものの方が、気分の悪さが緩和される方もいます。
個数は一日何個までと決めておいた方が、塩分や糖分のとりすぎを防げます。

虫歯には注意して下さいね。

「少量を頻回に分けて食べて」やり過ごす

食べていないと気持ち悪いのに、食べ過ぎるとそれも気持ち悪い。
そんな方は「少しづつ」「何回かに分けて」食べてみて下さい。

普段は一日三食ですが、一日五食くらいに分けてみる方法です。


・小さなおにぎりを作っておいて、気分が悪くなる前にチョコチョコ食べる
・朝起きたらすぐにバナナを食べて空腹を落ち着かす


気分が本格的に悪くなる前に、早めに口にいれるのがポイントです。

「気分転換」でやり過ごす

意外とこれが大切です。

気分が悪くなるのでは…。嘔吐してしまうのでは…。
そう考えて引きこもりがちになってしまいますよね。


お部屋の中で一人きりで吐き気に耐えるのはさみしいです。


・少し吐き気がおさまった時を見計らって散歩・買い物に出かける
・妊娠初期のママの集まりなど妊婦教室に参加してみる

そしてパパに愚痴を聞いてもらう。
「パートナーが自分のツラさを分かってくれている。」
そういう安心感は大切ですよね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

もうすぐ出産…これさえあれば大丈夫!入院に必要なものリスト

初めての出産を控え、入院準備はいざこれから!と考えている方、でも何をそろえたらいいの?とよくわからず不安なこ…

tokakko / 5344 view

これだけ知っていれば安心!出産内祝いの『のし』のマナー

待望の赤ちゃんの誕生。かわいい赤ちゃんの誕生を周りの方たちにお祝いしてもらえることはとても幸せなことですよね…

makowork / 6825 view

妊娠の可能性を感じたら?妊娠超初期症状はどんな症状?

毎月あるものが来ないのはどうしてだろう…もしかしたらこの症状って!と思った方、もしかしたら妊娠しているかも!…

oppekeizm / 11463 view

ママの妊娠に対してパパは他人事?イラっとしないための考え方5つ

妊娠中はイライラとすることが多くなります。 そのような中で、パパが妊娠に関して他人事であるかのような話しを聞…

HF-LIFE / 9222 view

妊娠中にしておきたいこと5選

子供が生まれる前にしておきたいことを5つ

reichel / 5197 view

生まれてくる赤ちゃんのために準備しておきたい6つのベビー用品

出産前には色々なベビー用品をあらかじめ準備しておきたいもの。 そんな中でも、あれば便利な物を紹介したいと思い…

いっち / 5124 view

リスクを知って備えよう!35歳以上の「高齢出産」で気を付けたい事まとめ

35歳以上で初産を迎える方の出産を高齢出産と呼びます。女性の社会進出が当たり前になり、 結婚の時期が遅くなっ…

さくらしまこ / 8766 view

産後の便秘がツラい…。「痔」になっちゃう前に解消しよう!

妊娠中に便秘になってしまい、産後もなかなか解消しない。それどころか悪化して「痔」になってしまった。そんな方は…

ひらり / 4689 view

妊娠したい!でもどうしたら?正しい妊娠基礎体温の測り方

基礎体温は妊娠したいママにとって、バイオリズムを正確に知るための大切なデータ。より正確なデータを取るために、…

もものなほ子 / 5193 view

陣痛に悩まされない!無痛分娩の実態

最近話題になっている無痛分娩。まだ日本の産院では、実施している病院が少ないのですが、少しずつ普及しつつありま…

HF-LIFE / 14412 view

ひらり

「そうなんだ~!」を共有できたら嬉しいですね。営業マンの夫と子ども二人と共に暮らしてます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック