妊娠中こそ口中環境は悪化する!

・つわりで歯磨きが手抜き・回数が減り虫歯になりやすい
・女性ホルモンが通常の5倍程度に増えるため、女性ホルモンを好む細菌によって歯肉炎や歯周病になりやすくなる
・ホルモンバランスが崩れ口内を正常に保つ唾液量が減り、口内環境が悪化する

など、妊娠期間中は口内トラブルの原因になることが数多く潜んでいるのです。

特に歯周病は早産や低体重の子になる原因になるともいわれており、虫歯は赤ちゃんにも感染してしまいかねません。

 重い歯周病にかかった母親は、早産や低体重児を産むリスクが高いことが報告されています。これは、歯周病にかかった歯周組織が作り出す“炎症物質”が血液中に入り込み、子宮の収縮に関係しているためだと考えられています。また、歯周病菌の毒素が歯周ポケットから血液中に入り込むことで、血液の“炎症物質”を増やすことも関係していると考えられています。

このように妊娠中の歯のケアがいかに大事かがわかりますよね。

だからといって妊娠中に治療して大丈夫?

一般的には妊娠期間中のうち妊娠初期や後期はなるべく避け、安定期に入った<約16週~27週>の間であればいつでも歯科治療を行っても大丈夫と言われています。
かかりつけの産婦人科医と相談の上、歯の治療についての計画を立てましょう。
もちろん歯科医院では妊娠中であることや自身の体調についても伝えることが大事です。

麻酔の影響は?

歯科で使用している麻酔は歯茎に打つ局所麻酔なのでお腹の赤ちゃんへの影響は心配しなくても大丈夫です。無痛分娩にも使用される麻酔と同じものになります。

歯科治療に際し使用する薬液は少ないということ、局部麻酔であり使用範囲のごく狭い部分で分解されることなどからも胎児への影響はないとされています。

レントゲンの影響は?

歯科治療の場合、おなかに直接X線があたることはありませんし、鉛入りのエプロンで放射線を遮断するためそこまで心配する必要はありません。
現在では被ばく量をフィルム式のレントゲンよりも1/10にまで抑えたデジタルレントゲンを使用している医院もあります。

ただし、やはり妊娠初期~15周まではレントゲン撮影は控えた方がいいでしょう。

痛み止めの影響は?

大抵妊婦さんに処方されるのは小児でも服用可能なカロナールを処方されることが多いです。こちらは妊娠中・授乳中でもOK!ただしボルタレンやロキソニンなどの痛み止めは絶対にNGです。家族の飲み残しや市販の薬を服用するのはやめましょう。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

買って良かった!出産までに準備しておきたい必要なもの5選

妊娠すると早く赤ちゃんに会いたいという衝動から、ベビー用品を見に行くとついついあれもこれも欲しくなっちゃいま…

yoc97★ / 2964 view

妊婦の間に作ろう♪簡単に手作りできるベビーへの贈り物5選

初めての赤ちゃんへのプレゼントにママの愛情たっぷりの手作りのアイテムを贈りましょう♡ここでは簡単に作れる手芸…

yoc97★ / 3855 view

妊娠したら考えたい分娩の方法。自然分娩と無痛分娩の違いとは

赤ちゃんと会えるのは楽しみだけど、出産は不安ですよね。そんなプレママ達にとって、無痛分娩は気になるものではな…

ReilyLady / 1848 view

出産後は妊娠しやすい?いつから妊娠してもいいの?

出産後はよく妊娠しやすいと聞きますよね。実際はどうなのか、次の妊娠はいつ頃から考えればいいのかなどをまとめて…

yoc97★ / 2881 view

妊娠しやすくなる!?妊活中の食事で気を付けたい6つのこと

赤ちゃんが欲しい!と思っても、なかなか来てくれない・・・そんな時、食生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?…

snowsnow / 3722 view

妊娠期間中つわりがない人もいるって本当?つわり以外の症状は?

妊娠期間中で一番辛いのはつわりでしょうか?中にはつわりがなかったという人もいることをご存知ですか?妊娠期間中…

ReilyLady / 1852 view

つわり時期に食べやすい物は?辛い時期を乗り切る食事メニュー

人によって程度や症状が違う、つらいつわりの時期。でも自分と赤ちゃんのために栄養はしっかり摂りたいですよね。食…

tujico / 3186 view

ベビー服だけじゃない!出産のお祝いで喜ばれたプレゼント5選

出産のお祝い、何を選ぼうか迷ってしまいますよね。ベビー服の他にはどのような物が喜ばれているのでしょうか?

サクマメグム / 2212 view

リスクを知って備えよう!35歳以上の「高齢出産」で気を付けたい事まとめ

35歳以上で初産を迎える方の出産を高齢出産と呼びます。女性の社会進出が当たり前になり、 結婚の時期が遅くなっ…

さくらしまこ / 6281 view

陣痛に悩まされない!無痛分娩の実態

最近話題になっている無痛分娩。まだ日本の産院では、実施している病院が少ないのですが、少しずつ普及しつつありま…

HF-LIFE / 11460 view

tokakko

健康や美容、グルメが気になる30代主婦です。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック