子どもの体調不良は、風邪で咳や鼻水が出ていると気がつきやすいのですが、目の病気は、かかっている本人も気がつかないことが多かったり、見過ごしてしまうこともあるので、少しでも異変があったら、すぐに小児科や眼科へかかるようにしてくださいね!

目やにや充血は、つい軽視してしまいがちですが、目に現れる症状は感染症の症状の一部だったり、気をつけなければいけないことも多くあるので注意が必要です。

子どもに多い目の病気

実際に、子どもに多い目の病気を紹介します。子どもの年齢にもよりますが、こども達は違和感を感じでも、そのままにしてしまったり、うまく症状が伝えらえられないことがあるので、大人が気をつけていてあげることが必要です。

結膜炎(プール熱/はやり目)

結膜炎は、まぶたの裏側と白目部分を保護している”結膜”にウイルスが付着して感染症を起こすことを言います。夏に流行する感染症のプール熱や、はやり目でも結膜炎が起こります。

【症状】

□ 目が充血する
□ 目がゴロゴロするような異物感がある
□ 目やにや涙がたくさんでる
□ プール熱の場合は、熱、咳、鼻水、下痢などの症状が出る

ウイルス性のものが原因の場合は、他の人にもうつる可能性があります。学校や保育園、幼稚園で流行っていると報告があった場合には、気をつけましょう。

ものもらい

まぶたに最近がついて、感染などが詰まってしまうことで炎症を起こしたり、化膿してしまう状態のことです。ものもらいという名前で人に感染するようなイメージがありますが、他の人への感染は心配ありません。

【症状】

□ まぶたが赤く腫れる
□ 腫れた部分に痛みがでる

目薬などの投薬で治療をします。毛穴に最近が入って起こってしまう炎症なので、清潔にすることを意識ていると防ぐことができます。子どもはいろんなものを触った手で目をこすったりすることもあるので、外から帰ったら手を洗うことを徹底しましょう。

逆さまつげ

子どもはまぶたが厚く、まつげが逆さまになって眼球に触れてしまうことがあります。目に異物感を感じるので、目をこすってしまったりすると眼球を傷つけてしまって、悪化させてしまうので気をつけなければいけません。

【症状】

□ まつげが眼球に触れている
□ 光を眩しく感じる
□ 目がゴロゴロする
□ 涙の量が多い

子どもはまだまぶたの筋力が弱く、まぶたが厚いので逆さまつげになりやすいので、6歳頃までは様子を見ます。その後も逆さまつげによる眼球への刺激が治らない場合は、手術でまつげが外に向く手術をする必要があります。

鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)

鼻涙管とは目から鼻にかけて、涙が通る管のことです。この管が狭くなってしまうことで、涙がうまく出なくなったり、吸収されなくなってしまってしまうことを鼻涙管閉塞と言います。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

産後ダイエット上級編!5分間サーキット運動プログラム

自分のことに時間はかけられないけど、産後ダイエットは確実に成果を出したい!というママ必見の5分間サーキットト…

ReilyLady / 1437 view

産後ダイエットにおすすめのピラティスのエクササイズ5選

ピラティスはリハビリの為に開発されたエクササイズです。妊娠や出産により変化した骨盤や背骨を元に戻し、シェイプ…

Momo / 1225 view

働くママが気を付けたい保育園でもらいやすい子供の病気

働くママ達にとって保育園や幼稚園は必要不可欠ですが、流行の病気が移りやすいのも気がかりな点ですよね。保育園な…

ReilyLady / 2134 view

ゆううつな生理を少しでも快適に!つらい生理痛をやわらげる方法

ただでさえゆううつな生理を、さらにつらいものにしている生理痛。痛みや症状に個人差はあるものの、軽減できればう…

tikatika / 1585 view

B型肝炎のワクチンが定期接種になったことをご存知ですか?

今まで任意接種だったB型肝炎ワクチンが、平成28年10月1日から定期接種となりました。ご存知でしたか?今回は…

kaeru_5 / 834 view

子宮頸がんの検査は怖くない!当日の流れと検査方法を解説

女性が絶対に受けたほうがいいという子宮頸がんの検診、実際にどんな検査をするの?痛みはあるの?子宮頸がんの検診…

tujico / 1438 view

ツラい運動や難しい知識は不要!?ママに人気の8時間ダイエット

難しい知識も道具もいらないのに、即効性が高いダイエットとして、最近人気が高まっている8時間ダイエット!仕事に…

midori / 1134 view

愛するわが子を守るために、SIDS(乳幼児突然死症候群)という病を知ろう

子供の命を急に奪う原因不明の恐ろしい病、SIDS(乳幼児突然死症候群)についてです。

reichel / 3999 view

妊娠への影響は?実は女性にとって身近な病気「子宮筋腫」とは?

子宮筋腫という病名は、よく耳にしますが、どのようなものかよく知らない人、意外と多いのではないでしょうか。実は…

tikatika / 1360 view

家族がうつ病になってしまったら?精神科への入院は必要?

大切な家族が辛い思いをしているとき、いち早く支えてあげたいものですよね。もしも、家族がうつ病になってしまった…

ReilyLady / 894 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック