子供が生まれてから眠りが浅くなってしまったというママも多いのではないでしょうか?夜中になんども目が覚めたり、なかなか寝付けなくなってしまったりと、睡眠不足で疲れが取れにくくなってしまったなんてこともなるのではないでしょうか。今回は、睡眠不足が招く様々な症状についてまとめました。

たかが睡眠、されど睡眠

たかが睡眠、されど睡眠

睡眠不足が続くと、生活リズムを崩してしまい深刻な健康被害を招くこともあります。

睡眠チェック

理想的な睡眠時間は一日8.5時間と言われています。最近、何時間くらい寝られていますか?入眠はスムーズですか?夜中に何度も目が覚めることはありませんか?

まずは、自分がどんな状態であるかを把握することが大切です。睡眠不足度がセルフチェックできるサイトも多数あるので、自分が睡眠不足なのかどうかのチェックをしてみてくださいね!

産後に寝つきが悪くなったり、目が覚めてしまったりというママ達も少なくないのではないでしょうか?一日二日ならまだいいのですが、これが続くようなら病院で診察を受けた方がいいかも知れません。

睡眠不足が招く症状

睡眠はホルモンバランスを整えて私たちが生命活動をするのに欠かすことはできないものです。睡眠不足になると心身に疲労が溜まってしまって、日常生活にも支障が出てきてしまいます。実際にどんな症状が出てくるのか、大きく5つの症状にまとめます。

1:便秘や頭痛、肌荒れ

睡眠不足でホルモンバランスが崩れると、生命活動に大切なものが分泌されなくなってしまって、腸内の活動が鈍くなってしまうことで便秘がおきたり、寝れないことで脳の血管がストレスで拡張してしまいます。血管が拡張してしまうと、周りが圧迫されて頭痛が起きてしまいます。

肌荒れもホルモンバランスが崩れることで起こります。美容のためにも睡眠時間が大切というのは、ホルモンバランスを整えて体の中から綺麗になるという、理にかなったことなのです。

また、ホルモンバランスが崩れるということは、体の免疫力も低下してしまうので、その結果風邪をひきやすくなったり、病気をしやすくなってしまいます。

2:日中に異常な眠気を感じる

夜に寝られない反動で、昼間に異常な眠気を感じることがあります。異常な眠気は、仕事や家事に集中できなくなる大きな要因です。脳がしっかり休めていないために起こります。
この異常な眠気が、車の運転中や大事な仕事の最中に来たらと思うとゾッとしますよね。

眠気というのは、注意力の欠如だけではなくて、体の不調のシグナルであることが多いので、たかが眠気だからと軽く考えてしまうのはとても危険なのです。

3:思考がうまく巡らない

脳が十分に疲労回復ができない状態で、日中の活動をすることになると、忘れやすくなってしまったり、簡単なことでもミスを繰り返してしまったり、会話が頭に入って来ないなんてことが起こります。脳が休息を取れていないと、物事の判断まで鈍ってしまいます。

仕事にしても家庭にしても、大事な判断をしなければいけないことや、考えなければいけないことが多いときに、思考回路が低迷してしまうと、自分だけにではなくて、周りの人にも影響を与える事になってしまいます。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

産後、体型がなかなか戻らないママ必見!豆乳ダイエットのやり方

産後なかなか体型が戻らないママたちのために、簡単にできる豆乳ダイエットの方法を紹介します。美容にも健康にも有…

ReilyLady / 1261 view

大人も子どもも悩まされるアレルギーについて原因別にまとめています

梅雨の時期は屋内アレルゲンが心配ですよね。今回は様々なアレルゲンにスポットを当て、注意点や対策をまとめていま…

さくらしまこ / 9716 view

赤ちゃんがかかる突発性発疹ってどんな病気?対処法5ステップ

子供のほとんどがかかると言われている突発性発疹。初めての熱がこの突発性発疹だったという子も少なくありません。…

ヤギヤギコ / 1585 view

もう悩まない!薄毛対策に期待が持てる5つのテクニック!

年々進行するパパの薄毛は、多くの男性が抱える悩みです。しかし薄毛対策に期待が持てる方法だってあるのです。そこ…

HF-LIFE / 4654 view

B型肝炎のワクチンが定期接種になったことをご存知ですか?

今まで任意接種だったB型肝炎ワクチンが、平成28年10月1日から定期接種となりました。ご存知でしたか?今回は…

kaeru_5 / 1580 view

ノロなどの病気を予防できる!?次亜塩素酸水って一体何?

冬になると心配なノロやインフルエンザ。幼稚園や小学校でいつもらってくるかとヒヤヒヤしますよね。そんな嫌な病気…

myia / 5459 view

熱性痙攣(けいれん)で抑えておくべき対処法!

乳幼児が引き起こしやすい熱性痙攣。突然の発作を目の当たりにすると、「もしかして死んじゃうかも!」と驚いてしま…

さくらしまこ / 10142 view

実は女性に多いらしい「腎盂腎炎」の原因と治療方法は?

あまり聞きなれない「腎盂腎炎」という病名ですが、膀胱炎と並ぶ「尿路感染症」の一種で、体の構造上、圧倒的に女性…

tikatika / 2611 view

視力障がいがある子どもと上手く付き合う方法

視力障がいをもつお子様との上手な関わり方についてまとめてみました。

専業主婦 / 4032 view

辛い鼻づまりに効果あり?病院に行けない時に試す応急処置5選

鼻がつまるのは本当に辛いです。 息苦しくて、仕事や家事に集中できません。 また、どうしても病院に行けない時も…

いっち / 2112 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック