大人と子どもの花粉症の違い

くしゃみが出て水の様な鼻水が出て目がかゆくて・・・大人も子どもも花粉症の症状は同じ。
症状が違うからウチの子は大丈夫。

そう思いがちですが大人と子どもは症状の出方が少し違います。

子どもの場合はくしゃみがあまり出ずに、鼻づまりが多い傾向にあります。これは、鼻が小さいからつまりやすく、つまると花粉が入ってこないことからくしゃみも出ないということが原因になっています。

鼻がポイント

鼻が詰まっているかを見分けるポイントは口で呼吸しているかどうか。鼻が詰まっていると苦しくて口で呼吸します。
口呼吸になると食事や薬などが飲み込みづらくなることも。

小さい子も判りづらいですが、幼児の場合は鼻が詰まっていても会話や食事など変わりなくできるので口呼吸になっている事に気付き辛いです。
花粉症を疑ったらこどもの口元を気を付けて見てみると良いでしょう。

花粉症による鼻水は、大人の場合はサラサラした水のようなものが出ますが、子どもの場合は少し粘っこい鼻水も出ます。これも鼻づまりが主な症状となっていることに原因があるのではないかといわれています。

鼻水にも違いが

鼻がムズムズするので、こすったり、かいたり、鼻をピクピク、口をモグモグして鼻や口のまわりをしかめたりします。また、鼻をいじり過ぎて、鼻血を出すこともあります。このあたりも発見しやすいポイントかもしれません。

しぐさにもサインが。

手を鼻の近くに盛んにやったり、くしゃみの前の様なムズムズしたしぐさもサインの一つ。
このようなしぐさが続くようならば花粉症を疑ってみましょう。

子どもの場合、目の症状も発症するケースが多く、頻繁に目のあたりをこすったりします。その他にも、目の充血や目のまわりのむくみなどもよくみられます。

目の充血・むくみ・目をこするのは大人も子どもも同じ。
ですが、目をこするのを我慢できる大人と違い、子どもは痛くなるまで掻き続けてしまいます。

滝の様な鼻水が止まらない、といった目立った症状でなく小さな症状が多い為しぐさに気を付けて見てみることが大切です。

園児や学童などの場合、毎日外遊びが有る為悪化の一途を辿ってしまうことも。

花粉と風邪の見分け方

小さな子どもは花粉症でなくても鼻を詰まらせがち。
花粉症と風邪とを見分けるポイントはどんなところなのでしょう。

区別のポイントは去年の同じ時期に同じような症状があったかどうか、目をかゆがる、目が赤いなどの眼症状があるかどうかです。

しかしこどもでは今年、花粉症にはじめてなったということも多く、また眼症状がめだたないこともよくあります。

赤ちゃんあるいは乳児では典型的な花粉症はまずありません。というのはアレルギーは何度も同じアレルゲンに曝されているうちに起こってくるからで、シーズンの間しか飛んでこない花粉ではアレルギーになるには2シーズンは必要だからです。

赤ちゃんは鼻詰まりになりがちですが、カゼの症状であることが殆どです。しかし、アレルギーのある子の初期症状の場合もあります。鼻づまりがなかなか治らない・よくゼーゼーする・皮膚にアトピーの傾向がみられるなどの症状が一緒に出ることも有ります。

花粉は10時~16時に多く飛散します。
その時間帯に症状が悪化する場合も花粉症の可能性が有ります。

子どもは症状を上手に大人に伝えることができないもの。症状を観察し、症状が本当に花粉症によるものなのか受診して確かめましょう。

花粉症かどうか調べるには

花粉症の場合は、鼻の粘膜が白っぽくなるので、鼻の状態を見るだけで判断がつくことが多いのですが、さらに、鼻水の粘膜を調べると、アレルギーかどうかを判断することができます。

耳鼻科で診断の場合。

原因アレルゲンを調べるためには、「血液検査」や「皮膚テスト」を行います。

こちらは少し痛いです。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

初期症状を見逃さない!乳腺炎の症状はどんな感じ?

ママなら誰でもなる可能性のある乳腺炎。乳腺炎は初期症状を見逃さないことで、早めの処置を行うことができ重症化せ…

ヤギヤギコ / 3119 view

いざという時の事考えていますか?入院費と高額医療制度について

いつも健康で怪我もなく過ごせるのが理想ですが、怪我や病気は予告なくやってきます。いざという時に困らないために…

ReilyLady / 1736 view

年齢なんて関係ない!放っておくと失明も?怖~い眼の病気

眼の病気=白内障や緑内障だけではありません。日常生活の中にも失明の危険が潜んでいたとしたら…?老若男女関係な…

tokakko / 1943 view

火傷には三段階のレベルあり!?火傷の恐怖から我が子を守る応急処置まとめ

火傷はどんなに気をつけていても、思いもよらずに起こるものです。また火傷には症状レベルが三段階あり、救急車が到…

HF-LIFE / 54312 view

女性必見!見落とすと命の危険も…気付かれにくい腎盂腎炎の症状

あまり耳にすることがない「腎盂腎炎(じんうじんえん)」。膀胱炎と似ていますが発見が遅れると大変危険な病気です…

makowork / 2370 view

子どもがなりやすい腎臓の病気って?もしなってしまったら?

腎臓病と言うのは、症状が分かりにくく、ただの風邪だと思っていたら腎臓の病気だったなんてこともあります。子ども…

ReilyLady / 1515 view

愛するわが子を守る為に!今日から始める禁煙習慣

なかなかやめられない禁煙ですが、こどもができたことをきっかけに、試みる人は多いようです。 『百害あって一利な…

HF-LIFE / 2584 view

【手足口病】保育園や幼稚園で感染する?!夏に流行る手足口病って何?

夏に大流行することで知られる手足口病。夏だけではなく1年中感染の危険がある病気なのだそうです。よく聞く手足口…

nana2boys / 3662 view

授乳中のママ必見!産後ダイエットで気を付けたい食事

産後ダイエットで、とにかく早く体型を戻したいと思うあまり、食事制限をしてしまう方もいらっしゃいますが、食事制…

ReilyLady / 3188 view

パパとママが一緒に使える♡驚く程痩せるブルブルマシーンとは??

出産をしてから始まる、太りぎみ現象。。。 あちこちにぷよぷよとついてしまう、お肉に悩まされる日々。 しかしい…

HF-LIFE / 4479 view

ikanago

元幼稚園センセイの3児の母です。
ちょこっと役に立つ情報をお届けします。

よろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック