大人と子どもの花粉症の違い

くしゃみが出て水の様な鼻水が出て目がかゆくて・・・大人も子どもも花粉症の症状は同じ。
症状が違うからウチの子は大丈夫。

そう思いがちですが大人と子どもは症状の出方が少し違います。

子どもの場合はくしゃみがあまり出ずに、鼻づまりが多い傾向にあります。これは、鼻が小さいからつまりやすく、つまると花粉が入ってこないことからくしゃみも出ないということが原因になっています。

鼻がポイント

鼻が詰まっているかを見分けるポイントは口で呼吸しているかどうか。鼻が詰まっていると苦しくて口で呼吸します。
口呼吸になると食事や薬などが飲み込みづらくなることも。

小さい子も判りづらいですが、幼児の場合は鼻が詰まっていても会話や食事など変わりなくできるので口呼吸になっている事に気付き辛いです。
花粉症を疑ったらこどもの口元を気を付けて見てみると良いでしょう。

花粉症による鼻水は、大人の場合はサラサラした水のようなものが出ますが、子どもの場合は少し粘っこい鼻水も出ます。これも鼻づまりが主な症状となっていることに原因があるのではないかといわれています。

鼻水にも違いが

鼻がムズムズするので、こすったり、かいたり、鼻をピクピク、口をモグモグして鼻や口のまわりをしかめたりします。また、鼻をいじり過ぎて、鼻血を出すこともあります。このあたりも発見しやすいポイントかもしれません。

しぐさにもサインが。

手を鼻の近くに盛んにやったり、くしゃみの前の様なムズムズしたしぐさもサインの一つ。
このようなしぐさが続くようならば花粉症を疑ってみましょう。

子どもの場合、目の症状も発症するケースが多く、頻繁に目のあたりをこすったりします。その他にも、目の充血や目のまわりのむくみなどもよくみられます。

目の充血・むくみ・目をこするのは大人も子どもも同じ。
ですが、目をこするのを我慢できる大人と違い、子どもは痛くなるまで掻き続けてしまいます。

滝の様な鼻水が止まらない、といった目立った症状でなく小さな症状が多い為しぐさに気を付けて見てみることが大切です。

園児や学童などの場合、毎日外遊びが有る為悪化の一途を辿ってしまうことも。

花粉と風邪の見分け方

小さな子どもは花粉症でなくても鼻を詰まらせがち。
花粉症と風邪とを見分けるポイントはどんなところなのでしょう。

区別のポイントは去年の同じ時期に同じような症状があったかどうか、目をかゆがる、目が赤いなどの眼症状があるかどうかです。

しかしこどもでは今年、花粉症にはじめてなったということも多く、また眼症状がめだたないこともよくあります。

赤ちゃんあるいは乳児では典型的な花粉症はまずありません。というのはアレルギーは何度も同じアレルゲンに曝されているうちに起こってくるからで、シーズンの間しか飛んでこない花粉ではアレルギーになるには2シーズンは必要だからです。

赤ちゃんは鼻詰まりになりがちですが、カゼの症状であることが殆どです。しかし、アレルギーのある子の初期症状の場合もあります。鼻づまりがなかなか治らない・よくゼーゼーする・皮膚にアトピーの傾向がみられるなどの症状が一緒に出ることも有ります。

花粉は10時~16時に多く飛散します。
その時間帯に症状が悪化する場合も花粉症の可能性が有ります。

子どもは症状を上手に大人に伝えることができないもの。症状を観察し、症状が本当に花粉症によるものなのか受診して確かめましょう。

花粉症かどうか調べるには

花粉症の場合は、鼻の粘膜が白っぽくなるので、鼻の状態を見るだけで判断がつくことが多いのですが、さらに、鼻水の粘膜を調べると、アレルギーかどうかを判断することができます。

耳鼻科で診断の場合。

原因アレルゲンを調べるためには、「血液検査」や「皮膚テスト」を行います。

こちらは少し痛いです。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

アフリカマンゴノキは痩せる?科学的根拠がないってホント?

痩せる!と話題の「アフリカマンゴノキ」製品が世の中にたくさんあふれています。しかし、一方で「痩せる効果は疑わ…

伊藤シャーク / 3487 view

花粉症の時期にも使える!話題のマヌカハニーをご紹介

ニュージーランド生まれのマヌカハニー。栄養度が高く、殺菌効果もあるので、家族の健康のために常備するご家庭も多…

サクマメグム / 2946 view

熱性痙攣(けいれん)で抑えておくべき対処法!

乳幼児が引き起こしやすい熱性痙攣。突然の発作を目の当たりにすると、「もしかして死んじゃうかも!」と驚いてしま…

さくらしまこ / 14781 view

現在流行している『手足口病』情報まとめ

こどもが無数の発疹に悩まされ病院へ行くと、手足口病の患者ばかりでした。 現在大流行していると言うことで、この…

HF-LIFE / 9151 view

経産婦のママこそ気をつけたい子宮筋腫、漢方は使えるの?

子宮筋腫は良く聞く病名でも、まさか自分がと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は東洋医学の漢方が子宮…

ReilyLady / 3420 view

【赤ちゃんの情緒と発育を豊かに】ベビーマッサージ教室で親子の絆を深めよう!

赤ちゃんとパパママ、みんなが幸せになれるメリットたっぷりなベビーマッサージをはじめてみませんか? ベビーマッ…

reichel / 4120 view

ついつい後回しになりがちな、パパの健康管理を考えよう!

子供の体のことは、いろいろ気がかりだけれど、パパのこととなると、ついつい後回しになりがち。しかも、肝心のパパ…

tikatika / 4535 view

飲み物でスッキリ!女性にオススメ便秘解消ドリンク5選

若い女性は男性の約5倍便秘になりやすいと言われています。そんな便秘を解消するには摂取する水分の見直しが必要不…

makowork / 3595 view

不正出血は危険信号!?増加傾向にある子宮ガンの症状と予防法

近年、若い女性の子宮がん罹患率は増加傾向にあります。自分には関係ないと思っていてもある日突然・・・ということ…

snowsnow / 4694 view

楽に歯を磨けて超便利♪電動ブラシを使うメリットやデメリット

電動歯ブラシを使うことで、より綺麗に歯を磨くことができるようになります。 この電動歯ブラシにはいくつか種類…

sathgoeBuffon / 4339 view

ikanago

元幼稚園センセイの3児の母です。
ちょこっと役に立つ情報をお届けします。

よろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック