世の中には「○○ダイエット」というものが数多く存在しますよね。

・8時間ダイエット
・置き換えダイエット
・炭水化物ダイエット
・断食ダイエット
・短期間ダイエット

私も多くのダイエットに挑戦しましたが、過酷ゆえ続かなかったり体質や生活環境で合う・合わないがあることを実感しました。
しかし自分を含め周りの方たちの間でも評価が高く、体質や生活環境を問わず成功したという話を多く聞くダイエット方法があります。

それが「ヨーグルトダイエット」です。

今回はそんなヨーグルトダイエットの方法を紹介しますね!

ヨーグルトダイエットとは?

ヨーグルトダイエットとは、ヨーグルトを摂取して健康的に行うダイエットのことを言います。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌とカルシウムが痩せるためのポイントになります。
まず乳酸菌によって腸内環境を整え、悪玉菌が減少し善玉菌が増加します。
善玉菌の増加によって代謝が上がり痩せやすい体質になるのです!
またダイエット中はカルシウムを摂取することで、脂肪を排出しやすくなると言われています。

そのためヨーグルトを食べながらカロリー調節や運動を行うことで、より効率よく痩せることができるのです。

ヨーグルトダイエットは断食ダイエットや置き換えダイエットのように短期間で痩せるというより、ゆっくり無理なく痩せやすい体を作っていくことが特徴です。
即効性はありませんがリバウンドが起こりにくく、長期的に見て成功しやすいダイエット方法と言えるでしょう!

痩せるためのヨーグルトの食べ方

目的に合わせて食べるタイミングを変えてみましょう

痩せるためのヨーグルトを食べるなら、食前をオススメします!

食前に200g程度のヨーグルトを食べることで満腹感が増し必然的に食事量が減少します。
ただ、乳酸菌の摂取を目的にするのであれば食後が望ましいため「朝は食後」「夜は食前」など、時間によって食べ方を変えてみても良いでしょう。

HOTヨーグルトでカルシウムの吸収率をアップ!

ヨーグルトは加熱することでカルシウムの吸収率が上がります。
そのためダイエットの目的でヨーグルトを食べるときは「ホットヨーグルト」することをオススメします!

ホットヨーグルトは大変簡単で、ヨーグルトにはちみつ(お好みで生姜も)を加えて600Wの電子レンジで30秒ほど温めるだけです!

私自身もヨーグルトダイエット真っ最中ですが、時間がない時は市販のヨーグルトを温めるだけのこともあります。
それでも十分効果があるので、可能な限り温めてより多くのカルシウムを摂取しましょうね!

ヨーグルトは楽しく続けられるものを選びましょう

ヨーグルトは種類によって「菌」が違っており、その菌によって効果も変わってきます。
目的のヨーグルト菌に合わせて食べるヨーグルトを選ぶと大変効果的です。
ちなみにダイエット目的であればガセリ菌が豊富なものを選ぶと良いでしょう。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

鼻づまり×咳でこどもが苦しそう!自宅で簡単にできる対処法5選

鼻づまりと咳により、こどもが上手く息ができているか心配・・・。夜中は特にこの様な症状がひどくなる時間帯です!…

HF-LIFE / 4120 view

冬の【乾燥肌】がヤバい!内側から改善する食べ物って何?

冬場の乾燥肌はお化粧がうまくのらないし困りますよね。内側から乾燥を防いでくれる食べ物って何でしょう?ビタミン…

ひらり / 2751 view

産後ダイエットにおすすめのピラティスのエクササイズ5選

ピラティスはリハビリの為に開発されたエクササイズです。妊娠や出産により変化した骨盤や背骨を元に戻し、シェイプ…

Momo / 2737 view

もしものために知っておきたい、子宮外妊娠の原因や確率について

妊娠の検査薬で反応が出ると、誰しもが赤ちゃんができたと思いますよね。でも、検査薬では正常な妊娠かどうかまでは…

ReilyLady / 2166 view

排卵日の症状ってなに?知っておきたい排卵日のこと

何となく毎月決まった時期に体の調子が悪くなる方いらっしゃいませんか?もしかしてそれは排卵日に伴う症状かもしれ…

oppekeizm / 7732 view

暇つぶしなんかじゃない!入院中できるおすすめの過ごし方5選

入院中、暇を持て余して退屈している方は多いのではないでしょうか?実は入院中だからこそできることはたくさんある…

makowork / 13317 view

子供と自分のために、知っておきたい子宮頸がんと予防ワクチン

女性特有のがんのひとつ「子宮頸がん」。予防ワクチンの安全性についてニュースなどで取り上げられ、大きな話題とな…

tikatika / 3846 view

赤ちゃん以外も打つ方がいい?B型肝炎予防接種の疑問に答えます

B型肝炎の予防接種、赤ちゃんの時には受けなかったけれど今からでも受けた方がいいのか悩んでいる方へ。最近のB型…

myia / 3659 view

夏風邪こじらせたかも?いや!その症状、実は夏の花粉症かも

夏の時期になかなか咳や鼻水が止まらない、風邪のような症状が続いている。なんて事はありませんか?実はそれ、夏風…

ReilyLady / 2554 view

幼少期こそ重症化しやすい【マイコプラズマ肺炎】の症状とは?

マイコプラズマ肺炎は、幼少期や学童期が最も症状を悪化させやすい時期だと言われています。 風邪がなかなか治らな…

HF-LIFE / 3791 view

makowork

関西在住、ファイナンシャルプランナーでライターの3児の母、トツカマコです。発達障害の長男(10歳)を筆頭に一番下は0歳の歳の差きょうだいの子育て真っ最中。日々の生活を通して得た知識を記事にしていきます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック