子宮筋腫は女性特有の病気で、子宮の筋肉にできる良性の腫瘍です。発症する率は、30代後半の経産婦さんに多いと言われています。また、子宮筋腫は女性ホルモンの働きが大きく関わっていると言われていて、はっきりとした原因が特定できないために、完全に予防することは難しいと言われています。でも万が一のことが起きてしまったら、可能な限り手術は回避したいですよね。

そこで、漢方に注目をしてみました。漢方は日本人の体質に合わせて研究開発されてきたものですが、子宮筋腫にも漢方は使えるものなのでしょうか。
また、どんな漢方があって、どれが向いているのかを調べてみました。

子宮筋腫に漢方は使えるの?

子宮筋腫の治療方法として漢方を使用することはできます。漢方が薬と違うところは、薬が直接病気自体に働きかけるとしたら、漢方は、病気になった体自体に着目して、根本的に病気を解決していくものです。

つまり、漢方は子宮筋腫を手術や薬で散らすのではなくて、ホルモンバランスや、病気を起こすことに至った体の不調を根本的に解決して、体質改善を促していきます。やはり、直接働きかけるものではないので、治療に時間が必要だったり、完治させることが難しいこともあります。

どちらかというと、進行を遅らせたり、再発防止のサポート役として使用されるケースが多いようです。

漢方で本当に子宮筋腫は小さくなるの?

漢方では血の循環が滞ることで病気になって行くと考えられていて、子宮筋腫の治療では、血の巡りを改善する漢方が処方されます。症状や個人の体質によって処方されるものも変わります。

血の巡りを良くすることは、体全体のホルモンバランスを整えることに繋がり、子宮筋腫の原因と言われている冷え性や、ストレスを軽減することで、子宮筋腫を小さくすることができると言われています。

治療で使われている漢方ってどんなもの?

子宮筋腫の治療に使われている漢方にはどんなものがあるのか調べてみました。症状によって、処方されるものも違うようです。症状別の漢方をまとめます。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

血行を良くして体を温めてくれるので、冷え性を改善してくれて、利尿作用があるので不要な老廃物を流してくれます。疲労回復や食欲不振を改善してくれます。血の巡りを改善することで、子宮や卵巣の動きを助けてくれます。

【症状】

【症状】

・貧血
・冷え性
・肩こり
・めまい

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

血行を良くして、生理痛の痛みがひどい時の鎮痛効果もあると言われています。体を温めて、下半身の冷え性にも効果があります。

【症状】

【症状】

・経血がドロッとした塊になる
・不正出血がある
・生理痛がひどい
・冷え性

血府逐瘀丸(けっぷちおがん)

古くから使われている漢方で、血管を広げて血行を良くしてくれる働きがあり、慢性的な頭痛にも効果があるとされている漢方です。体の代謝能力をあげてくれて、高血圧での頭痛や火照りにも使われることがあります。

【症状】

【症状】

・頭痛
・肩こり
・動機



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

確定申告の医療費控除まとめ・対象など申請前に把握したいこと

人それぞれではありますが、思った以上に出費がかさむ医療費。しかし確定申告を行えば、一定の金額を超えた部分に関…

いっち / 4775 view

その体調不良、体の冷えかも?親子で体質改善しませんか?

朝晩の咳や鼻水。なんとなく体がだるい、この季節。もしかすると、体の冷えからきているのかもしれましん。正しい温…

サクマメグム / 973 view

産後ダイエットに悩む方のための太ももダイエット方法5選

妊娠期間中に図らずも太くなってしまった太もも。何とかしたいけど、時間も余裕もないし、、、産後ダイエットって何…

ReilyLady / 1005 view

もうPMSに悩まない!毎月快適に過ごせるサプリやお料理レシピをご紹介!!

毎月生理の前になるとイライラしてしまったり、体調不良が続いてしまう・・・。でもこれは誰も理解してくれないです…

HF-LIFE / 2256 view

大人も要注意、咽頭結膜熱(プール熱)について注意すべき点をまとめています

咽頭結膜熱(プール熱)が学校保健法において指定伝染病と定められているのをご存知ですか。しっかりと知識を身につ…

さくらしまこ / 5291 view

産後ダイエットにおすすめのピラティスのエクササイズ5選

ピラティスはリハビリの為に開発されたエクササイズです。妊娠や出産により変化した骨盤や背骨を元に戻し、シェイプ…

Momo / 979 view

冬の【乾燥肌】がヤバい!内側から改善する食べ物って何?

冬場の乾燥肌はお化粧がうまくのらないし困りますよね。内側から乾燥を防いでくれる食べ物って何でしょう?ビタミン…

ひらり / 1016 view

【寒くなってきたらご用心!】中耳炎になったときの対処法

耳の中が突然痛くなる中耳炎。くせになると風邪を引くたびになってしまうことも。まだ言葉を上手に話せない小さな赤…

nana2boys / 3288 view

大人も子どもも悩まされるアレルギーについて原因別にまとめています

梅雨の時期は屋内アレルゲンが心配ですよね。今回は様々なアレルゲンにスポットを当て、注意点や対策をまとめていま…

さくらしまこ / 7125 view

女性必見!見落とすと命の危険も…気付かれにくい腎盂腎炎の症状

あまり耳にすることがない「腎盂腎炎(じんうじんえん)」。膀胱炎と似ていますが発見が遅れると大変危険な病気です…

makowork / 1089 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック