子宮筋腫は女性特有の病気で、子宮の筋肉にできる良性の腫瘍です。発症する率は、30代後半の経産婦さんに多いと言われています。また、子宮筋腫は女性ホルモンの働きが大きく関わっていると言われていて、はっきりとした原因が特定できないために、完全に予防することは難しいと言われています。でも万が一のことが起きてしまったら、可能な限り手術は回避したいですよね。

そこで、漢方に注目をしてみました。漢方は日本人の体質に合わせて研究開発されてきたものですが、子宮筋腫にも漢方は使えるものなのでしょうか。
また、どんな漢方があって、どれが向いているのかを調べてみました。

子宮筋腫に漢方は使えるの?

子宮筋腫の治療方法として漢方を使用することはできます。漢方が薬と違うところは、薬が直接病気自体に働きかけるとしたら、漢方は、病気になった体自体に着目して、根本的に病気を解決していくものです。

つまり、漢方は子宮筋腫を手術や薬で散らすのではなくて、ホルモンバランスや、病気を起こすことに至った体の不調を根本的に解決して、体質改善を促していきます。やはり、直接働きかけるものではないので、治療に時間が必要だったり、完治させることが難しいこともあります。

どちらかというと、進行を遅らせたり、再発防止のサポート役として使用されるケースが多いようです。

漢方で本当に子宮筋腫は小さくなるの?

漢方では血の循環が滞ることで病気になって行くと考えられていて、子宮筋腫の治療では、血の巡りを改善する漢方が処方されます。症状や個人の体質によって処方されるものも変わります。

血の巡りを良くすることは、体全体のホルモンバランスを整えることに繋がり、子宮筋腫の原因と言われている冷え性や、ストレスを軽減することで、子宮筋腫を小さくすることができると言われています。

治療で使われている漢方ってどんなもの?

子宮筋腫の治療に使われている漢方にはどんなものがあるのか調べてみました。症状によって、処方されるものも違うようです。症状別の漢方をまとめます。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

血行を良くして体を温めてくれるので、冷え性を改善してくれて、利尿作用があるので不要な老廃物を流してくれます。疲労回復や食欲不振を改善してくれます。血の巡りを改善することで、子宮や卵巣の動きを助けてくれます。

【症状】

【症状】

・貧血
・冷え性
・肩こり
・めまい

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

血行を良くして、生理痛の痛みがひどい時の鎮痛効果もあると言われています。体を温めて、下半身の冷え性にも効果があります。

【症状】

【症状】

・経血がドロッとした塊になる
・不正出血がある
・生理痛がひどい
・冷え性

血府逐瘀丸(けっぷちおがん)

古くから使われている漢方で、血管を広げて血行を良くしてくれる働きがあり、慢性的な頭痛にも効果があるとされている漢方です。体の代謝能力をあげてくれて、高血圧での頭痛や火照りにも使われることがあります。

【症状】

【症状】

・頭痛
・肩こり
・動機



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

女性の薄毛・抜け毛の悩みは人工毛が解決!驚きの技術の進歩を公開

近年、増え続ける女性の「薄毛」「抜け毛」問題。その原因とは一体なんなんでしょうか?また、薄毛・抜け毛の対策に…

ぱぴ / 1409 view

女性必見!見落とすと命の危険も…気付かれにくい腎盂腎炎の症状

あまり耳にすることがない「腎盂腎炎(じんうじんえん)」。膀胱炎と似ていますが発見が遅れると大変危険な病気です…

makowork / 3174 view

健康な身体を手に入れるために!取り入れて欲しい食品5選

毎日食べる食事にどのくらい気を遣っていますか?食べているもので作られている私たちの身体。せっかくなら健康に良…

myia / 4397 view

花粉の時期はいつまで?気になる秋から冬の花粉情報

春は終わったのに目がかゆいし鼻水も出てる・・・そんな症状お持ちの方!実は花粉症は春だけじゃないんです。今回は…

oppekeizm / 3591 view

子供と自分のために、知っておきたい子宮頸がんと予防ワクチン

女性特有のがんのひとつ「子宮頸がん」。予防ワクチンの安全性についてニュースなどで取り上げられ、大きな話題とな…

tikatika / 3763 view

デスクワークは骨盤にダメージ!椅子の正しい座り方を紹介

仕事中ずっと座っていると、腰が痛くなったりしませんか? また、腰痛に悩まされる人も多いでしょう。 腰痛を予防…

Blonline28 / 3150 view

これで解決!くすり嫌いの子どもに上手に薬を飲ませる方法

抗生剤など、大人でも結構ニガイ薬ありますよね。 今回は、うまく飲ませる工夫やグッズをまとめています

さくらしまこ / 6781 view

人にもうつる?妊娠中のママや子供が気をつけたい猫の病気とは

妊婦さんは飼っている猫ちゃんにも気をつけなくてはいけないと知っていましたか?今回は、猫からもらってしまう可能…

ReilyLady / 2911 view

産後ダイエットの成功の秘訣は、体重を減らす事じゃなかった!

産後ダイエットと聞くと「ダイエット=体重を落とす」と考える方も多いのではないでしょうか。ダイエットで本当に大…

ReilyLady / 2780 view

30歳を過ぎると急増する!!恐ろしい婦人病『乳がん』の原因と早期発見方法

婦人病の中でもとても恐ろしい乳癌。 いつ誰の身に起こるものかもわかりません。

HF-LIFE / 3485 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック