膀胱炎とは

主に大腸からの細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす細菌感染症です。

膀胱炎にもいくつか種類がありますが、一般的に膀胱炎とされている「急性膀胱炎」の場合。
尿道から大腸菌などの細菌が侵入し感染、膀胱で炎症を引き起こします。
生涯、女性の二人に一人は人生で一度は経験するといわれるくらいポピュラーな病気です。

膀胱炎が女性に多い理由

膀胱炎(急性膀胱炎)が女性に圧倒的に多いとされる理由は、女性の場合尿道が4cm~5cm前後とみじかく、更に直線的な作りのため尿道口からの細菌が侵入しやすいという特徴があるためだといわれています。
男性の尿道は15cm~17cm程度と言われていますからその差は歴然ですよね。

また、その他の身体的特徴として女性は尿道口・肛門・膣の距離が近いということがあります。
このため性行為によって相手の皮膚についた細菌が粘膜から感染したり、排尿・排便時に肛門側から膣方向に拭いてしまうなどで雑菌が付着したりするなどで原因菌である大腸菌の感染がしやすいというのも理由の一つとなっています。

膀胱炎には種類がある

上でも述べた通り膀胱炎と一言で言っても種類があり、それぞれ症状にも特徴があります。

急性膀胱炎

通常【膀胱炎】と言う場合この急性膀胱炎を指すのが一般的です。
大腸菌や皮膚や粘膜などに存在する連鎖球菌やブドウ球菌などの細菌が尿道に侵入して膀胱粘膜に炎症を起こすことで症状があらわれます。

原因

細菌感染が急性膀胱炎の原因ではありますが、健康体であれば通常は尿でその細菌を洗い流したり、膀胱自体の感染防御機能が働くなどで膀胱炎にはなりません。
しかし、体調不良や疲労、ストレスなどで抵抗力が低下している場合だと発症してしまう恐れがあります。
また、尿意を我慢しがちであったり女性に多い身体の冷えなども抵抗力を低下させる要因であるといわれています。
更に近年ではウォシュレットを強く当てすぎ、水圧で細菌を尿道に押し込んでしまい感染するというパターンも増えているそうです。

症状

●頻尿
通常、健康な人の場合、1日の排尿回数はおよそ5~7回ですが、膀胱炎になると、昼夜を問わず頻繁にトイレに行くようになります。
●排尿痛
排尿の終了時に、尿道部にツーンとするような強い痛みを感じます。さらに、排尿後も痛みが残ることがあります。
●尿意切迫感
膀胱にある知覚神経が過敏になると、一度尿意を催すとそれをなかなか我慢できなくなります。
●尿混濁
正常な尿は、ほぼ透明です。しかし、膀胱炎をおこすと、尿の中に白血球などが出てくるため、肉眼で見てもわかるくらい尿が白っぽく濁ります。尿の中に血が混じることもありますが、尿が出終わるころの方が血の色が濃くなるのが特徴です。

悪化してしまうと腎盂腎炎も引き起こす恐れもあり、その際は高熱や背中の痛みなどの症状もあらわれます。

治療

☆第一に水分を多くとるようにします。水分を多くとると、尿の量が増え、頻繁に排尿するようになりますが、尿で膀胱内の細菌を洗い流すことができますので、膀胱炎が早く治ります。
☆必要により抗菌薬の服用が大切です。膀胱炎は治りやすい病気で、抗菌薬を2~3日服用するうちに、症状はほとんど消えていきます。
☆刺激物(アルコールなど)を控えるほうがよいでしょう。強い刺激物は、尿の量を増やさずに、排尿回数だけを増やしますから、頻尿の頻度がさらにひどくなります。
☆下腹部を冷やさないようにします。下腹部を冷やすと血行が悪くなり、膀胱炎を悪化させるおそれがあります。場合によっては、ひざ掛けなどを利用して下腹部を温めることも必要でしょう。

とにかく水分を多くとり、その水分をどんどん排出するというのがポイントのようです。
血行をよくするために冬場はブランケットと合わせて小さめの湯たんぽをのせるなど冷え対策も重要です。
また外陰部を清潔に保つことも大切ではありますが、外陰部には外部からの細菌の侵入を防ぐ常在菌も存在します。そのため洗いすぎも禁物です。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

oyodentalnl

Oyodental.nl is een professionele online tandheelkundi…

youmeiyoutin / 530 view

働くママが気を付けたい保育園でもらいやすい子供の病気

働くママ達にとって保育園や幼稚園は必要不可欠ですが、流行の病気が移りやすいのも気がかりな点ですよね。保育園な…

ReilyLady / 7194 view

産後、体型がなかなか戻らないママ必見!豆乳ダイエットのやり方

産後なかなか体型が戻らないママたちのために、簡単にできる豆乳ダイエットの方法を紹介します。美容にも健康にも有…

ReilyLady / 3523 view

心と身体の不安を感じたら…ブレインクリニック東京へ行ってみよう!脳の状態が目に見える…

もしかしたら…と思ってもなかなか心の病気は理解してもらえないので病院に通うのをためらっている人もいるのではな…

綿バネ / 4783 view

身近な病気、子宮筋腫の手術費用や治療方法。もしものための知識

女性に起こる病気の代表とも言える子宮筋腫ですが、病気の事や治療方法は意外と知らないものですよね。女性ならば知…

ReilyLady / 4455 view

毎年辛い花粉症、症状を少しでも緩和するためにできること

花粉症はなんでこんなにつらいんでしょう、そもそもなぜ花粉症になるんでしょうか。原因と対処法をまとめてみました…

蓮ママ / 2394 view

産後ダイエットに悩む方のための太ももダイエット方法5選

妊娠期間中に図らずも太くなってしまった太もも。何とかしたいけど、時間も余裕もないし、、、産後ダイエットって何…

ReilyLady / 5035 view

病院へ行けない時!辛い乳腺炎を自宅で治療する方法5選

痛くて辛い乳腺炎。小さな赤ちゃんを抱えて病院へ行くのは大変ですよね。そんな時の応急処置として自宅で治療する方…

myia / 7668 view

年齢なんて関係ない!放っておくと失明も?怖~い眼の病気

眼の病気=白内障や緑内障だけではありません。日常生活の中にも失明の危険が潜んでいたとしたら…?老若男女関係な…

tokakko / 5331 view

B型肝炎になってしまったら?給付金を受給するためにすべきこと

昭和23~63年の間に、予防接種を受けてB型肝炎になってしまった世代も、今や母親になっている可能性が高い年齢…

ReilyLady / 4573 view

tokakko

健康や美容、グルメが気になる30代主婦です。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック