鼻水やくしゃみが止まらない!目がかゆい!!とツラい花粉症。
花粉症はご存知の通り、スギなどの花粉に反応して起こるアレルギー疾患の一つです。
花粉の飛散時期は地方によって多少の違いはあるものの春から秋にかけて襲来してきます。
【例】
 ◆スギ花粉  :1月~4月頃 ◆ヒノキ花粉 :5月~6月頃
 ◆カモガヤ花粉:6月~8月頃 ◆ブタクサ花粉:8月~9月頃

1月からは特によく耳にするスギ花粉の時期。花粉症の季節の到来です。
しっかり対策して快適な生活を送りたいですね。

マスクで花粉の吸引を防止!

まずは鼻に直接入ってくる花粉をシャットアウト!!
基本中の基本とも言えますが、マスクは強力な花粉対策アイテムです。

今はマスクも豊富な種類が発売されています。
その中でも選ぶポイントは『フィット感』!
どんなに高性能なマスクを選んでも、サイズ感が合わず隙間が空いていては意味がありません。
また『つけ方』も重要になってきます。
鼻周りやあごのラインなど隙間が空きやすところもしっかりフィットさせ、花粉を入り込ませないようにしましょう。

花粉対策メガネで目を保護

マスクだけでは不安。目のかゆみがひどい。という方は花粉対策用のメガネも取り入れてみてください。
普通のメガネと違い上部や側面もガードされており、花粉が目に入るのを防ぐことができます。
度なしや度入り、柄ものなど種類もたくさんありますので、お気に入りの一つで花粉対策ができるのもうれしいですね。

スプレーで体や衣類につく花粉をブロック!

花粉は舞っているだけではなく、体や衣類にも吸着してきます。
放っていると花粉を身につけて歩ているかも!?
マスクやメガネで保護できない部分や髪用、衣類用とありますので、外出前にシュッとスプレーして花粉をブロックしましょう。

帰宅したら衣類の花粉を取り除こう

スプレーで念入りに対策していても100%の花粉をガードできるわけではありません。
帰宅後には部屋に入る前に衣類に付着した花粉を取り除き、部屋の中に花粉を入りこませないようにしましょう。
はたくのもいいですが、しっかり除去したいという方にはこのようなグッズもおすすめです。

加湿器で室内の花粉飛散防止

家の中の花粉対策もしっかりとっておきましょう。
窓を閉めていても花粉はどうしても入り込んでしまいます。
入り込んでしまった花粉が部屋の中で舞ってしまうとツラいですね。
そんな時には部屋の湿度をあげて花粉が舞うのを抑えましょう。
加湿空気清浄機なら空気をきれいにしながら加湿もできるので、一石二鳥ですね!



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

最近便秘気味なママのために、すぐに試して欲しい解消方法

つらい便秘の症状は、腹痛だけじゃなくて、肌荒れや、自律神経にも関わってきます。出来るだけ早く解消したいですよ…

ReilyLady / 1266 view

意外と多い!注意したい子どもの目の病気。原因や症状は?

気がつきにくくて、意外と多い子供の目の病気。。学校や保育園、幼稚園でもらってきてしまうこともあるので、見過ご…

ReilyLady / 1264 view

働くママが気を付けたい保育園でもらいやすい子供の病気

働くママ達にとって保育園や幼稚園は必要不可欠ですが、流行の病気が移りやすいのも気がかりな点ですよね。保育園な…

ReilyLady / 2913 view

気になる口臭の原因が知りたい!対処してもらえる病院はどこ?

口臭の問題は周りにも迷惑や心配をかけてしまいます。気づいたら早めに対処したいですよね!でも、歯医者に行っても…

サワタリミヤコ / 1981 view

女性必見!見落とすと命の危険も…気付かれにくい腎盂腎炎の症状

あまり耳にすることがない「腎盂腎炎(じんうじんえん)」。膀胱炎と似ていますが発見が遅れると大変危険な病気です…

makowork / 2071 view

子供の病気として急増している偏頭痛。大人とは違う症状と原因

偏頭痛は大人だけの病気ではないと知っていましたか?実は5歳前後のこどもでもかかるのです。最近増えているといわ…

sumomomama / 1526 view

ママはストレスが溜まりがち…発散させよう!ストレス解消法50選

何かと忙しいママは、ストレスが溜まりがちですよね!ストレスは万病の元とも言われているので、上手に発散したいと…

ヤギヤギコ / 1742 view

これで花粉症の季節を乗り切ろう!自宅でできる簡単ツボ押し術

花粉が舞う季節、花粉症に悩まされる方にとって毎日が苦痛で仕方ありませんよね。今回はそんな花粉症対策の一つ、自…

makowork / 1505 view

ギクッ!と来てしまったらもう遅い!!どうしてなるのパパのぎっくり腰??

パパのぎっくり腰! これって突然襲いくる恐怖です・・・。 なかなか完治してくれないので、予防できるなら予防し…

HF-LIFE / 3420 view

お子さんのいるご家庭には特に知っておいていただきたい!光化学スモッグについて

乳幼児が影響を受けやすい、光化学スモッグについてまとめてみました。

akimama / 3473 view

snowfairy

現在3歳児の子育てに奮闘中です。
育児や生活などなどの情報を紹介していきたいと思います(*^-^*)

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック