産後ダイエットに限らず、ダイエットにおいて大事なのは、成果が出るまで継続すること。
でも、産後は通常時よりも体への負担が大きく、自分が思っていたよりも体が思うように動かないものです。

まずは、ストレッチから始めて、体を動かすとリフレッシュになると感じることが無理なく続けられるコツです。

凝り固まった筋肉を伸ばしてリラックス

凝り固まった筋肉を伸ばしてリラックス

凝り固まったものを急に動かそうとすると、思わぬ怪我につながってしまったり、余計にバランスの悪い筋肉のつきかたになってしまったりと逆効果です。

まずは、家事の合間や寝る前のリフレッシュの一環としてやってみてくださいね。

深呼吸で伸身ストレッチ

深呼吸をしながら、大きく体を伸ばします。
腹筋廻りの筋肉や腹斜筋(脇腹)を伸ばすことで、お腹周りの無駄なお肉を撃退しちゃいましょう!

【体側伸ばし】

【体側伸ばし】

①肩幅に足を開き、腕を耳につけるようにまっすぐ伸ばす。

②深呼吸をしながら、右に倒して5秒キープ。

③左に倒して5秒キープ。

◆左右5回ずつを1セットとし、5セット行います。

お腹周りのダイエットは腹筋やスクワットがメインだと思われがちですが、こうしてストレッチをすることにより筋肉を柔らかくし、代謝を促しウエストにくびれが作れるのです。

腿伸ばし

女性は前側の腿の筋肉と、ふくらはぎの筋肉が固まりやすいと言われています。
この2箇所の筋肉が固まってしまうと、下半身太りだけでなく、腰痛や冷え性を引き起こす原因になってしまいます。

①足を大きく前に踏み出し膝に手をつく。

②後ろ足の腿の筋肉が伸びていることを意識しながら腰を落とす。

③後足の膝を床につけてさらにゆっくり伸ばす。

④ゆっくり呼吸をしながら10秒キープする。

◆左右5回ずつ行います。

腿の前部分は、無意識のうちに張ってしまいます。
夜寝る前に、1日のリセットをするつもりでストレッチしてみてください。

膝裏ストレッチ

膝の裏は、リンパ腺があり膝裏を伸ばすことでリンパの流れを促します。
流れが滞ると冷え性や浮腫の原因になってしまうので、リンパの流れを良くすると脚痩せ以外にも効果がありますよ!

膝裏伸ばし

膝裏伸ばし

①体育座りで座り、片足のつま先を持つ。

②膝を伸ばしながら、脚を持ち上げる。

③ゆっくり呼吸をしながら15秒キープする。

④反対の足も同様に行う。

◆これを左右3回ずつ行う。

脚は本来、第二の心臓と言われるくらい、血液の循環機能を持っています。
脚の凝り固まった筋肉をほぐしたり、流れを促すことは、痩せ体質を作るためにも欠かせません。

股関節ストレッチ

股関節まわりにもリンパがあります。体幹の付け根にあるリンパなので、流れが滞ると、すぐに下半身太りや浮腫みが出てきてしまいます。

股関節を柔らかくすると、リンパが老廃物を流してくれるので脚痩せに効果が出やすくなります。

あぐら股関節ストレッチ

あぐら股関節ストレッチ

①座って足の裏を合わせる。

②つま先を両手で掴む。

③膝が床につくように反動をつけながら20回上下に動かす。

④ゆっくり両手を前に出しながら、体を前に倒して15秒キープする。

◆これを3セット行います。

股関節ストレッチは簡単にできるうえ、骨盤を正しい形に戻す動きになるので、ぜひトライしてみてください!

片足開脚

内腿の筋肉を伸ばすストレッチです。

凝り固まった筋肉は、冷えて固まってしまったゴムと同じで、無理に伸ばそうとすれば痛めてしまいます。開脚もいきなり行うのではなく、徐々に体に慣らしていくようにしてくださいね。

少しずつ毎日伸ばしていけば、次第に開脚できる角度も広がります。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

産後ダイエット上級編!5分間サーキット運動プログラム

自分のことに時間はかけられないけど、産後ダイエットは確実に成果を出したい!というママ必見の5分間サーキットト…

ReilyLady / 974 view

冬に増える子どもの便秘。家族でできる改善方法をご紹介

おとなでも辛い便秘の症状。子どもには、できるだけ経験してほしくないですよね。家族でできる予防方法と改善方法を…

サクマメグム / 972 view

妊娠への影響は?実は女性にとって身近な病気「子宮筋腫」とは?

子宮筋腫という病名は、よく耳にしますが、どのようなものかよく知らない人、意外と多いのではないでしょうか。実は…

tikatika / 967 view

女性必見!見落とすと命の危険も…気付かれにくい腎盂腎炎の症状

あまり耳にすることがない「腎盂腎炎(じんうじんえん)」。膀胱炎と似ていますが発見が遅れると大変危険な病気です…

makowork / 991 view

子供の発熱や怪我!「病院に行くかどうか」の見極め方。

子供が体調を崩したとき、病院に行くかどうか迷うことはありませんか?体調のわるい時に待合室で待つことや、院内感…

よしだ あき / 1682 view

花粉の季節がやってきた!やっておきたい花粉対策5選

鼻水やくしゃみが止まらなかったり、眼がかゆかったり。。。花粉症の人にとってつらい季節がやってきました。手軽に…

snowfairy / 734 view

子供の目やには色に注意!意外な病気が隠れているかも!

朝起きた時などこどもの目やにの多さにびっくりすることはありませんか?拭いても出てくるときや、いつもと違う形状…

sumomomama / 1448 view

産後ダイエットにオススメ!赤ちゃんとできるヨガポーズ

産後なかなか体重は戻らないし、ダイエットをしたいけど、赤ちゃんがいるとなかなか運動する時間もとれないですよね…

sumomomama / 1116 view

乾布摩擦の効果がすごい!健康のために始めてみませんか?

乾布摩擦には意外にたくさんの効果があること、ご存知でしょうか?簡単なのにすごい!乾布摩擦の効果を調べてみまし…

myia / 2208 view

ダイエットの停滞期を乗り切れ!健康に痩せるために注意すること

ダイエットをしていると「停滞期」がすぐきちゃう人いませんか?どうしたらいいのでしょう。もっとストイックにダイ…

ひらり / 506 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック