実は、何の抵抗もなくお薬飲めちゃう子もいるんです

ではどうやって飲めるようになったのでしょうか

ではどうやって飲めるようになったのでしょうか

○飲む子どもは、納得して飲んでいる。

1.「こんなに甘いものは食べさせたことがないので、
  とっても喜ぶんです。」
  
  もっとチョーダイといって袋まで舐める子どももいる。

2.お母さん、お父さんが喜ぶので、うれしくて飲んでいる。

3.お薬を飲むのに、あまり怖い(押さえつけられたり・・・)思いをせず
  に、そのまま味に慣れてしまった。

4.漢方薬も甘いモノがある。顆粒、茶色といった形に
  とらわれない子どもは甘ければ飲む。

うーん、なんとも羨ましいケースもあるようですが・・。

子どもをクスリ嫌いにさせないための注意点を知っておくことが肝心のようですね。

子どもに薬を飲ませるにあたっての注意点

親がはじめから「飲むのをいやがるかもしれない」とか「かわいそうだから」などと考えていると、
お子さんは、かえって薬を飲んでくれないのだそうです。


1.まず、薬を飲ませるときの親の態度、心構えが重要。たとえ言葉のわからない赤ちゃんでも
「薬は病気を治すのに必要だから、さあ、飲みましょう」と、毅然とした態度で飲ませることがコツ

2.日常口にするミルクやおかゆなどの主食や、子どもの一番好きな食べ物に混ぜてしまうのはNG。
混ぜたために、その食べ物を嫌いになってしまうことがあるので、避けた方がよい

なるほど。
「病気を治す大切なもの」と早い段階から言い聞かせる事が大切なんですね

【乳児向け】ツイッターでのアドバイス

薬を飲まなくなる流れを見てみましょう

○飲まない子どもは、本当に飲まない。
1.最初は、押さえつけられて仕方なく飲む。鼻をつままれて仕方なく飲む。

2.薬の時間にお母さんたちが怖い顔をしてくるので怖いので飲む。

3.でも、怖い薬には余裕がなく、飲みたくない気持ちがだんだん大きくなり・・

4.「お薬を飲ませると、ぷーっと吐くんです。」「水道のところにいって上手に吐くんです。
(ほめてどうする)」

5.仕方がないので近所の耳を気にしながら、たたいて飲ませる。

6.本当に嫌いになる・・・。
困りましたねー

困りましたねー

これはもう『負の連鎖』ですね。

こうなっちゃう前になんとか対策を立てたいものです

ママ達の知恵を拝借しましょう!

抗生物質は少し苦いのか、ヨ-グルトもプリンもゼリ-もジュ-スもばれてしまい困ってました。

熱があるときは市販のピノをあげてたので、一口アイスならっと思い製氷皿に少し薬を溶かした
ジュ-スを入れ、上から混ぜてないジュ-スを入れて凍らせたら飲んでくれました。

薬一袋で3個作ってました。

出典:2歳11ヶ月

我が家の長男(4歳4ヶ月)も、ずっと粉薬が駄目で、
チョコレート・アイスクリーム・苺ジャム・お薬のみゼリー・牛乳などなど
色々試しましたが、最近発見したのが練乳です!

日持ちもするし、適量ずつ使えるので、買い置きが一つあればとても便利です。

お医者さんが、「このお薬苦いから飲めるかな?」と言ったお薬も大丈夫でしたよ。
月齢によっても違いはあるようですね

月齢によっても違いはあるようですね

アイス派、ゼリー派、練乳派、お菓子に混ぜたり・・

でも意外と多かったのが、水。
シンプルでOKな子もいるようです

ママの一工夫動画、必見です!

子供に薬を飲ませる小さな方法♪【asakoch】 - YouTube

出典:YouTube

ちょっとしたことで結果は全然違う!一度やってみるべしです!

おくすりの疑問にお医者様が答えています

Q. 食べ物とまぜると効きめが弱くなるの?

効きめが弱くなることはないでしょう。ただし、これは飲む直前にまぜた場合のみ。まぜてから時間がたつと、薬の成分が変化して十分に効果を発揮できない場合もあるのです。またジュ-スにまぜる場合、ジュースは酸性のためまぜると薬の成分が変化しやすくなります。ジュースにまぜる場合は、まぜる時間に特に注意しましょう。

Q. 粉薬をすりつぶして飲ませてもいいの?

粉薬は、ものによってはシロップでコ-ティングしているものもあります。それをすりつぶしてしまっては、苦くて飲めないこともあるのです。また、すりつぶすことで性質が変わる可能性があります。なるべく薬そのものには手を加えず、水かお湯にまぜたり、赤ちゃんの好きな食べ物にまぜるなど、すりつぶさないで飲めるよう工夫しましょう。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

ゆううつな生理を少しでも快適に!つらい生理痛をやわらげる方法

ただでさえゆううつな生理を、さらにつらいものにしている生理痛。痛みや症状に個人差はあるものの、軽減できればう…

tikatika / 2752 view

不正出血は危険信号!?増加傾向にある子宮ガンの症状と予防法

近年、若い女性の子宮がん罹患率は増加傾向にあります。自分には関係ないと思っていてもある日突然・・・ということ…

snowsnow / 2526 view

芸能人も愛用しているサキナの美顔器「サキナビジュー」とは!?

テレビ番組で目にする女優さんって本当に肌のキレイな人が多いですよね?露出の多い人ほど、エステなど自分磨きにお…

ゆうこちゃん / 777 view

1歳半健診は何をするの?何を見てるの?親が知っておくべきこと

かわいい我が子の発育状態で気になることはありませんか?1歳半健診は子供にとってもお世話するママにとっても、と…

ヤギヤギコ / 1791 view

スマホのやりすぎ?現代病・ストレートネックにご注意

現代病といわれるストレートネック。スマホのやりすぎでなってしまう人が多いようです。どんな病気なのか、治し方は…

myia / 3155 view

実は女性に多いらしい「腎盂腎炎」の原因と治療方法は?

あまり聞きなれない「腎盂腎炎」という病名ですが、膀胱炎と並ぶ「尿路感染症」の一種で、体の構造上、圧倒的に女性…

tikatika / 2796 view

生理周期が短いのには理由がある。その原因をつきとめよう。

生理の時期になると女性は憂鬱な日々を過ごすことになります。生理痛が酷かったり出血が多いなど、様々な症状があり…

ほのりかこう / 2776 view

暇つぶしなんかじゃない!入院中できるおすすめの過ごし方5選

入院中、暇を持て余して退屈している方は多いのではないでしょうか?実は入院中だからこそできることはたくさんある…

makowork / 11167 view

ハウスダストアレルギーに効果抜群!おすすめ防ダニ布団カバー

くしゃみが止まらない、鼻水が出るなどの症状に苦しめられるハウスダストアレルギー。症状を改善するためには、布団…

myia / 6829 view

目元シミの原因は?予防・対策で注意すべき9つのこと

顔のパーツで最も印象に残る目元。そのまわりにあるシミは、どっと見た目年齢を高めてしまいますよね。 目元のシ…

サワタリミヤコ / 2709 view

さくらしまこ

外科病棟看護師として5年間働いておりました。

結婚を機に退職、3人の子供の子育てに奮闘中です。
仕事の経験、子育ての経験、末娘が重度知的障害があるため福祉との関わりを元にしたまとめ記事の作成を得意としております。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック