保育園や幼稚園を利用して働いているママたちにとって、流行の病をもらいやすいのは、いつの時代も頭の痛い話ですよね。

保育園や幼稚園でもらいやすく、気を付けるべき流行り病の時期と症状をまとめました。

春は流行り病が落ち着いている時期、でも・・・

基本的に、春はかかる病気は少ないと言われていますが、春は入園したり進級したりと、環境が大きく変わる季節です。
春は、病気が少ないからと安心するのではなく、子供たちの様子を良く見てあげましょう。

環境が変わるのは大人でもストレスがかかるもの

環境が変わるのは大人でもストレスがかかるもの

子供たちにとっては、環境が変わるということは、心の負担も大きいということです。
それが結果、体調を崩す原因になってしまうこともあります。

夏から秋にかけて気を付けたい病気

夏は、言わずと知れた「夏風邪」が流行ります。
また、気温や湿度も高いため、流行り病以外にも食中毒などにも気を付けたいですね。

夏は体力の消耗が激しい季節

夏は体力の消耗が激しい季節

疲労が蓄積されることで、免疫力が低下してウイルスに感染してしまうこともあります。

汗をかいていたら水分補給をしたり、室内温度を快適に過ごせるよう調節することも大切です。

手足口病

手足口病はその名の通り、手足や、口の中に水疱状の発疹が出る、ウイルス性の感染症です。
咳やくしゃみなどで空気感染もします。初期症状としては微熱程度の発熱が出ることもあります。

熱が2日ほど出た後に、発疹が出ると言われています。
手足口病の水疱は、かさぶたにならずに治るという特徴があります。

初期症状が風邪とよく似ているので、風邪だと軽く考えると合併症を引き起こし、重症化することもありますので、注意が必要です。

プール熱

プール熱は正式には「咽頭結膜炎」と言い、アデノウイルスというウイルスの感染症です。
症状としては、目の充血や目やに、喉の痛み、発熱があります。他にも腹痛や下痢の症状が出ることもあるようです。

プール熱のウイルスは感染力が高く、咳やくしゃみで感染したり、共有のタオル等触ったものからも感染します。
手洗いうがい、消毒の徹底をすることで感染を防ぐことができます。

夏場の寝起き時に目やにが目立つようでしたら、かかりつけの医院を受診してみることをオススメします。

熱中症

熱中症は流行病や、感染症とは異なりますが、夏に起こる重大な症状です。
つい水分補給を怠ったり、電気代がかかるからと頑なにエアコンを使わないでいると、熱中症になってしまいます。

熱中症は、手足の痙攣が起きたり、嘔吐、冷や汗、めまい、頭痛など、様々な症状を引き起こします。
脱水症状や、意識障害が起きてくると、非常に危険です。

体温を冷やして、塩分の入った飲料を飲ませ、涼しいところで休ませるようにしましょう。

秋から冬にかけて気を付けたい病気

秋から冬にかけては、空気も乾燥しだして、咳や鼻水などの、呼吸器系の感染症が増える時期です。

RSウイルス感染症

RSウイルス感染症は、赤ちゃんが一番かかりやすい感染症と言われています。
特に2歳までの幼児は、ほとんど全員かかると言われています。

感染すると、発熱の後、鼻水や咳など主に呼吸器系に症状が出ます。
RSウイルスは一度かかっても、免疫が十分にはできないので、かかる度に免疫が蓄積されて行きます。

手洗いうがい、手指の消毒の徹底で予防が可能です。
乳児がかかると、気管支炎や肺炎になる可能性もあるため、1歳未満のお子様がいるママは、特に注意が必要です。

マイコプラズマ

マイコプラズマは、最近よく大流行のニュースをよく聞くようになりましたが、幼児や若い人がかかりやすい感染症です。

喉の痛みや咳、発熱などの風邪の症状から始まって、しだいに重症化すると言われています。
熱が治ったのちに、咳だけが1ヶ月くらい続いたりすることもあります。

マイコプラズマのウイルスは、咳やくしゃみで感染するものの、感染力は弱く熱や石鹸に弱いため、手指の洗浄やうがいで予防が可能です。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【炭水化物抜きダイエット】ってどうなの?自分に合うか考えて!

テレビやネット、雑誌でも特集されている炭水化物抜きダイエット。ストイックになりすぎるのは健康にも良くないかも…

ひらり / 3873 view

「水がしみて痛い・・・」冬場のあかぎれ対策ちゃんとしてる?

冬場のトラブルとして多くの人が悩んでいるのがあかぎれです。 このようなトラブルを解消したいと考えている人は…

Jpssie58 / 4072 view

腸は第二の【脳】だった!気を付けるべき腸の病気とは?

脳と腸は互いに密接に関わりがあり、【第二の脳】とも呼ばれるほど。腸は人の身体の中で最大の免疫組織であるといわ…

tokakko / 5820 view

膀胱炎の症状はどんなもの?女性がかかりやすいって本当?

膀胱炎の症状や、かかる原因とは?女性がかかりやすいのはどうして?かかってしまったら何科を受診すればいいの?女…

tujico / 4079 view

飲み物でスッキリ!女性にオススメ便秘解消ドリンク5選

若い女性は男性の約5倍便秘になりやすいと言われています。そんな便秘を解消するには摂取する水分の見直しが必要不…

makowork / 4303 view

お子さんのいるご家庭には特に知っておいていただきたい!光化学スモッグについて

乳幼児が影響を受けやすい、光化学スモッグについてまとめてみました。

akimama / 7184 view

産後ダイエット中級編!短期集中体幹トレーニング

気休めのダイエットはもうやめませんか?体幹を鍛えて、痩せ体質を手に入れよう!短期集中で体幹を鍛える方法をまと…

ReilyLady / 6089 view

花粉症で目がかゆい時!効果バッチリのおすすめ目薬5選

つらい花粉症。くしゃみや鼻水もさることながら、目のかゆみもやっかいですよね。パソコンやスマホなどをよく使う人…

myia / 4876 view

急な症状に慌てないために!普段から知っておきたい子どもの病気

突然が子に病気の症状があらわれたとき、どうしても慌てがちになってしまう親御さんも多いはず。いきなりの病気にか…

tokakko / 10500 view

赤ちゃん以外も打つ方がいい?B型肝炎予防接種の疑問に答えます

B型肝炎の予防接種、赤ちゃんの時には受けなかったけれど今からでも受けた方がいいのか悩んでいる方へ。最近のB型…

myia / 6204 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック