保育園や幼稚園を利用して働いているママたちにとって、流行の病をもらいやすいのは、いつの時代も頭の痛い話ですよね。

保育園や幼稚園でもらいやすく、気を付けるべき流行り病の時期と症状をまとめました。

春は流行り病が落ち着いている時期、でも・・・

基本的に、春はかかる病気は少ないと言われていますが、春は入園したり進級したりと、環境が大きく変わる季節です。
春は、病気が少ないからと安心するのではなく、子供たちの様子を良く見てあげましょう。

環境が変わるのは大人でもストレスがかかるもの

環境が変わるのは大人でもストレスがかかるもの

子供たちにとっては、環境が変わるということは、心の負担も大きいということです。
それが結果、体調を崩す原因になってしまうこともあります。

夏から秋にかけて気を付けたい病気

夏は、言わずと知れた「夏風邪」が流行ります。
また、気温や湿度も高いため、流行り病以外にも食中毒などにも気を付けたいですね。

夏は体力の消耗が激しい季節

夏は体力の消耗が激しい季節

疲労が蓄積されることで、免疫力が低下してウイルスに感染してしまうこともあります。

汗をかいていたら水分補給をしたり、室内温度を快適に過ごせるよう調節することも大切です。

手足口病

手足口病はその名の通り、手足や、口の中に水疱状の発疹が出る、ウイルス性の感染症です。
咳やくしゃみなどで空気感染もします。初期症状としては微熱程度の発熱が出ることもあります。

熱が2日ほど出た後に、発疹が出ると言われています。
手足口病の水疱は、かさぶたにならずに治るという特徴があります。

初期症状が風邪とよく似ているので、風邪だと軽く考えると合併症を引き起こし、重症化することもありますので、注意が必要です。

プール熱

プール熱は正式には「咽頭結膜炎」と言い、アデノウイルスというウイルスの感染症です。
症状としては、目の充血や目やに、喉の痛み、発熱があります。他にも腹痛や下痢の症状が出ることもあるようです。

プール熱のウイルスは感染力が高く、咳やくしゃみで感染したり、共有のタオル等触ったものからも感染します。
手洗いうがい、消毒の徹底をすることで感染を防ぐことができます。

夏場の寝起き時に目やにが目立つようでしたら、かかりつけの医院を受診してみることをオススメします。

熱中症

熱中症は流行病や、感染症とは異なりますが、夏に起こる重大な症状です。
つい水分補給を怠ったり、電気代がかかるからと頑なにエアコンを使わないでいると、熱中症になってしまいます。

熱中症は、手足の痙攣が起きたり、嘔吐、冷や汗、めまい、頭痛など、様々な症状を引き起こします。
脱水症状や、意識障害が起きてくると、非常に危険です。

体温を冷やして、塩分の入った飲料を飲ませ、涼しいところで休ませるようにしましょう。

秋から冬にかけて気を付けたい病気

秋から冬にかけては、空気も乾燥しだして、咳や鼻水などの、呼吸器系の感染症が増える時期です。

RSウイルス感染症

RSウイルス感染症は、赤ちゃんが一番かかりやすい感染症と言われています。
特に2歳までの幼児は、ほとんど全員かかると言われています。

感染すると、発熱の後、鼻水や咳など主に呼吸器系に症状が出ます。
RSウイルスは一度かかっても、免疫が十分にはできないので、かかる度に免疫が蓄積されて行きます。

手洗いうがい、手指の消毒の徹底で予防が可能です。
乳児がかかると、気管支炎や肺炎になる可能性もあるため、1歳未満のお子様がいるママは、特に注意が必要です。

マイコプラズマ

マイコプラズマは、最近よく大流行のニュースをよく聞くようになりましたが、幼児や若い人がかかりやすい感染症です。

喉の痛みや咳、発熱などの風邪の症状から始まって、しだいに重症化すると言われています。
熱が治ったのちに、咳だけが1ヶ月くらい続いたりすることもあります。

マイコプラズマのウイルスは、咳やくしゃみで感染するものの、感染力は弱く熱や石鹸に弱いため、手指の洗浄やうがいで予防が可能です。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【おもちが喉につまった!】正しい応急処置法を学んで万が一に備えよう

お正月になるとなんとなく食べたくなるおもち。余ったおもちをダラダラと食べ続ける冬の間は喉につまらせないように…

nana2boys / 5137 view

視力障がいがある子どもと上手く付き合う方法

視力障がいをもつお子様との上手な関わり方についてまとめてみました。

専業主婦 / 4861 view

バリウム飲めるか心配…【胃ガン検診】ってどんなことするの?

胃ガン検診でどんな事をするのか実際の体験をご紹介。具体的な内容を知ると受診しやすくなりますよ!「便秘」の方は…

ひらり / 2378 view

B型肝炎になってしまったら?給付金を受給するためにすべきこと

昭和23~63年の間に、予防接種を受けてB型肝炎になってしまった世代も、今や母親になっている可能性が高い年齢…

ReilyLady / 2352 view

花粉の時期はいつまで?気になる秋から冬の花粉情報

春は終わったのに目がかゆいし鼻水も出てる・・・そんな症状お持ちの方!実は花粉症は春だけじゃないんです。今回は…

oppekeizm / 3596 view

女性の薄毛・抜け毛の悩みは人工毛が解決!驚きの技術の進歩を公開

近年、増え続ける女性の「薄毛」「抜け毛」問題。その原因とは一体なんなんでしょうか?また、薄毛・抜け毛の対策に…

ぱぴ / 1409 view

女性必見!見落とすと命の危険も…気付かれにくい腎盂腎炎の症状

あまり耳にすることがない「腎盂腎炎(じんうじんえん)」。膀胱炎と似ていますが発見が遅れると大変危険な病気です…

makowork / 3178 view

いざという時の事考えていますか?入院費と高額医療制度について

いつも健康で怪我もなく過ごせるのが理想ですが、怪我や病気は予告なくやってきます。いざという時に困らないために…

ReilyLady / 2668 view

実は女性に多いらしい「腎盂腎炎」の原因と治療方法は?

あまり聞きなれない「腎盂腎炎」という病名ですが、膀胱炎と並ぶ「尿路感染症」の一種で、体の構造上、圧倒的に女性…

tikatika / 3628 view

ゆううつな生理を少しでも快適に!つらい生理痛をやわらげる方法

ただでさえゆううつな生理を、さらにつらいものにしている生理痛。痛みや症状に個人差はあるものの、軽減できればう…

tikatika / 3678 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック