毎日できる手軽な歯の虫歯予防の方法がガムを噛むこと♪

歯は健康的な生活になくてはならない体のパーツです。

もし虫歯などによって歯がなくなってしまうと、大変なことになってしまいます。インプラント治療など、余計なお金がかかってくるのです。

歯がなくなるとどうなるのか・・・

そもそもインプラントが必要となった理由は、歯が抜けたからです。

歯が抜ける原因には、歯周病を始め様々な原因があります。
①歯を失うと、すぐに現れる症状として…

②歯のかみ合わせが悪くなり、歯が傾くいたり、伸びたりします。

③歯並びに大きな影響が出てくる

④しっかり噛めないため、顔の輪郭が変わることがある。

⑤顔にシワ・たるみが出てくる。

虫歯や歯周病などによって歯を失ってしまうと、治療にもお金がかかってきます。例えば、インプラント治療の場合、何十万円という費用が発生するケースもあるのです。

また、歯並びが悪くなったり、輪郭がゆがんだりします。毎日のケアで歯を健康に保つことが大切なのです。

毎日できる歯の健康ケア

山口由記朗先生
「歯ごたえのある食べ物を」とか「時間をかけて食事を」と言っても、忙しい現代人の食生活を変えるのは容易ではありませんよね。しかし、健康のために噛むのであれば、ガムが十分にその役割を果たしてくれます。

山口晴久先生
その通りですね。毎日10分、噛むだけでいいのです。固いものが苦手な高齢の方にも、健康のために噛んでもらいたいですね。もちろん、虫歯を予防するキシリトール入りのガムをね。
何かを食べたら噛む、というように、無理なくできる方法で、習慣にするとよいでしょう。

キシリトールは、プラークを剥がれやすくし、ブラッシングの効果を上げたり、フッ素と一緒になって、より歯を硬くするなど、普段のむし歯予防に加える事で大きな効果を発揮します。

毎日の習慣にプラスして、虫歯予防をしっかりと行っていきましょう。
それは「毎日キシリトールガムを噛む」ことです。

もともとガムはよく噛むのですが、手軽に購入できるキシリトール配合度の少ないものを噛んでいました。

しかし、同じようにガムを噛むなら市販で売っているものとは違うキシリトール100%のものを噛んだ方が歯科衛生士としていいだろう!と思い変えました。

毎日簡単に行える虫歯予防の方法として紹介したいのがキシリトールガムを噛むことです。

ガムを噛むだけなら簡単ですし、続けるのも難しくありません。さらに、ガムにこだわれば高い効果を発揮してくれるのです。

「どんなガムを選べばいいの?」答えはキシリトール100パーセント!

ガムを毎日噛むことで、虫歯予防ができることが分かりましたね。

また、ガムの種類にもこだわると、より虫歯予防の効果がアップするそうです。

天然素材甘味料で、人体にも安全です。その応用方法ですが、ガムやタブレットがあり、1日3回毎食後すぐ摂ることが効果的です。

虫歯になりやすい人は、間食後と就寝前にも摂ることをお勧めします。

そして、甘味成分としてできるだけキシリトール量が多いものをお勧めします(できれば100%)。
キシリトールは、口のなかで酸をつくらせず虫歯予防に効果的です。

食後や就寝前にキシリトールガムを噛むのがおすすめです。当院では100%キシリトールガムを販売しています(市販品は100%ではありません)。

天然の甘味料であるキシリトールですが、虫歯予防にも最適です。

そして、虫歯予防として活用するのであれば、キシリトールの配合率が100%のガムを選ぶようにします。

また、キシリトール100%のガムは歯科クリニックなどで販売されているので、気軽に問い合わせてみましょう。

ガムを使った虫歯予防の注意点☆歯磨きもきちんと行おう

キシリトール100%のガムを毎日噛むことで虫歯を予防することができます。

しかし、ガムだけ噛んでいればいいということでもないのです。ちょっとした注意点についても確認しておきましょう。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

家族がうつ病になってしまったら?精神科への入院は必要?

大切な家族が辛い思いをしているとき、いち早く支えてあげたいものですよね。もしも、家族がうつ病になってしまった…

ReilyLady / 1539 view

女性なら正しく知っておきたい【子宮筋腫】の症状原因と治療法

女性特有の病気である子宮筋腫。言葉ではよく聞くものの、どのような病気なのかというのをあまりよく知らない方も多…

tokakko / 2386 view

【痒い・痛い・赤い】もうイヤ!足のカミソリ負けを防ぐには?

ムダ毛を自己処理している人の多くは、カミソリ負けに悩んでいることでしょう。 痛みや痒み、赤くなった肌はなかな…

Qualion38 / 498 view

寒くなる時期に気を付けたい病気が季節性うつ病!冬季うつの症状や改善方法

最近では精神疾患への理解が深まってきており、うつ病の認知度も高まっています。 しかし、季節性うつ病について…

Holder1 / 631 view

子供にもうつるマイコプラズマ肺炎の症状と治療法を知ろう

マイコプラズマ肺炎は自然治癒も可能ではありますが、重症化するケースもありますので、なるべく病院へ受診しましょ…

さんにんのまま / 1959 view

膀胱炎の症状はどんなもの?女性がかかりやすいって本当?

膀胱炎の症状や、かかる原因とは?女性がかかりやすいのはどうして?かかってしまったら何科を受診すればいいの?女…

tujico / 1358 view

癌リスクを確認できる、味の素開発の『アミノインデックス®』とは?

癌は40代以降、発症率が高まると言われています。 その中には、婦人科系の癌も含まれています。 味の素が開発し…

HF-LIFE / 2924 view

1歳半健診は何をするの?何を見てるの?親が知っておくべきこと

かわいい我が子の発育状態で気になることはありませんか?1歳半健診は子供にとってもお世話するママにとっても、と…

ヤギヤギコ / 1450 view

視力障がいがある子どもと上手く付き合う方法

視力障がいをもつお子様との上手な関わり方についてまとめてみました。

専業主婦 / 3753 view

経産婦のママこそ気をつけたい子宮筋腫、漢方は使えるの?

子宮筋腫は良く聞く病名でも、まさか自分がと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は東洋医学の漢方が子宮…

ReilyLady / 983 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック