1.なぜダイエットに停滞期があるの?

「瘦せてきた!目標体重まであともう少し…。」
そう思っていたら落ちなくなってきた体重。

ダイエットの停滞期はなぜあるのでしょう?
色々ある理由の中の一つに「体の防御反応」があります。
簡単に説明してみます。

今まで食べてきた量を減らした

体重が落ちた

体はビックリして危機感を覚えた

体重が落ちないように栄養を貯めこむようになった

結果、体重が落ちにくくなった

全ての方に当てはまるわけではありません。
しかしこんな感じになっている人も中にはいるようです。

2.停滞期こそダイエットを見直すチャンス!

極端な食事制限によるダイエットをしていませんか?

ダイエットをしているのに停滞期が長く続いている。
そんな人はそのダイエットが自分に合っているのか見直した方がよいかもしれません。

そのまま続けていて健康を害してしまわないか心配です。

3.本当に痩せる必要があるのか?

そもそもあなたは痩せる必要がありますか?
同じ身長・体重の人でも痩せて見える人もいれば、ポッチャリに見える人もいます。

痩せ・標準・肥満…この判定は体重、身長、体脂肪率などを総合的に見て判断する必要があります。やっているスポーツや時には職業を考慮することもあります。

誰かのマネをする必要はありません。
あなたにとっての健康体重になれば大丈夫です。

一般的な標準体重の出し方です。

身長から、自分の適正体重を知る。
身長(m)×身長(m)×22=標準体重
たとえば、1m70cmの方なら 1.7 ×1.7×22 = 63.58
63.58kg が適正体重となります。

標準体重の算出方法は他にもあります。

標準体重ピッタリでなくていいのです。
BMIという指標も参考にして下さいね。

肥満度の判定には、国際的な標準指標であるBMI(Body Mass Index: 体重(kg)/身長(m)2)が用いられています。男女とも標準とされるBMIは22.0ですが、これは統計上肥満との関連が強い糖尿病・高血圧・高脂血症に最もかかりにくい数値とされています。

肥満の判定にはイロイロな指標があります。

4.数字にしてみて冷静になろう!

健康診断で肥満を指摘された場合などでも、ただ痩せたいでは健康を害する恐れもあります。
停滞期の人こそ数字で自分を把握してみて下さい。

体重計、体脂肪計、活動量計などが気軽に購入できます。

それほど高機能のお値段が高い機種でなくてもいいのです。
毎日測定して増減を数字で確認するということが大切です。

「意外と最近歩いてない」
「体重は昔と変わらないのに体脂肪が増えてる」

数字にしてみると色々なことが見えてきますよ。

健康診断はお住まいの市区町村で無料で受けられることが多いです。その機会に医師、看護師、栄養士などに相談もできます。せっかく税金を払っているのです。サービスは使わないと損ですよ!

停滞期を乗り切るには医療者の意見も聞いてみましょう。

5.まとめ~停滞期は体の意見を聞こう!~

停滞期は体からのメッセージです。

急に減量し過ぎていないか?
栄養バランスを崩していないか?
運動をしているか?

メッセージの内容を考えてみて下さい。

ダイエットをして痩せたとしても青白い顔、ガサガサの肌では美しいとは言えなくなってしまいます。
自分にとって健康な習慣を身につけることが、ダイエットの最終ゴールなのですよ!



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

家族がうつ病になってしまったら?精神科への入院は必要?

大切な家族が辛い思いをしているとき、いち早く支えてあげたいものですよね。もしも、家族がうつ病になってしまった…

ReilyLady / 4551 view

【レコーディングダイエット】記録するだけ?ホントに効果ある?

「食べたものを記録していく。」というレコーディングダイエット。自分の食生活をハッキリ自覚するというのがポイン…

ひらり / 2552 view

授乳中のママ必見!産後ダイエットで気を付けたい食事

産後ダイエットで、とにかく早く体型を戻したいと思うあまり、食事制限をしてしまう方もいらっしゃいますが、食事制…

ReilyLady / 5501 view

産後ダイエットに悩む方のための太ももダイエット方法5選

妊娠期間中に図らずも太くなってしまった太もも。何とかしたいけど、時間も余裕もないし、、、産後ダイエットって何…

ReilyLady / 3842 view

フラフープダイエットの魅力!効果やおすすめの商品は?

手軽に始められて、ダイエットにも効果的なフラフープ。天気を気にせずに運動できて、テレビや音楽鑑賞など“ながら…

tujico / 3206 view

「水がしみて痛い・・・」冬場のあかぎれ対策ちゃんとしてる?

冬場のトラブルとして多くの人が悩んでいるのがあかぎれです。 このようなトラブルを解消したいと考えている人は…

Jpssie58 / 2921 view

インフルエンザの予防接種を“打ってはいけない”はウソ!?

毎年必ずと言っていいほど大流行をもたらす怖~い病気、インフルエンザ。その予防策としてワクチンの予防接種が推奨…

midori / 2512 view

いざという時に!知っておこう、乳幼児の心肺蘇生法

乳幼児の心肺蘇生法を知っていますか?意外と知られていない乳幼児の心肺蘇生法についてまとめました。

reichel / 7343 view

目元シミの原因は?予防・対策で注意すべき9つのこと

顔のパーツで最も印象に残る目元。そのまわりにあるシミは、どっと見た目年齢を高めてしまいますよね。 目元のシ…

サワタリミヤコ / 5190 view

水仕事で手に水虫が。『酢』の力を借りると対策がとれる!?

結婚をすると水仕事が増えます。 その為、ひび割れや手水虫など、手の悩みがつきないようになることも。 特に水虫…

HF-LIFE / 9671 view

ひらり

「そうなんだ~!」を共有できたら嬉しいですね。営業マンの夫と子ども二人と共に暮らしてます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック