1.なぜダイエットに停滞期があるの?

「瘦せてきた!目標体重まであともう少し…。」
そう思っていたら落ちなくなってきた体重。

ダイエットの停滞期はなぜあるのでしょう?
色々ある理由の中の一つに「体の防御反応」があります。
簡単に説明してみます。

今まで食べてきた量を減らした

体重が落ちた

体はビックリして危機感を覚えた

体重が落ちないように栄養を貯めこむようになった

結果、体重が落ちにくくなった

全ての方に当てはまるわけではありません。
しかしこんな感じになっている人も中にはいるようです。

2.停滞期こそダイエットを見直すチャンス!

極端な食事制限によるダイエットをしていませんか?

ダイエットをしているのに停滞期が長く続いている。
そんな人はそのダイエットが自分に合っているのか見直した方がよいかもしれません。

そのまま続けていて健康を害してしまわないか心配です。

3.本当に痩せる必要があるのか?

そもそもあなたは痩せる必要がありますか?
同じ身長・体重の人でも痩せて見える人もいれば、ポッチャリに見える人もいます。

痩せ・標準・肥満…この判定は体重、身長、体脂肪率などを総合的に見て判断する必要があります。やっているスポーツや時には職業を考慮することもあります。

誰かのマネをする必要はありません。
あなたにとっての健康体重になれば大丈夫です。

一般的な標準体重の出し方です。

身長から、自分の適正体重を知る。
身長(m)×身長(m)×22=標準体重
たとえば、1m70cmの方なら 1.7 ×1.7×22 = 63.58
63.58kg が適正体重となります。

標準体重の算出方法は他にもあります。

標準体重ピッタリでなくていいのです。
BMIという指標も参考にして下さいね。

肥満度の判定には、国際的な標準指標であるBMI(Body Mass Index: 体重(kg)/身長(m)2)が用いられています。男女とも標準とされるBMIは22.0ですが、これは統計上肥満との関連が強い糖尿病・高血圧・高脂血症に最もかかりにくい数値とされています。

肥満の判定にはイロイロな指標があります。

4.数字にしてみて冷静になろう!

健康診断で肥満を指摘された場合などでも、ただ痩せたいでは健康を害する恐れもあります。
停滞期の人こそ数字で自分を把握してみて下さい。

体重計、体脂肪計、活動量計などが気軽に購入できます。

それほど高機能のお値段が高い機種でなくてもいいのです。
毎日測定して増減を数字で確認するということが大切です。

「意外と最近歩いてない」
「体重は昔と変わらないのに体脂肪が増えてる」

数字にしてみると色々なことが見えてきますよ。

健康診断はお住まいの市区町村で無料で受けられることが多いです。その機会に医師、看護師、栄養士などに相談もできます。せっかく税金を払っているのです。サービスは使わないと損ですよ!

停滞期を乗り切るには医療者の意見も聞いてみましょう。

5.まとめ~停滞期は体の意見を聞こう!~

停滞期は体からのメッセージです。

急に減量し過ぎていないか?
栄養バランスを崩していないか?
運動をしているか?

メッセージの内容を考えてみて下さい。

ダイエットをして痩せたとしても青白い顔、ガサガサの肌では美しいとは言えなくなってしまいます。
自分にとって健康な習慣を身につけることが、ダイエットの最終ゴールなのですよ!



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

アフリカマンゴノキが怪しすぎる!本当にダイエット効果があるのか徹底解説

ダイエット成分としてアメリカから注目され、今や日本国内においてもアフリカマンゴノキ由来成分を含むダイエット製…

奮迅婦人 / 467 view

産後ダイエットにおすすめのピラティスのエクササイズ5選

ピラティスはリハビリの為に開発されたエクササイズです。妊娠や出産により変化した骨盤や背骨を元に戻し、シェイプ…

Momo / 1842 view

生理周期が短いのには理由がある。その原因をつきとめよう。

生理の時期になると女性は憂鬱な日々を過ごすことになります。生理痛が酷かったり出血が多いなど、様々な症状があり…

ほのりかこう / 2557 view

花粉症対策にはヨーグルトがおすすめ!花粉症にヨーグルトを役立てる方法5選

辛い花粉症の時期がやってきました。 ヨーグルトは、花粉症対策に期待がもてると言われています。 今年はヨーグル…

HF-LIFE / 2098 view

これで解決!くすり嫌いの子どもに上手に薬を飲ませる方法

抗生剤など、大人でも結構ニガイ薬ありますよね。 今回は、うまく飲ませる工夫やグッズをまとめています

さくらしまこ / 5758 view

ママたち知っていますか?意外と多い腎盂腎炎。膀胱炎との違いは

腎盂腎炎という病気を知っていますか?実は2〜30代の女性に多い病気なのです。妊娠している女性もかかりやすいも…

ReilyLady / 1547 view

ママはストレスが溜まりがち…発散させよう!ストレス解消法50選

何かと忙しいママは、ストレスが溜まりがちですよね!ストレスは万病の元とも言われているので、上手に発散したいと…

ヤギヤギコ / 2050 view

【子宮頸がん検診】ってどんなことする?若い女性も積極的に!

「痛い?」「恥ずかしい?」経験がないと不安になりがちですね。子宮頸がん検診を受けてみませんか?事前の知識があ…

ひらり / 2279 view

鼻づまり×咳でこどもが苦しそう!自宅で簡単にできる対処法5選

鼻づまりと咳により、こどもが上手く息ができているか心配・・・。夜中は特にこの様な症状がひどくなる時間帯です!…

HF-LIFE / 3346 view

大人も要注意、咽頭結膜熱(プール熱)について注意すべき点をまとめています

咽頭結膜熱(プール熱)が学校保健法において指定伝染病と定められているのをご存知ですか。しっかりと知識を身につ…

さくらしまこ / 7877 view

ひらり

「そうなんだ~!」を共有できたら嬉しいですね。営業マンの夫と子ども二人と共に暮らしてます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック