二日酔いって、そもそもどうして起こるのでしょう

お酒に限らず飲食したものはすべて、胃腸で消化・吸収されて血液によって体中をめぐり、肝臓へ運ばれます。
そして肝臓でしかるべきカタチに分解・変換されて、また血液によって全身に運ばれるのです。
アルコールの場合、胃で約20%が吸収され、残りの約80%が小腸で吸収されます。
二日酔いは肝臓が分解しきれないアルコールが起こす体の様々な症状のことを言い、量を飲み過ぎたり夜遅くまで飲んでいたときに起こるものです。
飲酒後短時間に現れるものは悪酔い(わるよい)という。一般的に二日酔いは悪酔いが翌日になって現れる状態を指す。

二日酔いの症状はこんな感じですね

二日酔いの症状は 吐き気、頭痛、胸焼け、喉の渇き、脱力感、寝不足感などがあります。これは、前日に飲んだアルコールの分解過程で生じたアセトアルデヒドや利尿による一過性の脱水、過剰な水分摂取などがからみあった結果です。

ラッシュの時期の悩みといえば、翌日の仕事にお酒が残ること。午前中は二日酔いで仕事にならない、なんて人もいるのでは。抜け切らないうちにまた飲み会...という悪循環に陥らない、上手なお酒の飲み方や二日酔いにならない秘訣

飲む前に予防をしておくことも大切です

少しでも吸収を遅くすることが二日酔い予防・防止には重要です。
それはちびちびとゆっくり飲むだけではありません。
アルコールの吸収速度は飲酒前に対策することで遅くすることができます。
アルコールを急激に吸収させないためには、
お酒を割るものを水かお茶にします。

炭酸飲料は、アルコールの吸収速度を早めます。
炭酸には、栄養分の吸収を早める効果があるのですが、
アルコールも吸収を早めてしまうのです。
生理前の女性は、女性ホルモンである「エストロゲン」の働きにより、肝臓のアルコール分解速度が著しく下がります。

飲んでいる時に食べると効果的なもの

枝豆には、メチオニンと呼ばれるアルコールを分解してくれる成分が含まれているほか、アルコール代謝を促進させるビタミンB1、肝臓の働きを高めてくれるコリンも豊富。二日酔いや悪酔いの予防に効果的なんです。
二日酔いになりにくい食べ物と言われているのは、枝豆、豆腐、チーズ、鶏肉、大根、アサリ、といった食べ物。

これらの食べ物は二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を促進してくれてアルコールの処理能力を高めてくれます。また、肝機能を高めてくれる働きもあるので、飲んでいるときにはこれらの食品を積極的に食べるようにしましょう。

気を付けていても二日酔いになった時におススメの食品

肝臓、血液、脱水
二日酔い対策の食べ物や飲み物を選ぶときには、
これらの3つに効果があるものを選ぶとよさそうです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

ダイエットの停滞期を乗り切れ!健康に痩せるために注意すること

ダイエットをしていると「停滞期」がすぐきちゃう人いませんか?どうしたらいいのでしょう。もっとストイックにダイ…

ひらり / 1425 view

【産後ダイエット】忙しい育児中にできるダイエット5選

忙しいお母さん達のために育児中にできるダイエットについてまとめました。 無理することなく妊娠前の体型に戻せる…

reichel / 5379 view

産後に乳首や乳輪が黒ずんでしまう原因と改善方法

出産後にふとした時、自分の乳首の色の濃くなったという女性も少なくないと思います。そんな乳首が黒くなってします…

kurumi200001 / 1266 view

今日から実践!マイナス3㎏ならすぐに痩せられる『塩抜きダイエット』

女性ファッション誌で話題の塩抜きダイエット! 簡単なのに効果が高いことで、大人気のダイエット方法です。

HF-LIFE / 3865 view

ブレインクリニック東京のQEEG検査がすごい!精神的な病気も目に見える時代に!

ブレインクリニック東京は、大人・子どもの発達障害やうつ病など、悩みを抱えている人が相談できる病院です。欧米で…

古池 / 839 view

家族がうつ病になってしまったら?精神科への入院は必要?

大切な家族が辛い思いをしているとき、いち早く支えてあげたいものですよね。もしも、家族がうつ病になってしまった…

ReilyLady / 2633 view

病院へ行けない時!辛い乳腺炎を自宅で治療する方法5選

痛くて辛い乳腺炎。小さな赤ちゃんを抱えて病院へ行くのは大変ですよね。そんな時の応急処置として自宅で治療する方…

myia / 4604 view

【寒くなってきたらご用心!】中耳炎になったときの対処法

耳の中が突然痛くなる中耳炎。くせになると風邪を引くたびになってしまうことも。まだ言葉を上手に話せない小さな赤…

nana2boys / 5168 view

女性を悩ます便秘の解消法に今注目の水素水を取り入れてみよう

便秘は本当に辛いものです。お腹の張りだけでなく、肌が荒れたり、なんとなく体の調子が悪いなど体にとっていいこと…

ほのりかこう / 2384 view

時間がないママ必見!簡単産後ウエストダイエット方法5選

産後ウエスト周りが気になっているものの、時間がなくてどうしたらいいか分からないというママ達のために、自宅でで…

ReilyLady / 3038 view

さくらしまこ

外科病棟看護師として5年間働いておりました。

結婚を機に退職、3人の子供の子育てに奮闘中です。
仕事の経験、子育ての経験、末娘が重度知的障害があるため福祉との関わりを元にしたまとめ記事の作成を得意としております。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック