子宮頸がんってどんな病気なの?

子宮頸がんは、2000年以降、急激な増加傾向にあり、特に20代~30代での発症が増えています。つまり、結婚・出産を控えた大切な時期に、発症しやすいがんなのです。
子宮頸がんとは、どのような病気なのでしょうか?

子宮頸がんが発症する場所は?

下腹部の中央にある子宮は、子宮頸部と子宮体部の2つに分けられます。
子宮の入口付近が子宮頸部、その奥が子宮体部です。
子宮頸部は膣へとつながっており、分娩時は赤ちゃんの通り道になります。

子宮頸がんは、膣に近い側の表面をおおっている扁平上皮にできる「扁平上皮がん」と、子宮頸管に近い側の腺上皮にできる「腺がん」に分けられます。

子宮頸がんの原因は?

子宮頸がんの原因は、「HPV」とも呼ばれる「ヒトパピローマウイルス」の感染です。
HPVは、粘膜の接触によって感染するウイルスで、ほとんどが性交渉によって感染します。
しかし、HPVは性交渉の経験がある女性の約8割が生涯に1度は感染するものの、90%以上は免疫力によって自然に消滅します。残りの10%のうちでも、がんの前段階で消失するケースが8割で、残りの2割が子宮頸がんを発症します。

子宮頸がんを発症したら?

初期は無症状であることが多く、進行すると不正出血や性交渉時の出血、おりものの異常などが見られるようになります。
粘膜の上皮内だけにがんが発生している初期に発見して、適切な治療を受ければ完治することも可能です。

発見が遅れると、たとえ命は助かったとしても、子宮を失うことになりかねないので、早期発見のために、子宮頸がん検診を受けることが何より大切です。

子宮頸がん検診とは?

健康増進法により、ほとんどの自治体が子宮頸がん検診の補助を行っていて、費用は無料~1000円以内が大半です。
対象者は20歳以上の女性で、2年に1回受診できます。
自治体のホームページなどで、確認してみましょう。

子宮頸がん検診って、どんなことをするの?

子宮がん検診の大まかな流れは、次の通りです(病院によって多少差があるようです)。

①月経の状態、自覚症状、妊娠・出産経験の有無などを聞かれる問診
②外陰部、膣、おりものの状態、子宮膣部の視診・膣鏡診
③子宮頸部の表面の粘膜を専用の器具でこすり取る細胞診
④子宮頸部、子宮や卵巣などの状態や位置を調べる内診

子宮頸がん検診を受けるときは、月経中を避け、検診2~3日前からは性交渉を控えましょう。

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がんは、HPVによる感染が原因で発症します。
そのため、予防ワクチンを接種して抗体というたんぱく質をつくり、ウイルスの感染から身体を守ることで、がんになるのを予防できます。
ワクチン接種によって子宮頸がんを約7割減らすことができると言われています。

子宮頸がんの予防ワクチンとは?



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

大人も要注意、咽頭結膜熱(プール熱)について注意すべき点をまとめています

咽頭結膜熱(プール熱)が学校保健法において指定伝染病と定められているのをご存知ですか。しっかりと知識を身につ…

さくらしまこ / 3268 view

家族の食事と一石二鳥!味噌汁でファスティングダイエット

産後ダイエットもなかなか進まないし、手軽にできることから始めたいけど、家族にご飯も作らなきゃだし、家事もしな…

ReilyLady / 801 view

【乳ガン検診】初めてのマンモグラフィ体験をお伝えします!

女性芸能人の「乳ガン」のニュースが話題になり、検診について関心を持つ方も増えたのではないでしょうか?しかし実…

ひらり / 137 view

年齢なんて関係ない!放っておくと失明も?怖~い眼の病気

眼の病気=白内障や緑内障だけではありません。日常生活の中にも失明の危険が潜んでいたとしたら…?老若男女関係な…

tokakko / 380 view

産後ダイエット中級編!短期集中体幹トレーニング

気休めのダイエットはもうやめませんか?体幹を鍛えて、痩せ体質を手に入れよう!短期集中で体幹を鍛える方法をまと…

ReilyLady / 450 view

鼻づまり×咳でこどもが苦しそう!自宅で簡単にできる対処法5選

鼻づまりと咳により、こどもが上手く息ができているか心配・・・。夜中は特にこの様な症状がひどくなる時間帯です!…

HF-LIFE / 1709 view

毎年辛い花粉症、症状を少しでも緩和するためにできること

花粉症はなんでこんなにつらいんでしょう、そもそもなぜ花粉症になるんでしょうか。原因と対処法をまとめてみました…

蓮ママ / 178 view

腸は第二の【脳】だった!気を付けるべき腸の病気とは?

脳と腸は互いに密接に関わりがあり、【第二の脳】とも呼ばれるほど。腸は人の身体の中で最大の免疫組織であるといわ…

tokakko / 463 view

花粉症で目がかゆい時!効果バッチリのおすすめ目薬5選

つらい花粉症。くしゃみや鼻水もさることながら、目のかゆみもやっかいですよね。パソコンやスマホなどをよく使う人…

myia / 441 view

30代から激太りに要注意!!変化する体質の原因って??

30代を過ぎると、女性は下半身を中心にどんどん太り始めます。 今まで太ることなんてなかったから!なんて思って…

HF-LIFE / 2374 view

tikatika

二人姉妹の母です。
自分が経験したことを発信しつつ、みなさんからいろいろなことを吸収できれば、と思っています!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック