ダイエットと聞くと、多くの人は体重を減らすことを考えるのではないでしょうか。

もちろん体重計の数字は、ダイエットにおいても目標設定がしやすくなるので、大切なことですが、数字だけを減らしても、その場しのぎの「減量」でしかありません。

産後ダイエットで目指したい体型は、ただ体重が少ないだけの体ですか?
それとも引き締まったくびれや、綺麗な美脚を目指したいですか?

単に体重を減らすことより、理想の体に近づけるための方法をまとめました。

綺麗に痩せるってどうゆうこと?

産後で大きく変わってしまった体型を、理想の体型に近づけたいと思うのは自然なことだと思います。
しかしながら、「痩せる」という概念に囚われすぎて、体重計の数字に支配されている人がほとんどです。

体重計の数字を減らすことを目的にしないで

体重計の数字を減らすことを目的にしないで

体重計の数字を単に減らしたいなら、食べなければ達成できるでしょう。

でも、本当になりたいのは「綺麗に痩せること」ではありませんか?

脂肪は筋肉より体積が大きく、質量は軽い

筋肉は脂肪より重いという話は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
例えば、同じ重さの筋肉と脂肪を比較して見ると、重さは同じでも脂肪の方が体積が大きいので、同じ体重でも太って見える人と、痩せて見える人が出てくるのです。

そのため、食事制限やサプリメントで体重計の数字を減らすだけでは、脂肪が燃焼せず、たるんだ体は改善できるものではないと言うことを頭に置いておいてください。

脂肪は水より密度が低くて比重が軽いので水に浮きますが、
脂肪以外の組織は水よりも密度が高い(比重が重い)ため沈んでしまうのです。

つまり、体脂肪率が高ければ高いほどその人の体密度は低く(比重が軽く)なり、
脂肪が少なくて体の中のほとんどが筋肉や骨で占められている人の体密度は高くなります

つまり「綺麗に痩せる」と言うことは、体重計の数字に惑わされず筋肉をつけることで、見た目に変化をもたらすと言うことなのです。

ボディメイクという考え方

上記の通り、綺麗に痩せるためには、筋肉をつける必要があります。

くびれが欲しい、脚が細くなりたい、二の腕を引き締めたい。これらを全て叶えるための考え方は「ボディメイク」です。

ボディメイクとはメリハリのあるスリムな体型を作ることを意味しています。
エクササイズやエステなど、その方法は様々ですが、エクササイズやトレーニングを行うことで、より効果的なボディメイクを行うことが可能になります。

世界のトップモデルたちもボディメイクをしています。

世界のトップモデルたちもボディメイクをしています。

世界のトップモデルの方たちも、理想的な体型を作り、維持するために日々トレーニングを行っています。

筋肉をつけることで代謝を上げる

筋肉をつけることで得られるものは、体型だけではありません。
筋肉は、常にエネルギーを消費しながら動くため基礎代謝をあげ、脂肪がつきにくい「痩せ体質」を作ることができます。

代謝が良くなれば体質改善にもつながります。

代謝が良くなれば体質改善にもつながります。

筋肉は、エネルギーを消費し代謝を促してくれるため、浮腫みや冷え症の改善にもつながります。
また、代謝が上がると肌トラブルの解消にもなります。

産後のトレーニングを開始する時期

産褥期のママ達は、焦らずに産後6週間程度は、安静にしてください。
無理にトレーニングを始めてしまうと、かえって骨盤が元に戻りにくくなってしまったり、過度に体に負担がかかってしまい、体調を崩すことになりかねません。

産後6週間を目安に、時間と心に余裕ができたら、軽いエクササイズから徐々に始めることをお勧めします。

産褥期は赤ちゃんとママの時間を大切にしてください。

産褥期は赤ちゃんとママの時間を大切にしてください。

産後ダイエットは、産褥期が終わり体調が整えばいつからでも始められます。

焦らずに、赤ちゃんとママが生活に慣れて、心の余裕が出来てから始めるのがいいでしょう。

大切なのは体重計の数字じゃない



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

毎年辛い花粉症、症状を少しでも緩和するためにできること

花粉症はなんでこんなにつらいんでしょう、そもそもなぜ花粉症になるんでしょうか。原因と対処法をまとめてみました…

蓮ママ / 520 view

視力障がいがある子どもと上手く付き合う方法

視力障がいをもつお子様との上手な関わり方についてまとめてみました。

専業主婦 / 3122 view

ノロなどの病気を予防できる!?次亜塩素酸水って一体何?

冬になると心配なノロやインフルエンザ。幼稚園や小学校でいつもらってくるかとヒヤヒヤしますよね。そんな嫌な病気…

myia / 2931 view

女性必見!見落とすと命の危険も…気付かれにくい腎盂腎炎の症状

あまり耳にすることがない「腎盂腎炎(じんうじんえん)」。膀胱炎と似ていますが発見が遅れると大変危険な病気です…

makowork / 1268 view

健康な身体を手に入れるために!取り入れて欲しい食品5選

毎日食べる食事にどのくらい気を遣っていますか?食べているもので作られている私たちの身体。せっかくなら健康に良…

myia / 1802 view

30代から激太りに要注意!!変化する体質の原因って??

30代を過ぎると、女性は下半身を中心にどんどん太り始めます。 今まで太ることなんてなかったから!なんて思って…

HF-LIFE / 3531 view

乾布摩擦の効果がすごい!健康のために始めてみませんか?

乾布摩擦には意外にたくさんの効果があること、ご存知でしょうか?簡単なのにすごい!乾布摩擦の効果を調べてみまし…

myia / 2867 view

辛い乳腺炎にならないために。日々の食事で予防しましょう!

産後の乳腺炎。乳児のお世話をしながらの通院や治療はとても大変です。今回は自身の体験から、乳腺炎を防ぐための食…

サクマメグム / 1035 view

大人も要注意、咽頭結膜熱(プール熱)について注意すべき点をまとめています

咽頭結膜熱(プール熱)が学校保健法において指定伝染病と定められているのをご存知ですか。しっかりと知識を身につ…

さくらしまこ / 5715 view

もしものために知っておきたい、子宮外妊娠の原因や確率について

妊娠の検査薬で反応が出ると、誰しもが赤ちゃんができたと思いますよね。でも、検査薬では正常な妊娠かどうかまでは…

ReilyLady / 733 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック