視力障がいといっても種類は様々です。
眼鏡をかければ見える子ども、視神経自体に異常があり眼鏡では矯正不可能な子ども、斜視で焦点が合わない子ども…
今回はそんな視力障がいの子どもをもつお母さんの育児が少しでも楽になればと思い、関わり方をまとめてみました!

衣服のボタンは大きいものを

晴眼のお子様なら出来るの「見よう見まね」。これは視力障がいのお子様にとってはやはり難しく、
どうしてもお母さんのサポートが必要となってきます。
衣服の着脱をトレーニングする際はボタンは大きめのものを選び、襟首などがつまってないものを選びましょう。

同系色のものを同じ所に置かない

例えば茶色のテーブルに茶色のお皿、そしてハンバーグ…
このように同系色のものが同じ所に並んでいると視力の弱いお子様にとっては、ハンバーグがどこにあるか分かりづらく食べるのも苦労します。
テーブルが茶色ならお皿は白にしてあげるなど、ちょっとした工夫でお子様も食べやすくなります。

「あっち」「こっち」などをなるべく使わない

健常児をもつお母さんならついつい使ってしまいがちな「あっちへ行こう」や「こっちへおいで」。
これは視力の弱いおこさまにとっては結構分かりづらいんです。何かを示す時はなるべく「お風呂へ行こう」、「お母さんのところにおいで」と明確に伝えてあげましょう。

おもちゃは単色のものを選ぼう!

例えば積み木の三角は赤色、四角いのは青色など形によって色が分かれてるものを選ぶことで、お子様の視覚を刺激しトレーニングにも繋がります。
おもちゃを選ぶ際は可愛さやおもしろさだけではなく、そういうところも重視してみてくださいね。

模様替えはなるべくしない

あまり頻繁に模様替えをすると、お子様は混乱してしまいます。
物の配置を定着させることで、視力障がいをもつお子様も自分でお片付けしやすくなったりするので、
家具やおもちゃ箱の配置はシンプルで安全なところに定着させておきましょう。

食器で遊んでしまっても叱らない

視力にハンデがある分、聴覚と触覚はとても大切なものになってきます。
自分で食べる事を教える際も、スプーンで食器の底をコツンと当ててからすくうことで、
“底にあたればご飯がすくえる”と認識します。
ですので、もしもお子様が食器をぶつけて遊んでしまっていても「一生懸命覚えてくれてるんだなぁ」と温かい目で見守りましょう。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

知っておきたい三大疾病の種類、あなたの生活習慣は大丈夫?

三大疾病とは何の病気のこと?三大疾病にかかる原因とは?保険に入る前などに知りたい三大疾病についてまとめました…

tujico / 1464 view

【レコーディングダイエット】記録するだけ?ホントに効果ある?

「食べたものを記録していく。」というレコーディングダイエット。自分の食生活をハッキリ自覚するというのがポイン…

ひらり / 1253 view

多くの方が悩んでいる花粉症の症状!おすすめの市販薬5選

花粉が飛ぶ季節になると、鼻水や鼻づまり・くしゃみなどの症状に悩まされる方は多いのではないでしょうか?今回はそ…

kaeru_5 / 1231 view

急な症状に慌てないために!普段から知っておきたい子どもの病気

突然が子に病気の症状があらわれたとき、どうしても慌てがちになってしまう親御さんも多いはず。いきなりの病気にか…

tokakko / 6173 view

知らないと怖い!クループ症候群とそのケア方法

子どもが「ケンケン」といつもと違った咳をしていたらクループ症候群を疑いましょう。急激に悪化し呼吸困難になるこ…

nana2boys / 35042 view

子供の歯列矯正はするべき?始めるならいつ?治療時期と期間について

子どもの歯並びを良くしたいと考える親もたくさんいます。 そこで今回は子供の歯列矯正の必要性について調べてみ…

TorevrhsLugo / 752 view

ヨガの効果や魅力って?産後ダイエットにもおすすめな理由!

海外セレブや芸能人など、綺麗な人がやっているイメージが高いヨガ。美容やダイエット効果が高く、産後のリカバリー…

tujico / 1392 view

家族の食事と一石二鳥!味噌汁でファスティングダイエット

産後ダイエットもなかなか進まないし、手軽にできることから始めたいけど、家族にご飯も作らなきゃだし、家事もしな…

ReilyLady / 4496 view

こどもの身長が伸びなくなる!?意外な〇〇が与える恐ろしい影響とは?

こどもは発育が良いに越したことはありませんよね。 無理に身長を伸ばすことばかりにこだわる必要もありませんが、…

HF-LIFE / 2816 view

女性なら正しく知っておきたい【子宮筋腫】の症状原因と治療法

女性特有の病気である子宮筋腫。言葉ではよく聞くものの、どのような病気なのかというのをあまりよく知らない方も多…

tokakko / 2440 view

専業主婦

2歳の息子をもつ現在第二子妊娠中の専業主婦です。
前職は保育士をしておりました。
主に育児や子ども関連の記事でお役にたてればと思います。
よろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック