下半身太りの原因は3つ!

なかなか痩せない下半身…

なかなか痩せない下半身…

太くなった理由を知れば、ぐっと痩せやすくなります!

・ウエストでジーンズのサイズを合わせるとお尻がキツイ!
・太ももやふくらはぎがパンパンで、スキニーなんてもってのほか!
・妊娠・出産で体型が戻らなくなった…!

こんな悩み、ありませんか?

下半身太りがなかなか解消できないのは、見当違いのケアでは解決できないから。

私も単純に下半身太りに効くストレッチやマッサージを手当たり次第にやっていましたが、効果があるもの、無いものと様々でした。

世の中にはいろんな足痩せ方法があって、全部を網羅しようとすると、時間もお金もかかってしまいますよね…。

そこで、それぞれの下半身太りの原因と理由をまとめてみました!

下半身太りの原因1:骨盤や下半身のゆがみ

骨盤の歪み

骨盤の歪み

女性に多い骨盤のゆがみ。歪む前のケアと、正しい姿勢、歪み解消のためのケアを知っておきましょう!

骨盤が正しい位置にないと、変なところに圧力をかけ、筋肉が慢性的な緊張状態になります。すると、周辺の血行を悪化させ、下半身の代謝を妨げてしまいます。

足痩せストレッチをいくらしても効果が出ない、腰痛や肩こりが起こりやすい人は、骨盤のゆがみが原因かもしれません!

日常的な癖によるゆがみ

猫背や反り腰、頬杖をつく、座る時に脚を組む、横座りする、あぐらをかくなどの悪い姿勢や習慣が骨盤を徐々に歪ませ、下半身太りの原因に!


また、荷物を片方の腕で持ったり、片方の足に重心を乗せて立つのも、左右のバランスを崩します。

歩いてるうちにスカートが回ってしまう、靴の底の減りが左右で違う、気づいたら内股で立っているなどの人は、骨盤の歪みを疑ってみるといいかもしれません。

筋力不足が理由のゆがみ

インナーマッスルによって支えられている骨盤は、加齢や運動不足によって筋力が衰えると、しっかり正常な位置で支えられなくなってしまうことも。筋力不足は直接の歪みの原因にはなりませんが、やはり、しっかりと筋力を付けておくことは歪み防止になります。

インナーマッスルを衰えさせないためには、デスクワークなど、日常的に座りっぱなしの人は要注意!1時間に1回は立ち上がって歩いたり、歩く時に太ももやを上げて歩いてみるなど、いつも使わない筋肉を意識してみましょう!

筋力不足による骨盤ゆがみの対処法

歪んでしまっている場合は、先にゆがみの補正をする必要があります。

整骨院やストレッチで、まず位置を戻してあげて!はじめの内は、補正下着を活用するのも◯

骨盤矯正ヨガ Part2 5分でできる骨盤のゆがみリセット術! - YouTube

出典:YouTube

とても丁寧でわかりやすい動画です!

妊娠・出産がきっかけのゆがみ

妊娠すると、スムーズに出産をするために、ホルモン「リラキシン」が分泌されるようになります。これは産道を確保するために骨盤の靭帯をゆるめ、開きやすくする作用があります。

妊娠中に開いた骨盤は産後3~4ヶ月程かけて徐々に元の位置へ戻り、リラキシンの分泌もなくなります。しかし、妊娠中に筋力が低下すると正常な位置へ戻りにくくなり、歪みがでやすくなります。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

B型肝炎のワクチンが定期接種になったことをご存知ですか?

今まで任意接種だったB型肝炎ワクチンが、平成28年10月1日から定期接種となりました。ご存知でしたか?今回は…

kaeru_5 / 153 view

子供の足の骨がでる!?スポーツ障害の症状と治療法を知ろう

有痛性外頸骨とは、耳慣れない言葉とは思いますが、意外と身近にあるスポーツ障害ですので紹介したいと思います。

さんにんのまま / 4081 view

大人も要注意、咽頭結膜熱(プール熱)について注意すべき点をまとめています

咽頭結膜熱(プール熱)が学校保健法において指定伝染病と定められているのをご存知ですか。しっかりと知識を身につ…

さくらしまこ / 4137 view

つらい便秘は漢方で解消!漢方で体本来のチカラを呼び起こす

辛い便秘でも、できるだけ便秘薬には頼りたくないですよね。漢方でカラダ本来の力を呼び起こして、体の中から健康に…

ReilyLady / 375 view

働くママが気を付けたい保育園でもらいやすい子供の病気

働くママ達にとって保育園や幼稚園は必要不可欠ですが、流行の病気が移りやすいのも気がかりな点ですよね。保育園な…

ReilyLady / 936 view

大人も子どもも悩まされるアレルギーについて原因別にまとめています

梅雨の時期は屋内アレルゲンが心配ですよね。今回は様々なアレルゲンにスポットを当て、注意点や対策をまとめていま…

さくらしまこ / 5698 view

経産婦のママこそ気をつけたい子宮筋腫、漢方は使えるの?

子宮筋腫は良く聞く病名でも、まさか自分がと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は東洋医学の漢方が子宮…

ReilyLady / 111 view

辛い乳腺炎にならないために。日々の食事で予防しましょう!

産後の乳腺炎。乳児のお世話をしながらの通院や治療はとても大変です。今回は自身の体験から、乳腺炎を防ぐための食…

サクマメグム / 547 view

ツラい運動や難しい知識は不要!?ママに人気の8時間ダイエット

難しい知識も道具もいらないのに、即効性が高いダイエットとして、最近人気が高まっている8時間ダイエット!仕事に…

midori / 528 view

【赤ちゃんの情緒と発育を豊かに】ベビーマッサージ教室で親子の絆を深めよう!

赤ちゃんとパパママ、みんなが幸せになれるメリットたっぷりなベビーマッサージをはじめてみませんか? ベビーマッ…

reichel / 1867 view

アイダ

はじめまして。
美容(主にダイエット)に興味津々の主婦です。
できるだけ手軽に痩せられる方法を日々研究中!
よろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック