出産で太くなってしまった太もも、そろそろ産後ダイエットしたいけど・・・

子育てにも慣れてきた頃、気になりだすのは、産後で大きく変化してしまった体型のこと。

特に、太くなってしまった太ももはできるだけ早く何とかしたい!
という方も多いのではないでしょうか。

子どもと過ごす毎日は最高に幸せ!でも、自分の体型も戻せたら、もっと最高ですよね。
産後ダイエットをしたいけど、時間なんてない!
何から始めたらいいの?という方に、空手家ママのおすすめのダイエット方法5つをお教えします。

産後も大活躍!骨盤ベルトで骨盤矯正

産後ダイエットを何から始めたらいいの?という方に、一番にお勧めしたい事。

それは、ズバリ「骨盤ベルト」です。

下半身太りの最も大きな要因って、ご存知ですか?
それは『骨盤のゆがみ』なんです。

骨盤のゆがみは、脚の筋力の衰えを早め、体の代謝を滞らせてしまったり、むくみや腰痛の原因にもなります。

骨盤のゆがみは、下半身太りを進行させるだけでなく、あらゆる体の不具合につながっているのです。

妊娠中、病院や、産院で骨盤ベルトをお勧めされた方も多いのではないでしょうか。

私も産院の先生から「トコちゃんベルト」を進められて使用していたのですが、産後もしばらくトコちゃんベルトを着用していました。

骨盤のゆがみが少しずつ矯正されていくに従い、太ももも少しスッキリとしてきました。

産後ダイエットは、無理に体を動かしてしまうよりも、体の中の調整から始めることをお勧めします。

トコちゃんベルト

トコちゃんベルト

ママと赤ちゃんの健康をサポートするトコちゃんベルト。
マタニティケアだけではなく、産後もしっかりママのサポートをしてくれる素敵なアイテムです。

家事をしながらでもできる!つま先立ちエクササイズ

毎日やることが山積みのママ達にとって、自分の時間を作る事って、永遠のテーマですよね。
洗濯物を干しながら、ごはんを作りながら、食器を洗いながらできるエクササイズを紹介します。

【つま先立ちエクササイズ】
①かかとを付けて、つま先を拳ひとつ分開いて立つ。
②お尻と、膝を締めながら5秒でつま先立ちになる。
③そのまま30秒キープする。
④5秒かけて、ゆっくりかかとを床につける。

これを5セット行います。
コツは、呼吸を停めずにゆっくりと行うことです。
シンプルな動きなので、続けやすいエクササイズです!

固くなった筋肉をほぐす!開脚ストレッチ

簡単な座りながら行うストレッチです。

太もも太りは、筋肉が硬くなってしまっていることも大きな原因です。
ストレッチをすることで、固くなってしまった筋肉の柔軟性をあげれば、痩せ体質の近道です。

洗濯物を畳みながら、テレビを見ながらできるのも、おすすめなポイントです。

【開脚ストレッチ】
①脚を開いて、少し痛いところで止めて座る。
※この時猫背にならないように気を付けてください。
②内腿をほぐすように軽く叩く。
③少し痛いところまで体を前に倒して15秒キープする。

これを5セット行います。
コツは、呼吸を止めないように深呼吸をしながら行うことです。
洗濯物を少し遠くに置いて、洗濯物を取るついでに前屈のストレッチもできます!

下半身痩せの最強エクササイズ!スクワット

少し本格的な動きのエクササイズも紹介します。
スクワットって、誰でも知っている運動ですが、意外と正しい知識はない状態で、行っている方が多いです。
スクワットを実践してちるのに、効果が出ない!と言う方は方法に問題があるかも知れません。
ぜひ正しい方法を身に付けて実践してみてください。

Common mistakes and correct way of squat ! - YouTube

出典:YouTube

MuscleWatchingさんのスクワット動画です。
とても分かりやすく、スクワットの正しいやり方と間違ったやり方の説明をしています。

空手式四股立ち

空手道のなかに「四股立ち」と呼ばれる立ち方があります。
これは、太もも痩せにも効果のあるものなので、ぜひ行ってみてください。

【四股立ち】
①脚を肩幅ふたつ分の開く。
②つま先を45度外に向ける。
③膝をつま先と同じ方向に向くように意識しながら曲げる。
※猫背にならないように意識してください。
④そのまま15秒キープする。

これを5セット行います。
少しきついですが、自宅で簡単にできる太もも痩せに効果的なので、ぜひトライしてみてください!

産後ダイエットの一番大事なことって?



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

健康な身体を手に入れるために!取り入れて欲しい食品5選

毎日食べる食事にどのくらい気を遣っていますか?食べているもので作られている私たちの身体。せっかくなら健康に良…

myia / 1567 view

経産婦のママこそ気をつけたい子宮筋腫、漢方は使えるの?

子宮筋腫は良く聞く病名でも、まさか自分がと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は東洋医学の漢方が子宮…

ReilyLady / 366 view

家族の悩み…。花粉情報をリアルタイムで知りたいときにはこれ!

花粉は一年中飛散しています。季節によっては症状が重くなってしまうことも。出かける前や洗濯物を干すときに、チェ…

サクマメグム / 347 view

ノロなどの病気を予防できる!?次亜塩素酸水って一体何?

冬になると心配なノロやインフルエンザ。幼稚園や小学校でいつもらってくるかとヒヤヒヤしますよね。そんな嫌な病気…

myia / 2694 view

ぶりかえす赤ちゃんのあせも…対策法や対処法について解説!

かゆくて痛くてつらそうな赤ちゃんのあせも、何とかしてあげたいと悩むママも多いのではないでしょうか。あせもとは…

tujico / 498 view

出産前に考えたい!女性の保険を見直した方が良い理由

自分の保険ってどうされてますか。女性は妊娠、出産となると病院に通う事も増えてきますよね。でも「出産で保険金は…

ピロ子 / 443 view

下半身太りの原因・理由は?あなたに合ったダイエットがこれでわかる!

ダイエットでもなかなか痩せない下半身太りで悩んでいませんか? 上半身に比べて下半身はすぐに太るし、なかなか…

アイダ / 719 view

妊娠への影響は?実は女性にとって身近な病気「子宮筋腫」とは?

子宮筋腫という病名は、よく耳にしますが、どのようなものかよく知らない人、意外と多いのではないでしょうか。実は…

tikatika / 1056 view

ママはストレスが溜まりがち…発散させよう!ストレス解消法50選

何かと忙しいママは、ストレスが溜まりがちですよね!ストレスは万病の元とも言われているので、上手に発散したいと…

ヤギヤギコ / 789 view

腸は第二の【脳】だった!気を付けるべき腸の病気とは?

脳と腸は互いに密接に関わりがあり、【第二の脳】とも呼ばれるほど。腸は人の身体の中で最大の免疫組織であるといわ…

tokakko / 1410 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック