あんなにカッコ良かったパパはもういない。。。

日本人男性の4割は薄毛に悩んでいる!

日本人男性の4割は薄毛に悩んでいる!

薄毛に悩む男性は、日本人男性の4割を占めていることを御存知でしょうか?
そんなにたくさんいるのですから、パパが薄毛に悩んでいたとしても全くおかしなことではありません。
しかしママからすると、結婚当時あんなにカッコ良かったパパが激変!なんて衝撃を受けることもあることでしょう。。。

脱毛・薄毛を自覚している人に、何歳ぐらいから薄毛、脱毛について気になるようになったか聞いたところ、男性は「30代までに」と回答した人が60%、「20代までに」も33%となっており、早い時期から自覚していることが分かった。

生活習慣の乱れにより、薄毛に悩む人の割合が増加傾向にあります。

薄毛の原因は様々

男性の薄毛の原因とされているのは、
・血行不良
・男性ホルモンの大量分泌
・脂性
・頭皮が緊張状態に陥る
・ストレス
・生活習慣の乱れ
・遺伝
などです。

結論を最初に言ってしまえば、体に良い生活をすることが、髪にも良い生活となるのでしょう。

血液循環不良説:髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長します。血流が悪くなると成長が鈍り、髪の毛は抜けやすくなります。

血液循環を良くするには、マッサージが一番効果的です。

男性ホルモン(テストステロン)は髭や体毛などの成長を促進するが、頭髪にとっては逆で、毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛母細胞を萎縮させ、髪の成長を妨げる。

薄毛対策を試みる期間は、性生活を控えてみるのも良いそうです。

バランスの悪い食生活、例えば肉類や油ものの摂りすぎも薄毛・抜け毛の原因だといわれています。
髪を健康に保つためには、良質のたんぱく質や、ビタミン、ミネラルが欠かせません。

食生活の改善は基本です!

昼に受けた髪や皮膚のダメージは、寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されるので、睡眠不足は髪にも良くありません。

毎日なるべく、しっかりと寝るようにしましょう。

薄毛対策に期待が持てる5つのテクニック!

これからご紹介する方法は、薄毛対策に期待がもてると言われています。

テクニック1.皮膚科へ受診

頭皮の悩みで受診する診療科は、意外と皮膚科のようです。
皮膚科へ行くと、専用の薬を処方してもらえます。
飲み薬の場合であれば、主に男性ホルモンの分泌を抑制する効果があることでしょう。
薬を服用中は、男性ホルモンが抑制されることにより、少し太りやすくなる人もいるようです。

市販で購入することはやめましょう!

市販で購入することはやめましょう!

皮膚科で処方してもらうと、保険適用外で大変高額な費用の支払いを求められることもあるそうです。
しかし薬なのですから、100%副作用が無いわけではありませんし、内蔵の悪い人は服用できない場合もあります。
またあまりに長く使用しすぎると、逆に今度は副作用により脱毛してしまうこともあるそうです。
効果を期待しすぎるあまりに大量摂取も危険です。
医師に相談したうえで、適切な薬を処方してもらい、決められた使用期間を必ず守るようにしましょう。

テクニック2.頭皮を乾燥させない!

毛穴の詰まりは発毛を抑制します。

毛穴の詰まりは発毛を抑制します。

頭皮に油分がたまってしまうと、毛穴は塞がり毛は生えることができません。
それだけではなく栄養も行き届かなくなり、痩せ細ってしまいます。
こうなると大変髪の毛は、抜けやすくなってしまいます。
そこで頭皮を綺麗に洗うことも大切です。

【薬用シャンプー&薬用パックコンディショナー】 スカルプD オイリーセット [脂性肌用]

7,100円

薄毛に悩む芸人の方たちが実際に使用したところ、薄毛対策に期待が持てたと有名なスカルプDシャンプーです。
現在百貨店や家電量販店など、幅広く取扱われている商品です。
頭皮に保湿を

頭皮に保湿を

洗浄力を求めすぎて油分を綺麗に取り除いてしまう、洗浄力の強いシャンプを使用してしまうことで、頭皮は乾燥してしまい更に油分の分泌が盛んになります。
そこで頭皮に悪影響と思わずに、頭皮の洗浄を行なった後は、保湿成分のあるリンスやトリートメントで保湿を行ない、綺麗に洗い流しましょう。

顔の乾燥も要注意!

顔の乾燥も要注意!

顔が乾燥していても、頭皮は乾燥を招くと言われています。
というのも顔と、頭は一枚の皮で繋がっているから!
そこで簡単に顔の保湿も行なっておきましょう。

肌研(ハダラボ) 極潤 ヒアルロン液 170mL

749円

男性のリピーターが多いのは、この化粧水です。
肌がつっぱらないことで人気が高く、髭剃り後の保湿化粧水としても使用されています。


関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

入院のお見舞い何にしよう?喜んでもらえる品物5選

友人や親戚が入院!そんな時、すぐにでもお見舞いに行って元気づけてあげたいですよね。でも、持っていくものってど…

myia / 5815 view

「水がしみて痛い・・・」冬場のあかぎれ対策ちゃんとしてる?

冬場のトラブルとして多くの人が悩んでいるのがあかぎれです。 このようなトラブルを解消したいと考えている人は…

Jpssie58 / 4177 view

今日から実践!マイナス3㎏ならすぐに痩せられる『塩抜きダイエット』

女性ファッション誌で話題の塩抜きダイエット! 簡単なのに効果が高いことで、大人気のダイエット方法です。

HF-LIFE / 6152 view

働くママが気を付けたい保育園でもらいやすい子供の病気

働くママ達にとって保育園や幼稚園は必要不可欠ですが、流行の病気が移りやすいのも気がかりな点ですよね。保育園な…

ReilyLady / 7228 view

幼少期こそ重症化しやすい【マイコプラズマ肺炎】の症状とは?

マイコプラズマ肺炎は、幼少期や学童期が最も症状を悪化させやすい時期だと言われています。 風邪がなかなか治らな…

HF-LIFE / 6018 view

多くの方が悩んでいる花粉症の症状!おすすめの市販薬5選

花粉が飛ぶ季節になると、鼻水や鼻づまり・くしゃみなどの症状に悩まされる方は多いのではないでしょうか?今回はそ…

kaeru_5 / 4009 view

女性必見!見落とすと命の危険も…気付かれにくい腎盂腎炎の症状

あまり耳にすることがない「腎盂腎炎(じんうじんえん)」。膀胱炎と似ていますが発見が遅れると大変危険な病気です…

makowork / 5204 view

経産婦のママこそ気をつけたい子宮筋腫、漢方は使えるの?

子宮筋腫は良く聞く病名でも、まさか自分がと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は東洋医学の漢方が子宮…

ReilyLady / 4316 view

ダイエットの停滞期を乗り切れ!健康に痩せるために注意すること

ダイエットをしていると「停滞期」がすぐきちゃう人いませんか?どうしたらいいのでしょう。もっとストイックにダイ…

ひらり / 2756 view

子供にもうつるマイコプラズマ肺炎の症状と治療法を知ろう

マイコプラズマ肺炎は自然治癒も可能ではありますが、重症化するケースもありますので、なるべく病院へ受診しましょ…

さんにんのまま / 5411 view

HF-LIFE

ハッピーファミリーライフをキーワードに、家族が幸せに過ごせる情報を届けていきます。
よろしくお願いします(^-^)

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック