ペットは可愛いですが、時に気をつけなくてはいけない場合もあります。特に猫を飼っている人が妊娠している時は特に注意が必要になります。自分自身が猫を飼っていなくても、実家に里帰り出産をするママ達の実家で猫を飼っているケースもありますよね。

今回は、妊娠期間中に気をつけたいことの一つとして、猫から感染してしまう可能性のある病気について、どんな病気なのか、どうやって感染するのか、どうやって気をつけたらいいのか調べました。

妊娠中や赤ちゃんは気をつけたいトキソプラズマ

トキソプラズマ感染症という病名を聞いたことがありますか?トキソプラズマというのは極小さな寄生虫で、猫から人に感染する可能性のあるものです。

トキソプラズマは世界の人口の約3分の1が感染していると言われている病気で、見過ごされていることも多いのが事実です。

トキソプラズマはどんな病気?

トキソプラズマに感染すると風邪のような症状が出たり、中には表立った症状が出ない人もいます。健康な大人が感染されても、そう心配はいらないのですが、トキソプラズマに感染されたことのない方が妊娠して初めて感染すると気をつけなければいけません。

妊娠期間中にトキソプラズマに感染してしまうと、流産の可能性が高まったり、最悪の場合、胎児が『先天性トキソプラズマ症』になってしまうこともあります。先天性トキソプラズマ症になってしまうと、運動機能に障害が出てしまったり、低体重での出生、水頭症になってしまうケースもあります。

では、トキソプラズマの感染経路はどこからなのでしょうか。

何から感染するの?

トキソプラズマの感染源は、感染している猫の糞から感染します。飼い猫がトキソプラズマに感染していた場合に、糞の処理した後、念入りに手を洗わないと、トキソプラズマの卵が付着したままとなってしまい、食事や生活行動の中で口から体内に取り込んでしまうことになります。

他には、生肉からも感染する可能性もあるので、馬刺しや鳥刺し、生ハムなども注意が必要です。妊娠期間中は生物を控えていると思うので、生肉に関しては、感染経路になりにくいと思いますが、こうしたところも感染経路になるということを頭に置いておきましょう。

どう気をつけたらいいの?

妊娠期間中に猫を触ること自体が危険な訳ではなく、糞が感染源のため、猫を飼っている場合は糞の処理は、他の家族に任せるようにしましょう。
やむなく自分で処理をしなければいけない場合は、マスクをして手袋をしてから処理をして、処理した後は念入りに手洗いうがいをするようにしましょう。

また、猫が外出しないように、室内から出さないように気をつけましょう。生肉を食べさせないようにすることも大切です。猫自体がトキソプラズマに感染しなければ、人への感染リクスもグンと減るので、猫の管理をすることも大切です。

また、妊娠前にすでにトキソプラズマに感染したことがある方は、抗体ができているので、改めて感染症になることはありません。抗体があるかどうかは、産婦人科で検査を受けることができるので、かかりつけの病院で相談してみてくださいね。

もし感染してしまったらどうしたらいいの?



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

B型肝炎になってしまったら?給付金を受給するためにすべきこと

昭和23~63年の間に、予防接種を受けてB型肝炎になってしまった世代も、今や母親になっている可能性が高い年齢…

ReilyLady / 1012 view

急な子どもの病気、病院に連れて行くか悩んだ時のチェック診断

熱はあるのに元気。なんだか少し元気がない気がする。具合が悪そうだけど病院に連れて行くべき?急な子どもの病気は…

ReilyLady / 1558 view

腹痛や吐き気、生理中のつらい症状…それって月経困難症かも?

毎月毎月、生理が本当にきつい…。腹痛、腰痛などの体調不良、それって月経困難症かも?心当たりがあったら、原因と…

tujico / 1417 view

【痒い・痛い・赤い】もうイヤ!足のカミソリ負けを防ぐには?

ムダ毛を自己処理している人の多くは、カミソリ負けに悩んでいることでしょう。 痛みや痒み、赤くなった肌はなかな…

Qualion38 / 355 view

産後ダイエットにオススメ!赤ちゃんとできるヨガポーズ

産後なかなか体重は戻らないし、ダイエットをしたいけど、赤ちゃんがいるとなかなか運動する時間もとれないですよね…

sumomomama / 2251 view

鼻づまり×咳でこどもが苦しそう!自宅で簡単にできる対処法5選

鼻づまりと咳により、こどもが上手く息ができているか心配・・・。夜中は特にこの様な症状がひどくなる時間帯です!…

HF-LIFE / 3111 view

子どもの肌を守りたい!自宅でできる簡単虫よけスプレーの作り方

子どもの肌に安心安全な虫よけスプレー。作り方をご紹介します。とても簡単なので、家庭の常備薬となるかもしれませ…

サクマメグム / 1083 view

B型肝炎のワクチンが定期接種になったことをご存知ですか?

今まで任意接種だったB型肝炎ワクチンが、平成28年10月1日から定期接種となりました。ご存知でしたか?今回は…

kaeru_5 / 1238 view

熱性痙攣(けいれん)で抑えておくべき対処法!

乳幼児が引き起こしやすい熱性痙攣。突然の発作を目の当たりにすると、「もしかして死んじゃうかも!」と驚いてしま…

さくらしまこ / 9339 view

【おもちが喉につまった!】正しい応急処置法を学んで万が一に備えよう

お正月になるとなんとなく食べたくなるおもち。余ったおもちをダラダラと食べ続ける冬の間は喉につまらせないように…

nana2boys / 3520 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック