◎中耳炎とは

←中耳の部分に膿がたまり痛みます。

カゼをきっかけに、鼓膜の奥に菌が入り、うみがたまる中耳炎。

耳を外から見ると、一番奥に鼓膜。鼓膜の奥は部屋があります(下の図の、青い点線)。
この部屋を中耳(ちゅうじ)といい、ここにうみがたまるのが中耳炎です。

鼓膜の内側にある中耳と呼ばれる小さな空間に、細菌やウイルスなどで炎症が起こり、圧がかかることで痛くなります。熱が出ることもあります。カゼの途中で中耳炎を合併すると熱がなかなか下がらないことがあります。

うみが耳からでてきて耳だれになることもあります。

鼻を両方同時に思いっきりかむと、
高所にいったときのように耳がキーンとなることがありますが
これを繰り返してしまうことで耳へ菌が入ってしまい中耳炎になることも。
鼻をかむときは
やさしく片方ずつかむようにして、子どもにもそう教えてあげましょう。

◎中耳炎の見分け方

激痛になると大泣きすることも。

炎症があれば痛みを感じるようになりますが、これに加えて腫れなどの原因で耳管の通りが悪くなると、圧がかかり、鼓膜が押されることで激痛になってきます。

風邪を引いているな〜と思ったら耳を痛がりだした、としたら中耳炎の可能が高いです。
言葉にできない赤ちゃんが風邪気味で不機嫌そうに泣き止まないときには
中耳炎を疑って病院を受診することをおすすめします。

◎子どもがなりやすい理由

1歳までに、ほとんどみんな、一度は中耳炎になります(気づかない場合もあり)。
小学校に入るまでは、カゼをひくたびにかかるというくらい、しょっちゅう中耳炎になります。
しかし、10歳を過ぎるとあまりならなくなります。
耳と鼻をつないでいる耳管という管が、大人と比較して太く、短く、傾斜もなだらかなため、鼻やのどの影響を受けやすく、またウイルスや細菌が中耳に入りやすいためです。

うまく言葉にできない分、痛がる子どもの相手は心配も倍増します。
早めに病院へ連れて行ってあげましょう。

◎小児科?耳鼻科?

子供が風邪をひいて、中耳炎になってしまいました。小児科又は、耳鼻咽喉科のどちらを受診した方がよろしいでしょうか?

中耳炎は、細菌が鼻から耳に入り込んで炎症が起こります。子供はかぜをひくと中耳炎にかかりやすく、治療せずに放置していると慢性中耳炎や滲出性中耳炎に移行することもあります。当院は、かぜやインフルエンザの治療もおこなっています。まずは耳鼻咽喉科を受診してください。

耳を痛がるなら、専門医である耳鼻科に行くのがベストだといえます。

まずはかかりつけ医である小児科へ、と思いがちですが
「中耳炎の疑いがあるから耳鼻科へ行ってください」
と二度手間になってしまうことも。

痛がる子どもを連れて病院をハシゴはしたくありません。

小児科で薬を処方してくれることもありますが、
耳鼻科でしっかり検査をして適切な治療をしてもらったほうが
治りが早いケースもあります。

◎中耳炎の治療方法



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

授乳中のママ必見!産後ダイエットで気を付けたい食事

産後ダイエットで、とにかく早く体型を戻したいと思うあまり、食事制限をしてしまう方もいらっしゃいますが、食事制…

ReilyLady / 5065 view

もう悩まない!薄毛対策に期待が持てる5つのテクニック!

年々進行するパパの薄毛は、多くの男性が抱える悩みです。しかし薄毛対策に期待が持てる方法だってあるのです。そこ…

HF-LIFE / 6804 view

生理周期が短いのには理由がある。その原因をつきとめよう。

生理の時期になると女性は憂鬱な日々を過ごすことになります。生理痛が酷かったり出血が多いなど、様々な症状があり…

ほのりかこう / 4218 view

ママが倒れたら一大事!普段から病気を予防する健康食品

ママが倒れたら家の中が大変なことに、、なんて、一度は体験したことがあるのではないでしょうか?ママが健康でいる…

ReilyLady / 3809 view

【おもちが喉につまった!】正しい応急処置法を学んで万が一に備えよう

お正月になるとなんとなく食べたくなるおもち。余ったおもちをダラダラと食べ続ける冬の間は喉につまらせないように…

nana2boys / 6024 view

【レコーディングダイエット】記録するだけ?ホントに効果ある?

「食べたものを記録していく。」というレコーディングダイエット。自分の食生活をハッキリ自覚するというのがポイン…

ひらり / 2358 view

子宮頸がんの検査は怖くない!当日の流れと検査方法を解説

女性が絶対に受けたほうがいいという子宮頸がんの検診、実際にどんな検査をするの?痛みはあるの?子宮頸がんの検診…

tujico / 4464 view

最近便秘気味なママのために、すぐに試して欲しい解消方法

つらい便秘の症状は、腹痛だけじゃなくて、肌荒れや、自律神経にも関わってきます。出来るだけ早く解消したいですよ…

ReilyLady / 2340 view

子供のために知っておきたいB型肝炎とワクチンのこと

平成28年10月1日から、定期接種になったB型肝炎ワクチン。よく耳にするけれど、詳しくは知らないB型肝炎とい…

tikatika / 3411 view

鼻づまり×咳でこどもが苦しそう!自宅で簡単にできる対処法5選

鼻づまりと咳により、こどもが上手く息ができているか心配・・・。夜中は特にこの様な症状がひどくなる時間帯です!…

HF-LIFE / 4590 view

nana2boys

プロフィールの閲覧ありがとうございます!
2011・2013年生まれの2男児の育児に
日々追われるママです。
大学で乳幼児発達を専攻していたので
幼稚園教諭と保育士免許を持っています。
卒業後は幼稚園や保育園と企業のいいものをつなげる
お手伝いのようなお仕事をしていました。
子どもと楽しく、ママやパパがストレスを溜めずに
過ごせるような情報をまとめていきたいと思います♪
育児は十人十色、色々な方法や技を試して
それぞれのご家庭の「我が家の法則」を作っていく
サポートになれば嬉しいです!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック