なぜ足が荒れやすいの?カミソリ負けの原因

毛の流れにそって剃らないとカミソリ負けの原因になってしまいます。

その他にも、肌が敏感になっている季節の変わり目や、カミソリの歯が錆びているなんてことも。

実は金属アレルギーでカミソリの歯に負けて、かぶれてしまっていたということもあります。
バリア機能が低下すると、細菌感染やアレルゲンで、
気が狂いそうなくらいの痒みに襲われるんです。

カミソリの刃は、毛と一緒に角質まで取り除いてしまいます。
肌が乾燥していたり、コンディションが悪かったりすると、炎症を起こしやすくなります。
また、カミソリの刃が古い、不潔といったことから雑菌が繁殖することも。
なるべく肌にダメージを与えずに、清潔に保つことが大切です。

剃り方も大切!なるべく肌にダメージを与えない方法

剃り方を間違えてしまうと、肌に大きなダメージを与えてしまい、カミソリ負けを起こしてしまいます。
肌に負担を与えない剃り方をマスターしておきましょう。

基本的な剃り方

1・毛を剃る前は、温水をかけて蒸しタオルで肌を温める
2・毛の流れに沿って一気に剃る
3・清潔でよく切れるカミソリを使う
4・力を入れ過ぎない
5・何度も同じところは肌の角質を傷つけるから剃らない
お風呂の中で一緒に処理する方が多いのですが、これは絶対にNGです。
肌が濡れた状態のまま処理することで皮膚の必要な角質まで一緒に削ってしまい、肌が弱くなってしまいます。
石鹸やボディソープを塗って滑りを良くする行為はもっと肌に負担をかけてしまいます。

肌に何もつけない状態で剃ると負担がかかってしまうので、必ずクリームを塗ってから剃りましょう。
クリームは、シェービング専用の方がカミソリに詰まりにくくなっているので良いでしょう。

カミソリの刃を清潔に保つ

剃りにくいカミソリを使っていてはカミソリ負けを起こします。刃をこまめに取り換えましょう。しかもお風呂場に置いておくと、さびやすく雑菌が繁殖しやすい環境です。使ったあとは、しっかり乾かすようにしましょう。

これらを意識することで、肌へのダメージは最小限に抑えられます。
剃り方や剃る環境、刃の手入れなどをしっかりとチェックしてからムダ毛処理をしましょう。

剃った後はかならずアフターケアをする

カミソリ負けは肌の乾燥や刺激によるものが主な原因です。
剃った後はしっかりと保湿をしてあげることで、肌のバリア機能を整えることができます。

カミソリ負けを防ぐために欠かせないのがアフターケアです。
カミソリを使った後の肌は多かれ少なかれ角質層が傷ついています。角質層を整えるためには、水分だけでなく水分を保持する「保湿成分」を与えることが大切です。

おすすめのオイル・クリーム

オールインワンジェルとは、化粧水や乳液、美容液、化粧下地といったものの効果を、1つで全てカバーできるスキンケアコスメです。お手入れの手間が省けるアイテムとして注目度の高い商品ですが、実はその開発目的は時短ではなく、肌が弱い方のために負担の少ないスキンケア商品


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

花粉症だけじゃない!その鼻水、ハウスダストアレルギーかも?

最近よく聞くハウスダストアレルギー。一体どんなものなのか、症状から対策まで、詳しくみていきたいと思います!

myia / 2396 view

花粉症対策にはヨーグルトがおすすめ!花粉症にヨーグルトを役立てる方法5選

辛い花粉症の時期がやってきました。 ヨーグルトは、花粉症対策に期待がもてると言われています。 今年はヨーグル…

HF-LIFE / 1531 view

なぜ女性は膀胱炎になりやすいのか!?予防方法を5選紹介

「女性の5人に1人は膀胱炎に罹った経験がある」と言われているほど、多くの女性の方が膀胱炎で悩んだ経験があるの…

kaeru_5 / 686 view

排卵日把握だけじゃもったいない!基礎体温でわかる体のリズム

まるで月の満ち欠けのように変化する、女性の体調や心のリズム。基礎体温で分かることは排卵日だけではありません!…

tujico / 1151 view

寒くなる時期に気を付けたい病気が季節性うつ病!冬季うつの症状や改善方法

最近では精神疾患への理解が深まってきており、うつ病の認知度も高まっています。 しかし、季節性うつ病について…

Holder1 / 307 view

経産婦のママこそ気をつけたい子宮筋腫、漢方は使えるの?

子宮筋腫は良く聞く病名でも、まさか自分がと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は東洋医学の漢方が子宮…

ReilyLady / 642 view

【鼻かぜ?】もしかして、うちのこ花粉症!?

花粉が飛ぶと鼻がムズムズ・・・大人だけでなく子どもも辛い花粉症についてまとめます。

ikanago / 3892 view

産後ダイエットに悩む方のための太ももダイエット方法5選

妊娠期間中に図らずも太くなってしまった太もも。何とかしたいけど、時間も余裕もないし、、、産後ダイエットって何…

ReilyLady / 1271 view

インフルエンザの予防接種を“打ってはいけない”はウソ!?

毎年必ずと言っていいほど大流行をもたらす怖~い病気、インフルエンザ。その予防策としてワクチンの予防接種が推奨…

midori / 854 view

つらい咳には麦門冬湯。家族の風邪は漢方で治したい!!

寒くなってくると「ほんの少し調子が悪い」という日がありますよね。喉の痛みや咳など、軽いうちに治したい!そのよ…

サクマメグム / 2003 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック