子供のうちから歯列矯正するべき?必要性について

歯並びが悪いと虫歯や歯周病のリスクが増えます。

子供には綺麗な歯並びでいて欲しいと思う一方、歯列矯正をするべきか迷っている人も多いでしょう。

まずは、子供の歯列矯正の必要性からチェックです。

上あごの発育のスピードは生まれた頃が一番のピークで、5歳頃には成人の95%くらい発育が進むのです。

そして、8歳から10歳で発育が終わってしまうのです。なので、それまでにあごを広げる 治療を始めないと、効果がガクンと落ちてしまうのです。

今、お子さんはいくつでしょう?そう考えるとあまり時間的な余裕はないのです。
歯並びの悪さはお子さんの成長にさまざまな悪影響を及ぼします。

これらのリスクを解消するには、歯列矯正がおすすめです。

歯列矯正に適した時期は思春期よりも少し前なので、お子さんの歯並びが思春期のコンプレックスにならないかどうか親目線で判断することも大切です。

最近の子供は顎が小さく、歯が大きくなる傾向があります。そのため、歯が顎に収まりきらず、歯列が乱れてしまうのです。

ちなみに子供の上あごの成長は10歳くらいで終わってしまいます。それまでに歯列矯正をしておかないと、歯並びが悪くなるでしょう。

そう考えると、子供の頃から歯列矯正を行うのは必要なことだといえます。

始めるならいつ?ベストタイミングな時期と期間

歯列矯正の治療を考えている人は、タイミングについても調べておきましょう。

ベストなタイミングを逃してしまうと歯並びを整えるのが難しくなってしまいます。

小児矯正は、治療の時期を見誤ると、良い治療結果を得られないこともあるので、治療開始時期をきちんと見極めてくれるクリニックを選ぶ必要があります。

せっかくの治療も、時期を間違えると上手くいかない恐れがあるので気をつけてください。

治療を始める時期

小学校高学年になると、犬歯から小臼歯が永久歯へ生え変わります。この時期になると金属ブラケットなどの本格矯正が必要となります。

10~12歳頃の永久歯が生え揃う直前は、あごを広げたり、前に出して噛合せのバランスを整えるのに最も適した時期です。

ただしお子さんの不正咬合の状態や原因によっては、矯正開始の適期が変わってきますので、歯科医師によく相談しましょう。

顎を広げたりしてバランスを整えるのであれば、10歳から12歳前後がベストだそうです。

ただ、矯正歯科で治療の相談をするのに適しているのが6歳頃といわれています。この時期は6歳臼歯が生えてくるからです。

治療の期間

治療期間は大人に比べて長くなる傾向にあります。子どものあごの骨の成長が終わる15歳前後までは経過を観察する必要があるからです。

あご自体を矯正する骨格矯正(1期矯正)は3歳~12歳くらいまでの間に行うとよい結果を得られやすくなります。

それがすんだ子どもや、骨格矯正を必要ない子どもの歯列矯正は、10歳くらいから開始します(2期治療)。

子供の場合、治療期間は長くなりますが骨を大きく動かすことができます。

そのため、大人の矯正治療と比べると、より綺麗に歯並びを整えられるのです。

もしこんな症状があれば早めに治療を行おう

子どもの歯を見て、歯並びがおかしいと感じたらすぐに矯正歯科で相談するのが一番です。

どのような症状が該当するのか、最後にチェックしていきましょう。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

乾布摩擦の効果がすごい!健康のために始めてみませんか?

乾布摩擦には意外にたくさんの効果があること、ご存知でしょうか?簡単なのにすごい!乾布摩擦の効果を調べてみまし…

myia / 5165 view

年々子供の花粉症も増えている!つらい花粉症の予防と対策

最近、子供達の花粉症も増えているとニュースになったりしていますが、花粉症の人にとっては本当に辛い問題ですよね…

ReilyLady / 1704 view

これで花粉の季節を乗り切ろう!おすすめ花粉症対策メガネ5選

辛い花粉の季節、皆さんはどんな花粉症対策を行なっていますか?今回は花粉症対策に大変効果がある、おすすめの「花…

makowork / 1196 view

寝る時のマスクでこどもが救われる!?マスクをして寝る子は病気にかかりにくい!!

マスクをして眠る子は、病気にかかりにくいと言われています! この事実は、TVでもよく話題になっています。

HF-LIFE / 9464 view

花粉症だけじゃない!その鼻水、ハウスダストアレルギーかも?

最近よく聞くハウスダストアレルギー。一体どんなものなのか、症状から対策まで、詳しくみていきたいと思います!

myia / 3035 view

【産後ダイエット】忙しい育児中にできるダイエット5選

忙しいお母さん達のために育児中にできるダイエットについてまとめました。 無理することなく妊娠前の体型に戻せる…

reichel / 4800 view

B型肝炎になってしまったら?給付金を受給するためにすべきこと

昭和23~63年の間に、予防接種を受けてB型肝炎になってしまった世代も、今や母親になっている可能性が高い年齢…

ReilyLady / 1174 view

確定申告の医療費控除まとめ・対象など申請前に把握したいこと

人それぞれではありますが、思った以上に出費がかさむ医療費。しかし確定申告を行えば、一定の金額を超えた部分に関…

いっち / 6384 view

不正出血は危険信号!?増加傾向にある子宮ガンの症状と予防法

近年、若い女性の子宮がん罹患率は増加傾向にあります。自分には関係ないと思っていてもある日突然・・・ということ…

snowsnow / 2057 view

つらい咳には麦門冬湯。家族の風邪は漢方で治したい!!

寒くなってくると「ほんの少し調子が悪い」という日がありますよね。喉の痛みや咳など、軽いうちに治したい!そのよ…

サクマメグム / 2589 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック