子宮筋腫って何?

30歳以上の20~30%、40歳以上だと約40%の人が持っていると言われる子宮筋腫は、子宮の大部分を占める、子宮筋層にできる良性の腫瘍です。
筋肉のこぶのような塊で、数も大きさも様々。
顕微鏡を使わないとわからないようなものから、数十センチ大のものまであります。

子宮筋腫のできる位置

子宮の筋肉の層の中にできるものを「筋層内筋腫」、子宮の筋肉の外側を覆う腹膜(漿膜=しょうまく)の下にできるものを「漿膜下筋腫」、月経のときに剥がれ落ちる、子宮内膜(粘膜)の下にできるものを「粘膜下筋腫」と言います。

子宮筋腫の症状は?

子宮筋腫は自覚症状がないため、婦人科検診で見つかることが多いものです。
ただし、気が付いていないだけで、症状が表れていることもあります。

子宮筋腫の、よくある症状が過多月経。
月経の量が多いか少ないか、自分ではわかりにくいものですが、血液検査をして貧血だった場合、筋腫が影響していることもあります。

子宮筋腫のできる位置と症状の関係

「筋層内筋腫」は、小さければほとんど症状はありませんが、大きくなると過多月経の症状が出て、貧血になりがちです。

「粘膜下筋腫」は、子宮の内側に向かって、こぶが突き出すので、小さくても過多月経の症状が出やすくなります。また、筋腫の影響で、子宮内膜にただれができ、淡い黄色の水のようなおりものが増えやすくなります。

「漿膜下筋腫」は、子宮の外側に向かってできるものなので、月経に関する症状は出にくくなります。できる方向によっては、大きくなると周囲の臓器を圧迫し、腹部の膨満感、腰痛、便秘、尿のトラブル(頻尿、尿漏れ、尿が出なくなる)などの症状が出ることもあります。

子宮筋腫の原因は?

実は、子宮筋腫のはっきりとした原因は、解明されていません。
明らかになっているのは、女性ホルモンの一つである、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が増えると、筋腫が大きくなるということ。
なぜなら、子宮筋腫は、初潮を迎えていない女性には発生せず、閉経後に新たに発生したり、大きくなったりしないからです。

子宮筋腫の治療法は?

子宮筋腫が見つかっても、症状がなければ、特に治療せず、定期的に経過観察を受けることになります。

大きさなどを考慮し、体に悪影響がある場合は治療することになります。
主な治療法としては、手術、エストロゲンをコントロールする薬を用いた薬物療法があります。
さらに、子宮動脈の血管を詰まらせ、筋腫を小さくする方法や、超音波を当てて筋腫を壊死させる方法などもあります。


子宮は、妊娠・出産にかかわるものなので、妊娠を希望するかどうかによって治療法は大きく変わってきます。

子宮筋腫と妊娠・出産

子宮筋腫が不妊の原因になることもあると考えられてはいますが、経過観察中に妊娠する人はたくさんいます。
また、妊娠中の定期検診で指摘されたというケースも多く、100人の妊婦のうち、0.3~2.6人が子宮筋腫を持っていると言われています。

筋腫を持ったまま、妊娠・出産する人はめずらしくありません。

胎児への影響

妊娠初期は、胎児の成長に合わせて、子宮を大きくするために、女性ホルモンがたくさん分泌されます。

特に分泌が増える妊娠初期は、筋腫も急激に大きくなりますが、妊娠12週頃になると、子宮の周囲の筋肉のようにやわらかくなっていきます。
ですから、胎児の発育や分娩に、支障をきたすことはあまりありません。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

これで花粉の季節を乗り切ろう!おすすめ花粉症対策メガネ5選

辛い花粉の季節、皆さんはどんな花粉症対策を行なっていますか?今回は花粉症対策に大変効果がある、おすすめの「花…

makowork / 1507 view

最近便秘気味なママのために、すぐに試して欲しい解消方法

つらい便秘の症状は、腹痛だけじゃなくて、肌荒れや、自律神経にも関わってきます。出来るだけ早く解消したいですよ…

ReilyLady / 1559 view

「倒れるだけで腹筋ワンダーコア~♪」でおなじみのショップジャパンのCMが色々と攻めて…

ワンダーコアのCM、観た事ありますよね♪ この会社、ほかにも面白いCMがたくさんあるんです!

Nekozuki / 5428 view

一ヶ月チャレンジ!産後ダイエット成功法6つの基本メニュー

産後ダイエットに有効な基本のエクササイズメニューをまとめました。一ヶ月チャレンジで、目指せキレイママ!

ReilyLady / 1969 view

今年も大流行!家族で気をつけたい、溶連菌感染症について

流行中の溶連菌感染症。 症状や検査方法についてまとめてみました。

akimama / 4538 view

実は女性に多いらしい「腎盂腎炎」の原因と治療方法は?

あまり聞きなれない「腎盂腎炎」という病名ですが、膀胱炎と並ぶ「尿路感染症」の一種で、体の構造上、圧倒的に女性…

tikatika / 2791 view

1歳半健診は何をするの?何を見てるの?親が知っておくべきこと

かわいい我が子の発育状態で気になることはありませんか?1歳半健診は子供にとってもお世話するママにとっても、と…

ヤギヤギコ / 1780 view

経産婦のママこそ気をつけたい子宮筋腫、漢方は使えるの?

子宮筋腫は良く聞く病名でも、まさか自分がと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は東洋医学の漢方が子宮…

ReilyLady / 1337 view

子供の足の骨がでる!?スポーツ障害の症状と治療法を知ろう

有痛性外頸骨とは、耳慣れない言葉とは思いますが、意外と身近にあるスポーツ障害ですので紹介したいと思います。

さんにんのまま / 10122 view

時間がないママ必見!簡単産後ウエストダイエット方法5選

産後ウエスト周りが気になっているものの、時間がなくてどうしたらいいか分からないというママ達のために、自宅でで…

ReilyLady / 2682 view

tikatika

二人姉妹の母です。
自分が経験したことを発信しつつ、みなさんからいろいろなことを吸収できれば、と思っています!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック