子宮筋腫って何?

30歳以上の20~30%、40歳以上だと約40%の人が持っていると言われる子宮筋腫は、子宮の大部分を占める、子宮筋層にできる良性の腫瘍です。
筋肉のこぶのような塊で、数も大きさも様々。
顕微鏡を使わないとわからないようなものから、数十センチ大のものまであります。

子宮筋腫のできる位置

子宮の筋肉の層の中にできるものを「筋層内筋腫」、子宮の筋肉の外側を覆う腹膜(漿膜=しょうまく)の下にできるものを「漿膜下筋腫」、月経のときに剥がれ落ちる、子宮内膜(粘膜)の下にできるものを「粘膜下筋腫」と言います。

子宮筋腫の症状は?

子宮筋腫は自覚症状がないため、婦人科検診で見つかることが多いものです。
ただし、気が付いていないだけで、症状が表れていることもあります。

子宮筋腫の、よくある症状が過多月経。
月経の量が多いか少ないか、自分ではわかりにくいものですが、血液検査をして貧血だった場合、筋腫が影響していることもあります。

子宮筋腫のできる位置と症状の関係

「筋層内筋腫」は、小さければほとんど症状はありませんが、大きくなると過多月経の症状が出て、貧血になりがちです。

「粘膜下筋腫」は、子宮の内側に向かって、こぶが突き出すので、小さくても過多月経の症状が出やすくなります。また、筋腫の影響で、子宮内膜にただれができ、淡い黄色の水のようなおりものが増えやすくなります。

「漿膜下筋腫」は、子宮の外側に向かってできるものなので、月経に関する症状は出にくくなります。できる方向によっては、大きくなると周囲の臓器を圧迫し、腹部の膨満感、腰痛、便秘、尿のトラブル(頻尿、尿漏れ、尿が出なくなる)などの症状が出ることもあります。

子宮筋腫の原因は?

実は、子宮筋腫のはっきりとした原因は、解明されていません。
明らかになっているのは、女性ホルモンの一つである、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が増えると、筋腫が大きくなるということ。
なぜなら、子宮筋腫は、初潮を迎えていない女性には発生せず、閉経後に新たに発生したり、大きくなったりしないからです。

子宮筋腫の治療法は?

子宮筋腫が見つかっても、症状がなければ、特に治療せず、定期的に経過観察を受けることになります。

大きさなどを考慮し、体に悪影響がある場合は治療することになります。
主な治療法としては、手術、エストロゲンをコントロールする薬を用いた薬物療法があります。
さらに、子宮動脈の血管を詰まらせ、筋腫を小さくする方法や、超音波を当てて筋腫を壊死させる方法などもあります。


子宮は、妊娠・出産にかかわるものなので、妊娠を希望するかどうかによって治療法は大きく変わってきます。

子宮筋腫と妊娠・出産

子宮筋腫が不妊の原因になることもあると考えられてはいますが、経過観察中に妊娠する人はたくさんいます。
また、妊娠中の定期検診で指摘されたというケースも多く、100人の妊婦のうち、0.3~2.6人が子宮筋腫を持っていると言われています。

筋腫を持ったまま、妊娠・出産する人はめずらしくありません。

胎児への影響

妊娠初期は、胎児の成長に合わせて、子宮を大きくするために、女性ホルモンがたくさん分泌されます。

特に分泌が増える妊娠初期は、筋腫も急激に大きくなりますが、妊娠12週頃になると、子宮の周囲の筋肉のようにやわらかくなっていきます。
ですから、胎児の発育や分娩に、支障をきたすことはあまりありません。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

バリウム飲めるか心配…【胃ガン検診】ってどんなことするの?

胃ガン検診でどんな事をするのか実際の体験をご紹介。具体的な内容を知ると受診しやすくなりますよ!「便秘」の方は…

ひらり / 864 view

大人も要注意、咽頭結膜熱(プール熱)について注意すべき点をまとめています

咽頭結膜熱(プール熱)が学校保健法において指定伝染病と定められているのをご存知ですか。しっかりと知識を身につ…

さくらしまこ / 5881 view

【赤ちゃんの情緒と発育を豊かに】ベビーマッサージ教室で親子の絆を深めよう!

赤ちゃんとパパママ、みんなが幸せになれるメリットたっぷりなベビーマッサージをはじめてみませんか? ベビーマッ…

reichel / 2141 view

健康な身体を手に入れるために!取り入れて欲しい食品5選

毎日食べる食事にどのくらい気を遣っていますか?食べているもので作られている私たちの身体。せっかくなら健康に良…

myia / 1938 view

【花粉対策は早めがカギ】あのムズムズの季節がやってくる!その前にできる対策法まとめ

鼻はムズムズ・ズルズル、涙はポロポロ。花粉症にとってイヤァな季節がまたやってきます。実は花粉症対策は、その時…

nana2boys / 1786 view

排卵日把握だけじゃもったいない!基礎体温でわかる体のリズム

まるで月の満ち欠けのように変化する、女性の体調や心のリズム。基礎体温で分かることは排卵日だけではありません!…

tujico / 1001 view

子供のために知っておきたいB型肝炎とワクチンのこと

平成28年10月1日から、定期接種になったB型肝炎ワクチン。よく耳にするけれど、詳しくは知らないB型肝炎とい…

tikatika / 1042 view

水仕事で手に水虫が。『酢』の力を借りると対策がとれる!?

結婚をすると水仕事が増えます。 その為、ひび割れや手水虫など、手の悩みがつきないようになることも。 特に水虫…

HF-LIFE / 3841 view

自分にあったダイエット法を見つけよう!巷で噂のダイエット5選!

テレビや雑誌などで紹介されている、さまざまなダイエット法。 そのなかで自分にあったダイエット法を見つけて、実…

よしだ あき / 1453 view

ギクッ!と来てしまったらもう遅い!!どうしてなるのパパのぎっくり腰??

パパのぎっくり腰! これって突然襲いくる恐怖です・・・。 なかなか完治してくれないので、予防できるなら予防し…

HF-LIFE / 2783 view

tikatika

二人姉妹の母です。
自分が経験したことを発信しつつ、みなさんからいろいろなことを吸収できれば、と思っています!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック