子宮筋腫って何?

30歳以上の20~30%、40歳以上だと約40%の人が持っていると言われる子宮筋腫は、子宮の大部分を占める、子宮筋層にできる良性の腫瘍です。
筋肉のこぶのような塊で、数も大きさも様々。
顕微鏡を使わないとわからないようなものから、数十センチ大のものまであります。

子宮筋腫のできる位置

子宮の筋肉の層の中にできるものを「筋層内筋腫」、子宮の筋肉の外側を覆う腹膜(漿膜=しょうまく)の下にできるものを「漿膜下筋腫」、月経のときに剥がれ落ちる、子宮内膜(粘膜)の下にできるものを「粘膜下筋腫」と言います。

子宮筋腫の症状は?

子宮筋腫は自覚症状がないため、婦人科検診で見つかることが多いものです。
ただし、気が付いていないだけで、症状が表れていることもあります。

子宮筋腫の、よくある症状が過多月経。
月経の量が多いか少ないか、自分ではわかりにくいものですが、血液検査をして貧血だった場合、筋腫が影響していることもあります。

子宮筋腫のできる位置と症状の関係

「筋層内筋腫」は、小さければほとんど症状はありませんが、大きくなると過多月経の症状が出て、貧血になりがちです。

「粘膜下筋腫」は、子宮の内側に向かって、こぶが突き出すので、小さくても過多月経の症状が出やすくなります。また、筋腫の影響で、子宮内膜にただれができ、淡い黄色の水のようなおりものが増えやすくなります。

「漿膜下筋腫」は、子宮の外側に向かってできるものなので、月経に関する症状は出にくくなります。できる方向によっては、大きくなると周囲の臓器を圧迫し、腹部の膨満感、腰痛、便秘、尿のトラブル(頻尿、尿漏れ、尿が出なくなる)などの症状が出ることもあります。

子宮筋腫の原因は?

実は、子宮筋腫のはっきりとした原因は、解明されていません。
明らかになっているのは、女性ホルモンの一つである、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が増えると、筋腫が大きくなるということ。
なぜなら、子宮筋腫は、初潮を迎えていない女性には発生せず、閉経後に新たに発生したり、大きくなったりしないからです。

子宮筋腫の治療法は?

子宮筋腫が見つかっても、症状がなければ、特に治療せず、定期的に経過観察を受けることになります。

大きさなどを考慮し、体に悪影響がある場合は治療することになります。
主な治療法としては、手術、エストロゲンをコントロールする薬を用いた薬物療法があります。
さらに、子宮動脈の血管を詰まらせ、筋腫を小さくする方法や、超音波を当てて筋腫を壊死させる方法などもあります。


子宮は、妊娠・出産にかかわるものなので、妊娠を希望するかどうかによって治療法は大きく変わってきます。

子宮筋腫と妊娠・出産

子宮筋腫が不妊の原因になることもあると考えられてはいますが、経過観察中に妊娠する人はたくさんいます。
また、妊娠中の定期検診で指摘されたというケースも多く、100人の妊婦のうち、0.3~2.6人が子宮筋腫を持っていると言われています。

筋腫を持ったまま、妊娠・出産する人はめずらしくありません。

胎児への影響

妊娠初期は、胎児の成長に合わせて、子宮を大きくするために、女性ホルモンがたくさん分泌されます。

特に分泌が増える妊娠初期は、筋腫も急激に大きくなりますが、妊娠12週頃になると、子宮の周囲の筋肉のようにやわらかくなっていきます。
ですから、胎児の発育や分娩に、支障をきたすことはあまりありません。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

確定申告の医療費控除まとめ・対象など申請前に把握したいこと

人それぞれではありますが、思った以上に出費がかさむ医療費。しかし確定申告を行えば、一定の金額を超えた部分に関…

いっち / 2539 view

ノロなどの病気を予防できる!?次亜塩素酸水って一体何?

冬になると心配なノロやインフルエンザ。幼稚園や小学校でいつもらってくるかとヒヤヒヤしますよね。そんな嫌な病気…

myia / 848 view

女性に多い?!身近な病気【膀胱炎】の原因と症状、治し方

突然下腹部に激痛が…病院に行ったら膀胱炎だった、なんて経験がある方ももしかしたらいるかもしれません。意外と身…

tokakko / 1096 view

産後に乳首や乳輪が黒ずんでしまう原因と改善方法

出産後にふとした時、自分の乳首の色の濃くなったという女性も少なくないと思います。そんな乳首が黒くなってします…

kurumi200001 / 202 view

現在流行している『手足口病』情報まとめ

こどもが無数の発疹に悩まされ病院へ行くと、手足口病の患者ばかりでした。 現在大流行していると言うことで、この…

HF-LIFE / 3593 view

自分の体をきちんと知ろう!正常な生理周期と排卵の関係!

女性にとっての生理はとっても大切なものなんです。正常な生理を知ることで、病気の予防ができたり、自分の体のバロ…

ヤギヤギコ / 191 view

目元シミの原因は?予防・対策で注意すべき9つのこと

顔のパーツで最も印象に残る目元。そのまわりにあるシミは、どっと見た目年齢を高めてしまいますよね。 目元のシ…

サワタリミヤコ / 71 view

膀胱炎の症状はどんなもの?女性がかかりやすいって本当?

膀胱炎の症状や、かかる原因とは?女性がかかりやすいのはどうして?かかってしまったら何科を受診すればいいの?女…

tujico / 194 view

飲み物でスッキリ!女性にオススメ便秘解消ドリンク5選

若い女性は男性の約5倍便秘になりやすいと言われています。そんな便秘を解消するには摂取する水分の見直しが必要不…

makowork / 244 view

時間がないママ必見!簡単産後ウエストダイエット方法5選

産後ウエスト周りが気になっているものの、時間がなくてどうしたらいいか分からないというママ達のために、自宅でで…

ReilyLady / 474 view

tikatika

二人姉妹の母です。
自分が経験したことを発信しつつ、みなさんからいろいろなことを吸収できれば、と思っています!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック