膀胱炎ってどんな病気?

膀胱炎はその病名の通り、尿をためる臓器である膀胱の粘膜が炎症を起こしてしまっている病気で、大体の原因は細菌感染といわれています。急にトイレの回数が増えたり、おしっこを出すときに痛みが生じたり、おしっこの色が白濁してしまうのが急性膀胱炎の特徴的な症状です。発熱はありません。

膀胱炎になってしまったら、どうしたら良い?

症状が軽い場合は自宅で水分をたくさん摂って、おしっこの量を増やすようにし、様子を見ても良いかも知れません。しかし、病気が悪化してしまうと腎臓にまで炎症が広がってしまう可能性もありますので、やはり内科もしくは婦人科や泌尿器科を受診するようにしましょう。

病院では「いつからどんな症状があるのか」といった問診や尿検査で診断がつきます。大腸菌が原因で膀胱炎になる方が多いので、大体は大腸菌に効果のある抗菌薬が処方されるかと思います。そして早ければ1~2日で症状は軽快し、5日程度で治癒します。

もし、大腸菌に効果のある抗菌薬では治癒しなかった場合、他の原因菌である可能性が高いので、尿細菌の培養検査で細菌の種類を特定し、その菌に効果のある抗菌薬が再度処方されることとなります。この場合でもトータルで2週間ほどで治癒が見込めます。

なぜ女性の方が膀胱炎になりやすいの?

女性が男性と比べて膀胱炎になりやすい最大の原因は2つあります。それでは、一緒に学んでいきましょう!

原因1:尿道の長さの違い

女性の尿道は約4~5cm、男性は約20cmと言われています。女性の尿道の長さは男性と比べると約3分の1ほどしかないので膀胱に菌が侵入しやすいのです。

原因2:肛門と尿道口の距離の違い

先ほどにも述べましたが、膀胱炎の原因菌で1番多いのが大腸菌なのです。女性は男性と比べて尿道口が肛門に近いので、どうしても菌が尿道に侵入しやすくなってしまうのです。

その他の原因は?

もともと膀胱の粘膜には細菌に対する防御力が備わっていますので、大腸菌が侵入したとしてもすぐに膀胱炎になってしまう訳ではありません。

しかし、トイレを長時間我慢していて膀胱が伸びきっていたり、冷えが原因で膀胱へ流れている血液の量が減少することで、防御力が極端に低下してしまうのです。また、女性はホルモンバランスの関係で免疫力が低下してしまうこともあり、これらの様々な原因がからまりあって女性は膀胱炎にかかりやすい状態になるのです。

予防方法5選

膀胱炎は再発しやすく、繰り返すと「慢性膀胱炎」になってしまうこともあります。慢性化してしまうと治療期間ものびてしまいますので、生活習慣を見直すことも大切となってきます。では、次に膀胱炎の予防方法について一緒に学んでいきましょう!

1、トイレをなるべく我慢しない

仕事をしている人は難しいかも知れませんが、なるべく尿意を感じたらすぐにトイレに行くようにしましょう。

2、下着を清潔に保つ

清潔な下着を着用し、パンティライナーを使用するなどをして清潔状態を保てるようにしましょう。トイレのウォシュレットなども効果的なのですが、必要以上に洗い流してしまうと膣の粘膜の自浄作用を低下させてしまう可能性もあり、今度は婦人科系の病気のリスクが高まりますので注意してください。

そして、生理中はなるべく3~4時間で生理用品の交換を行うようにしましょう。細菌を侵入させないだけでなく、増殖させないということもポイントとなってきます。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

これで花粉の季節を乗り切ろう!おすすめ花粉症対策メガネ5選

辛い花粉の季節、皆さんはどんな花粉症対策を行なっていますか?今回は花粉症対策に大変効果がある、おすすめの「花…

makowork / 1799 view

ママたち知っていますか?意外と多い腎盂腎炎。膀胱炎との違いは

腎盂腎炎という病気を知っていますか?実は2〜30代の女性に多い病気なのです。妊娠している女性もかかりやすいも…

ReilyLady / 2014 view

花粉症対策にはヨーグルトがおすすめ!花粉症にヨーグルトを役立てる方法5選

辛い花粉症の時期がやってきました。 ヨーグルトは、花粉症対策に期待がもてると言われています。 今年はヨーグル…

HF-LIFE / 2598 view

目元シミの原因は?予防・対策で注意すべき9つのこと

顔のパーツで最も印象に残る目元。そのまわりにあるシミは、どっと見た目年齢を高めてしまいますよね。 目元のシ…

サワタリミヤコ / 3023 view

ヨガの効果や魅力って?産後ダイエットにもおすすめな理由!

海外セレブや芸能人など、綺麗な人がやっているイメージが高いヨガ。美容やダイエット効果が高く、産後のリカバリー…

tujico / 1991 view

【寒くなってきたらご用心!】中耳炎になったときの対処法

耳の中が突然痛くなる中耳炎。くせになると風邪を引くたびになってしまうことも。まだ言葉を上手に話せない小さな赤…

nana2boys / 5152 view

パパ臭いなんて言わせない!!パパの加齢臭軽減に役立つ5つの対策

30歳を超えたあたりから、勢いを増して臭い始める加齢臭・・・。 パパの悩みの種では無いでしょうか? こどもに…

HF-LIFE / 4487 view

冬の【乾燥肌】がヤバい!内側から改善する食べ物って何?

冬場の乾燥肌はお化粧がうまくのらないし困りますよね。内側から乾燥を防いでくれる食べ物って何でしょう?ビタミン…

ひらり / 2471 view

【鼻かぜ?】もしかして、うちのこ花粉症!?

花粉が飛ぶと鼻がムズムズ・・・大人だけでなく子どもも辛い花粉症についてまとめます。

ikanago / 5282 view

産後ダイエットにオススメ!赤ちゃんとできるヨガポーズ

産後なかなか体重は戻らないし、ダイエットをしたいけど、赤ちゃんがいるとなかなか運動する時間もとれないですよね…

sumomomama / 3290 view

kaeru_5

3姉妹の母をしています。毎日慌ただしいけれど、とても充実した日を送っております。
頼れる人がいないため主人と二人三脚で手探り状態の子育てをしていますので、こういう子育てなどに関する情報がゲットできるサイトの存在はとてもありがたいですφ(..)メモメモ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック