子宮頸がんとは?

成人女性が2年に1度受けることを推奨されている、「子宮頸がん検診」。
自治体からの通知が来たけど、なんとなく怖くて行ったことがない、なんて人もいるかもしれません。
ですが、子宮頸がんは近年20代からの発症が増えているため、女性に身近な病気と言えるのです。
一体どのような病気なのでしょうか。

子宮頸がんは子宮がんの一種

子宮頸がんとは、子宮の入り口である頸部に発生する、子宮がんの一種です。
また、子宮体がんとは、子宮の内側の内膜に発生します。子宮がんには、この子宮頸がんと子宮体がんの2種類があります。
子宮頸がんの初期症状はないことが普通で、自分で気付くことはできません。
不正出血やおりものの異常に気がついた時には、すでにがんが進行していることが少なくありません。

子宮頸がんとヒトパピローマウイルス(HPV)

子宮頸がんにかかる原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することにあるといわれています。
HPVは性交渉によって感染し、大半の女性が一生に一度は感染しますが、通常は免疫機能によって自然治癒します。
何らかの理由によりHPVに継続的に感染することにより、子宮頸部の細胞ががん化することがあります。
性交渉の経験や、妊娠・出産経験のある女性なら、誰でもかかる可能性のある病気です。

早期発見が重要

子宮頸がんは初期症状がないため、自覚することはありません。
早期に発見するには、定期的に健診を受けるほかありません。
子宮頸がんは、早期に発見すれば治療しやすく、予後も良くなることが多いがんです。
また、ゆっくり進行する病気のため、2年に一度の検診でよいとされています。

子宮頸がん検診の流れ

子宮頸がん検診の重要さがわかったところで、では実際にどのような検診を行うのでしょうか?
子宮頸がんの検診は、痛みはほとんどありませんし、思っていたよりもずっと楽な検査です。
検診当日にどのようなことをするのかを紹介します。

問診

問診票に、月経の周期や妊娠経験の有無、生理痛などの情報を記入していきます。
また、診察室でその問診票を見ながら、医師からの質問に答えます。

視診・内診

内診台に上がり、膣内にクスコという器具を挿入し、子宮頸部やおりものの状態などを観察します。また、医師の片手の指を膣内に挿入し、もう片方の手でお腹を押さえ、腫れなどがないか確認します。
多くの女性がここを嫌うことが多いですが、大きく息をしてリラックスして臨めば痛みはほとんどありません。
力を入れて体をこわばらせる方が辛いので、身体の力を抜いて深呼吸しましょう。

細胞診

ブラシなどで子宮頸部を軽くこすり、細胞を取ります。個人差はありますが、ほとんど痛みはありませんし、1~2分で済みます。
これで、当日の流れは修了です。検査結果は、自治体の進めているものであれば、はがきや封書で届くケースが多いです。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

大人も要注意、咽頭結膜熱(プール熱)について注意すべき点をまとめています

咽頭結膜熱(プール熱)が学校保健法において指定伝染病と定められているのをご存知ですか。しっかりと知識を身につ…

さくらしまこ / 6651 view

愛するわが子を守るために、SIDS(乳幼児突然死症候群)という病を知ろう

子供の命を急に奪う原因不明の恐ろしい病、SIDS(乳幼児突然死症候群)についてです。

reichel / 4172 view

子供にもうつるマイコプラズマ肺炎の症状と治療法を知ろう

マイコプラズマ肺炎は自然治癒も可能ではありますが、重症化するケースもありますので、なるべく病院へ受診しましょ…

さんにんのまま / 1653 view

これで花粉症の季節を乗り切ろう!自宅でできる簡単ツボ押し術

花粉が舞う季節、花粉症に悩まされる方にとって毎日が苦痛で仕方ありませんよね。今回はそんな花粉症対策の一つ、自…

makowork / 1229 view

春だけじゃない!秋冬にも多い花粉飛散情報と対策

「花粉症」は立派な病気です。春だけだと思われがちですが、花粉は年中飛んでいて、秋に発症する人も多いそうです。…

サクマメグム / 2462 view

いざという時の事考えていますか?入院費と高額医療制度について

いつも健康で怪我もなく過ごせるのが理想ですが、怪我や病気は予告なくやってきます。いざという時に困らないために…

ReilyLady / 1247 view

産後ママの悩み。膀胱炎かも?と思ったらすみやかに治療を!

産後のマイナートラブルである細菌性膀胱炎。悩んでいる方も多いですよね。悪化しないよう、家庭でもできる治療と予…

サクマメグム / 1171 view

ママたち知っていますか?意外と多い腎盂腎炎。膀胱炎との違いは

腎盂腎炎という病気を知っていますか?実は2〜30代の女性に多い病気なのです。妊娠している女性もかかりやすいも…

ReilyLady / 983 view

【子宮頸がん検診】ってどんなことする?若い女性も積極的に!

「痛い?」「恥ずかしい?」経験がないと不安になりがちですね。子宮頸がん検診を受けてみませんか?事前の知識があ…

ひらり / 1744 view

花粉症の時期にも使える!話題のマヌカハニーをご紹介

ニュージーランド生まれのマヌカハニー。栄養度が高く、殺菌効果もあるので、家族の健康のために常備するご家庭も多…

サクマメグム / 893 view

tujico

主人、娘、猫3匹と暮らすアラサー主婦です。フリーランスのライターとして活動しています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック