ほぼ一年中飛んでいる花粉!

花粉の飛散ピークは地域によって違う

春先からやって来る大量のスギ・ヒノキの花粉。
やっと落ち着いたと思ったら・・・また花粉症の症状が出てきた方いらっしゃいませんか?
花粉は1月~6月にかけて一般的に有名なスギ、ヒノキ以外にもハンノキ、シラカバなどがあります。
またそれぞれお住いの地域によってピーク時期が変わります。
意外に、真冬にも少量ながら花粉が飛んでいます。
スギ、ヒノキが飛んでいる時期に花粉症を発症する方が最も多いのではないのでしょうか。
皆さん眼鏡やマスクなど完全防備した姿をよく見かけますね。

開花時期

開花時期

これを見るとハンノキ・スギ・ヒノキは1月~6月に集中して飛散していて、イネ科は関東・関西・九州でほぼ一年中ありますね。
冬にも飛んでいるなんてびっくりです。

夏前から秋にかけて飛ぶ花粉の種類は?

そしてピークが去ったと思ったら今度は8月位からまた新たな花粉が飛散し始めます。
イネ科やブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどがその種類です。
お米もイネ科なので、稲作が盛んな地域に住んでる方は辛いですね^^;
それと麦もイネ科の仲間なので麦畑のそばにお住いの方は辛い方がいらっしゃるのではないのでしょうか。


◆ブタクサ(豚草)・・・キク科・一年草。飛散時期は8月~10月。高さ1mくらいの雌雄同株の風媒花で野原、道端など全国的に見ることができる。日本ではスギ、ヒノキについで花粉症患者が多いとされている。アメリカではこのブタクサによる花粉症の患者がいちばん多く、約5%~15%の人が悩まされているとのデータがある。
◆ヨモギ(餅草)・・・キク科・一年草。飛散時期は8月~10月。汁物、天ぷらなどの食用、薬用としてもふだんから馴染みの深い草。灸で使うもぐさは、葉の裏にある綿毛を使ったものである。夏から秋にかけて、茎が伸び、目立たない花を咲かせる。全国いたるところで見ることができる。秋の花粉症ではブタクサについで多い。
◆カナムグラ(鉄葎)・・・アサ科・一年草。飛散時期は8月~10月。道端や野原などの日あたりの良い場所などで見ることができる。雌雄異株のつる植物で茎から葉にとげがあり、木や電柱等に絡みつく。
稲穂

稲穂

稲が実って秋がきたー!って感じですよね。
田園風景はのどかで好きなのですが、これが花粉の原因だと思うと見てるだけで鼻がムズムズしてきます^^;

風邪と花粉症

そして秋の花粉症は症状が出ても風邪と勘違いして、それが花粉症とわからずにいるケースが多いです。
鼻水や鼻づまり、喉の痛みや微熱など風邪とよく似た症状が出るのも花粉症の特徴です。
忙しい毎日に追われていたら、軽い風邪の症状くらいならそのまま放置という方も多いのでは?
風邪なのに治りずらい・・・しかもこの時期毎年同じ症状・・・という方は一度耳鼻科へ行った方がいいかも知れませんね。
その際アレルギー検査も一緒にしてもらうと今後の対策もしやすくなるのでしょうか^^

春のスギ花粉の場合は花粉の粒子が大きいため鼻粘膜に留まりやすく、喉への影響は少ないとされていますが、ブタクサなどの花粉は粒子がとても細かく、気管に入るとぜんそくの原因となる危険性があります。
さらに、鼻水などの症状を放置していると、副鼻腔炎(蓄膿症)を招くなど慢性化する恐れもありますので、これらの症状がある方は早めに来院を心掛けましょう。

鼻水、鼻づまりが続くとしんどいですよね。まずは早めに病院へ行きましょう。

秋の花粉は量が少ない!?

春の花粉代表のスギ、ヒノキは飛散量も多く、その分多くの人がアレルギーの症状に悩ませれています。
しかし、秋の花粉は比較的量が少なく飛ぶ範囲も狭いと言われています。
ですが、道端に生えている草もアレルゲンとなる可能性がありスギと同様ごく身近にあります。
もし秋の花粉症をお持ちの方がいたら、できるだけそういった草むらや森林を避ける事が症状を悪化させない近道になります。
とは言え、秋は気候が良くお出かけしたくなっちゃいますよね^^;

秋はお弁当を持ってピクニックなんて方も多いのでは。
秋は気候がいいので気持ちいいですよね。

意外に多い!?秋の花粉以外のアレルギー!

実は秋は花粉以外にもアレルゲンになるものがあります。
それは「昆虫」です。
昆虫??と思う方は多いと思いますが、ダニやユスリカなどがその中に入ります。
他にもガやゴキブリなどがあり、秋は昆虫アレルゲンが最も多くなる季節になります。
死がいやフンなどが粉状になって空気中に舞い上がり、それを吸い込むことで喘息やアレルギー性鼻炎などの花粉症の症状が引き起こされます。
また、最近は気密性の高い住宅が増えたことで湿度が上がりカビが発生しやすくなったことでカビがアレルゲンとなる事もあります。
外は寒くても家の中は暖かいので冬も注意が必要です。
昆虫やカビと聞くとあまり聞き覚えがありませんが、ダニの死がいやフンなんかはアレルゲンになりやすいとよく聞きますよね。
秋はそれらも多くなる傾向にあるようです。
せめてお家の中くらいはアレルギーから解放されたいものです^^;



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

オリーブオイルが便秘に効く!便秘解消簡単オリーブオイルレシピ

今現在も頑固な便秘に悩まされ続けているなんていう方、女性では意外と多いのではないでしょうか。実はオリーブオイ…

tokakko / 4203 view

【赤ちゃんも安心】ママが使える安心のスキンケアアイテム5選

小さい子どもがいるとどうしてもおろそかになりがちなスキンケア。化粧水をつける暇もなくて気がついたら肌がガサガ…

nana2boys / 8517 view

愛するわが子を守るために、SIDS(乳幼児突然死症候群)という病を知ろう

子供の命を急に奪う原因不明の恐ろしい病、SIDS(乳幼児突然死症候群)についてです。

reichel / 5342 view

実は女性に多いらしい「腎盂腎炎」の原因と治療方法は?

あまり聞きなれない「腎盂腎炎」という病名ですが、膀胱炎と並ぶ「尿路感染症」の一種で、体の構造上、圧倒的に女性…

tikatika / 3160 view

アフリカマンゴノキが怪しすぎる!本当にダイエット効果があるのか徹底解説

ダイエット成分としてアメリカから注目され、今や日本国内においてもアフリカマンゴノキ由来成分を含むダイエット製…

奮迅婦人 / 1124 view

ゆううつな生理を少しでも快適に!つらい生理痛をやわらげる方法

ただでさえゆううつな生理を、さらにつらいものにしている生理痛。痛みや症状に個人差はあるものの、軽減できればう…

tikatika / 3172 view

知らないと怖い!クループ症候群とそのケア方法

子どもが「ケンケン」といつもと違った咳をしていたらクループ症候群を疑いましょう。急激に悪化し呼吸困難になるこ…

nana2boys / 36159 view

ついつい後回しになりがちな、パパの健康管理を考えよう!

子供の体のことは、いろいろ気がかりだけれど、パパのこととなると、ついつい後回しになりがち。しかも、肝心のパパ…

tikatika / 3009 view

飲み物でスッキリ!女性にオススメ便秘解消ドリンク5選

若い女性は男性の約5倍便秘になりやすいと言われています。そんな便秘を解消するには摂取する水分の見直しが必要不…

makowork / 2237 view

産後、体型がなかなか戻らないママ必見!豆乳ダイエットのやり方

産後なかなか体型が戻らないママたちのために、簡単にできる豆乳ダイエットの方法を紹介します。美容にも健康にも有…

ReilyLady / 1721 view

oppekeizm

二児の母をしています。
家事、育児の息抜きに楽しく為になるような記事を書いていきたいと思います^^

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック