乳首・乳輪が黒ずんでしまう原因

出産後に黒ずんでしまう原因は、1つではなくいくつかあるようです。

出産後の女性ホルモンの変化

妊娠中から出産後にかけて、女性ホルモンの分泌が活発になります。この女性ホルモンが活発になると共に、「メラノサイト」というメラニン生成組織の動きも活発になります。このメラノサイトという細胞が活発になると、メラニン沈着しやすい体の状態を作ってしまうのです。

授乳

乳首に関しては、お肌を保護する働きをもつメラニン色素が赤ちゃんの授乳に備えるために黒ずんでくるとも考えられています。また、赤ちゃんが乳首(乳頭)見つけやすいように色素が沈着するという説もあります。

乾燥

バストトップケアをしていないと乳首が乾燥をしてしまいかゆみがあらわれることがあります。
乾燥した肌に与えられた刺激はかゆみへと変わり、かいてしまうことによって更に刺激を与えることになります。

かゆいのを我慢するのは難しく、どうしてもかいてしまうため、常に刺激を与えてしまう結果となります。

乾燥⇒かゆみ⇒かく⇒刺激⇒色が黒くなる

黒い乳首をケアするためには何をすれば?

1.メラニン色素の生成や増加を抑える。
2.メラニン色素の排出を促進する。
この2つも方法を行うことで乳首の色を本来の色に戻したり、今よりも色を薄く又は、ピンク色にすることが期待できます。

乳首ケアにはどんな方法があるのか?

バランスの良い食生活

乳首の黒ずみを改善するには、肌のターンオーバー(新陳代謝)が活発に行われなければなりません。そのために大切なのは栄養バランスの整った食事を3食きちんととり、適度な運動を続けることです。

下着を見直してみる

下着で肌が擦れることによっての摩擦熱も、黒ずみに関連していると言われています。少しでも摩擦を減らして、肌ダメージを軽減する為にも、下着は天然素材の優しい物に変えてみるのをおすすめします。

美容クリームの使用

少しでも濃くなった色を戻したければ、積極的なケアが必要となります。そのためには、メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体などの美白成分が配合されたものや、保湿成分で乳首を刺激や乾燥から守ってくれるクリームなどを選ぶと良いでしょう。

皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促進することも、乳首の色を薄めるには効果的です。しかし乳首は赤ちゃんが口にする部分でもありますので、授乳中でも使える専用のアイテムを使うなど注意が必要です。
ホワイトラグジュアリープレミアムは、自社調べでモニター参加者300名のうち、94.8%の美白を実感した薬用美白クリームです。

3種類のビタミンの独自処方によりメラノサイトの発生源である基底層まで浸透してしっかりと作用します。肌に刺激を与えるものは一切不使用ですので安全にご使用できます。

乳首だけでなく全身どこでも気になるところに使用できます。発送の際は、商品名が無記名で届くので家族や彼氏にも内緒で注文可能です。


関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

大人も要注意、咽頭結膜熱(プール熱)について注意すべき点をまとめています

咽頭結膜熱(プール熱)が学校保健法において指定伝染病と定められているのをご存知ですか。しっかりと知識を身につ…

さくらしまこ / 7208 view

経産婦のママこそ気をつけたい子宮筋腫、漢方は使えるの?

子宮筋腫は良く聞く病名でも、まさか自分がと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は東洋医学の漢方が子宮…

ReilyLady / 893 view

初期症状を見逃さない!乳腺炎の症状はどんな感じ?

ママなら誰でもなる可能性のある乳腺炎。乳腺炎は初期症状を見逃さないことで、早めの処置を行うことができ重症化せ…

ヤギヤギコ / 2411 view

子供にもうつるマイコプラズマ肺炎の症状と治療法を知ろう

マイコプラズマ肺炎は自然治癒も可能ではありますが、重症化するケースもありますので、なるべく病院へ受診しましょ…

さんにんのまま / 1848 view

身近な病気、子宮筋腫の手術費用や治療方法。もしものための知識

女性に起こる病気の代表とも言える子宮筋腫ですが、病気の事や治療方法は意外と知らないものですよね。女性ならば知…

ReilyLady / 1145 view

ぶりかえす赤ちゃんのあせも…対策法や対処法について解説!

かゆくて痛くてつらそうな赤ちゃんのあせも、何とかしてあげたいと悩むママも多いのではないでしょうか。あせもとは…

tujico / 1339 view

辛い乳腺炎にならないために。日々の食事で予防しましょう!

産後の乳腺炎。乳児のお世話をしながらの通院や治療はとても大変です。今回は自身の体験から、乳腺炎を防ぐための食…

サクマメグム / 1546 view

不正出血は危険信号!?増加傾向にある子宮ガンの症状と予防法

近年、若い女性の子宮がん罹患率は増加傾向にあります。自分には関係ないと思っていてもある日突然・・・ということ…

snowsnow / 1807 view

人にもうつる?妊娠中のママや子供が気をつけたい猫の病気とは

妊婦さんは飼っている猫ちゃんにも気をつけなくてはいけないと知っていましたか?今回は、猫からもらってしまう可能…

ReilyLady / 1306 view

知っておきたい三大疾病の種類、あなたの生活習慣は大丈夫?

三大疾病とは何の病気のこと?三大疾病にかかる原因とは?保険に入る前などに知りたい三大疾病についてまとめました…

tujico / 1342 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック