乳首・乳輪が黒ずんでしまう原因

出産後に黒ずんでしまう原因は、1つではなくいくつかあるようです。

出産後の女性ホルモンの変化

妊娠中から出産後にかけて、女性ホルモンの分泌が活発になります。この女性ホルモンが活発になると共に、「メラノサイト」というメラニン生成組織の動きも活発になります。このメラノサイトという細胞が活発になると、メラニン沈着しやすい体の状態を作ってしまうのです。

授乳

乳首に関しては、お肌を保護する働きをもつメラニン色素が赤ちゃんの授乳に備えるために黒ずんでくるとも考えられています。また、赤ちゃんが乳首(乳頭)見つけやすいように色素が沈着するという説もあります。

乾燥

バストトップケアをしていないと乳首が乾燥をしてしまいかゆみがあらわれることがあります。
乾燥した肌に与えられた刺激はかゆみへと変わり、かいてしまうことによって更に刺激を与えることになります。

かゆいのを我慢するのは難しく、どうしてもかいてしまうため、常に刺激を与えてしまう結果となります。

乾燥⇒かゆみ⇒かく⇒刺激⇒色が黒くなる

黒い乳首をケアするためには何をすれば?

1.メラニン色素の生成や増加を抑える。
2.メラニン色素の排出を促進する。
この2つも方法を行うことで乳首の色を本来の色に戻したり、今よりも色を薄く又は、ピンク色にすることが期待できます。

乳首ケアにはどんな方法があるのか?

バランスの良い食生活

乳首の黒ずみを改善するには、肌のターンオーバー(新陳代謝)が活発に行われなければなりません。そのために大切なのは栄養バランスの整った食事を3食きちんととり、適度な運動を続けることです。

下着を見直してみる

下着で肌が擦れることによっての摩擦熱も、黒ずみに関連していると言われています。少しでも摩擦を減らして、肌ダメージを軽減する為にも、下着は天然素材の優しい物に変えてみるのをおすすめします。

美容クリームの使用

少しでも濃くなった色を戻したければ、積極的なケアが必要となります。そのためには、メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体などの美白成分が配合されたものや、保湿成分で乳首を刺激や乾燥から守ってくれるクリームなどを選ぶと良いでしょう。

皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促進することも、乳首の色を薄めるには効果的です。しかし乳首は赤ちゃんが口にする部分でもありますので、授乳中でも使える専用のアイテムを使うなど注意が必要です。
ホワイトラグジュアリープレミアムは、自社調べでモニター参加者300名のうち、94.8%の美白を実感した薬用美白クリームです。

3種類のビタミンの独自処方によりメラノサイトの発生源である基底層まで浸透してしっかりと作用します。肌に刺激を与えるものは一切不使用ですので安全にご使用できます。

乳首だけでなく全身どこでも気になるところに使用できます。発送の際は、商品名が無記名で届くので家族や彼氏にも内緒で注文可能です。


関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

ぶりかえす赤ちゃんのあせも…対策法や対処法について解説!

かゆくて痛くてつらそうな赤ちゃんのあせも、何とかしてあげたいと悩むママも多いのではないでしょうか。あせもとは…

tujico / 2385 view

下半身太りの原因・理由は?あなたに合ったダイエットがこれでわかる!

ダイエットでもなかなか痩せない下半身太りで悩んでいませんか? 上半身に比べて下半身はすぐに太るし、なかなか…

アイダ / 3050 view

夏風邪こじらせたかも?いや!その症状、実は夏の花粉症かも

夏の時期になかなか咳や鼻水が止まらない、風邪のような症状が続いている。なんて事はありませんか?実はそれ、夏風…

ReilyLady / 2344 view

一ヶ月チャレンジ!産後ダイエット成功法6つの基本メニュー

産後ダイエットに有効な基本のエクササイズメニューをまとめました。一ヶ月チャレンジで、目指せキレイママ!

ReilyLady / 2580 view

産後ダイエットに悩む方のための太ももダイエット方法5選

妊娠期間中に図らずも太くなってしまった太もも。何とかしたいけど、時間も余裕もないし、、、産後ダイエットって何…

ReilyLady / 2517 view

花粉症対策にはヨーグルトがおすすめ!花粉症にヨーグルトを役立てる方法5選

辛い花粉症の時期がやってきました。 ヨーグルトは、花粉症対策に期待がもてると言われています。 今年はヨーグル…

HF-LIFE / 2777 view

心と身体の不安を感じたら…ブレインクリニック東京へ行ってみよう!脳の状態が目に見える…

もしかしたら…と思ってもなかなか心の病気は理解してもらえないので病院に通うのをためらっている人もいるのではな…

綿バネ / 996 view

ママたち知っていますか?意外と多い腎盂腎炎。膀胱炎との違いは

腎盂腎炎という病気を知っていますか?実は2〜30代の女性に多い病気なのです。妊娠している女性もかかりやすいも…

ReilyLady / 2305 view

人にもうつる?妊娠中のママや子供が気をつけたい猫の病気とは

妊婦さんは飼っている猫ちゃんにも気をつけなくてはいけないと知っていましたか?今回は、猫からもらってしまう可能…

ReilyLady / 2777 view

【産後ダイエット】忙しい育児中にできるダイエット5選

忙しいお母さん達のために育児中にできるダイエットについてまとめました。 無理することなく妊娠前の体型に戻せる…

reichel / 5504 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック