B型肝炎ワクチンの接種はなぜ必要?

B型肝炎ウイルスに感染している人は、この日本国内で約100万人いると言われています。B型肝炎ウイルスを持った人の血液や唾液などの体液が体内に入ってしまうによって高い確率で感染し、感染後の経過は人それぞれなのですが、3歳以下の子供が感染してしまうとキャリア(ウイルスを体内に保有している状態)となりやすく、知らない間に感染を広めてしまってしまう可能性が高いのです。ママがキャリアの場合は、お腹の中の赤ちゃんへの感染もあり得ます。

共働きの家庭が増えるに伴って、幼いころから保育園などで集団生活をしている子供も増えてきています。ですので、もし園内にキャリアのお子様がいると、感染源になってしまうかも知れないのです!!

B型肝炎ウイルスに感染してしまうと、慢性肝炎となることがあり、長期の治療が必要となってきます。また、最悪の場合は肝硬変や肝がんとなってしまって命にかかわる病気を引き起こしてしまいます。

B型肝炎ワクチンは海外では当たり前のように接種されています。日本では任意接種だったのですが、平成28年10月よりBCGなどと同様の定期接種となりました。ですので、ぜひ受けてほしい予防接種の1つです。

定期接種の対象者は誰?

定期接種の対象となるのは平成28年4月1日以降に生まれた赤ちゃんです。それ以前に生まれた赤ちゃんは任意接種対象者となりますので、費用がかかってしまうそうです。病院によって費用は異なりますが、大体5,000~10,000円程度で接種できるようです。

ママがキャリアの場合は母子感染予防のためにワクチンを接種することとなります。これは健康保険給付の対象となりますので、定期接種の対象者とはなりません。

接種スケジュールは?

B型肝炎ワクチンの接種は、合計3回です。

厚生労働省によると、標準的な接種時期は1回目生後2か月、2回目生後3か月、3回目生後7~8か月だそうです。1回あたり0.25mlのワクチンを皮下に接種します。

ヒブ・肺炎球菌ワクチンなどの他のワクチンと同時接種も可能ですので、それを踏まえて上手にスケジュールを組むと良いと思います!

ママがキャリアの場合の接種スケジュールは?

1回目は生後12時間以内を目安にB型肝炎免疫グロブリン(HBIG)とB型肝炎ワクチンを注射します。2回目は生後1か月、3回目は生後6か月にB型肝炎ワクチンだけを注射することとなります。

ママがキャリアでもキャリアじゃなくても、1回目を接種してから3回目を接種して完了するまで半年ほどの年月が必要だそうです。

B型肝炎ワクチンの種類

日本では化学及血清療法研究所(化血研)とMSD株式会社の2社がワクチンを製造しています。いずれも酵母由来の組換え沈降B型肝炎ワクチンです。

基本的には3回接種すべて同一の会社のワクチン接種が望ましいと考えられているようですが、万が一他社のワクチンへ切り替えることとなっても有効性・安全性については厚生労働省の研究によって保障されているようです!

ラテックスアレルギーがある方は注意してください!

MSD株式会社が製造しているB型肝炎ワクチンについては、ワクチンの容器の栓に天然ゴムの成分が含まれているそうです。ラテックスアレルギーがある場合はアレルギー反応を起こす可能性もありますので、かかりつけの医師に伝えておきましょう。

ワクチン接種の効果はどれぐらいあるの?

40歳までに接種をすると、約95%の確率で抗体を獲得できるようです。しかし、まれに予防接種を受けたとしても赤ちゃんの体質や体調で免疫ができないこともあるそうです。

また、ワクチン3回接種後の感染予防の効果は20年以上続くと言われています。抗体があるかどうかは血液検査で簡単に確認できます。ママ・パパも抗体があるかどうか気になるようであれば、一度調べてみても良いかも知れませんね。

副反応は大丈夫??

長く世界中で使用されていて、安全性の高いワクチンとして知られています。しかし、発熱や発疹・倦怠感や接種部位の腫れ・痛みなどの症状が他のワクチンと同様に現れることもあります。ごくまれに急性のアレルギー症状であるアナフィラキシーショックが起こることもありますので、ワクチン接種後30分程度は病院の近くにいるようにしましょう。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

春だけじゃない!秋冬にも多い花粉飛散情報と対策

「花粉症」は立派な病気です。春だけだと思われがちですが、花粉は年中飛んでいて、秋に発症する人も多いそうです。…

サクマメグム / 2707 view

妊娠への影響は?実は女性にとって身近な病気「子宮筋腫」とは?

子宮筋腫という病名は、よく耳にしますが、どのようなものかよく知らない人、意外と多いのではないでしょうか。実は…

tikatika / 1676 view

腸は第二の【脳】だった!気を付けるべき腸の病気とは?

脳と腸は互いに密接に関わりがあり、【第二の脳】とも呼ばれるほど。腸は人の身体の中で最大の免疫組織であるといわ…

tokakko / 2225 view

スマホのやりすぎ?現代病・ストレートネックにご注意

現代病といわれるストレートネック。スマホのやりすぎでなってしまう人が多いようです。どんな病気なのか、治し方は…

myia / 2616 view

身近な病気、子宮筋腫の手術費用や治療方法。もしものための知識

女性に起こる病気の代表とも言える子宮筋腫ですが、病気の事や治療方法は意外と知らないものですよね。女性ならば知…

ReilyLady / 1104 view

不正出血は危険信号!?増加傾向にある子宮ガンの症状と予防法

近年、若い女性の子宮がん罹患率は増加傾向にあります。自分には関係ないと思っていてもある日突然・・・ということ…

snowsnow / 1753 view

もしものために知っておきたい、子宮外妊娠の原因や確率について

妊娠の検査薬で反応が出ると、誰しもが赤ちゃんができたと思いますよね。でも、検査薬では正常な妊娠かどうかまでは…

ReilyLady / 1151 view

知っておきたい三大疾病の種類、あなたの生活習慣は大丈夫?

三大疾病とは何の病気のこと?三大疾病にかかる原因とは?保険に入る前などに知りたい三大疾病についてまとめました…

tujico / 1284 view

綺麗に痩せたい人必見!無理なく楽しくヨーグルトダイエット

世の中には様々なダイエット方法が存在しますが、過酷ゆえ続かなかったり成功に至らないことが多いですよね。そこで…

makowork / 1384 view

【おもちが喉につまった!】正しい応急処置法を学んで万が一に備えよう

お正月になるとなんとなく食べたくなるおもち。余ったおもちをダラダラと食べ続ける冬の間は喉につまらせないように…

nana2boys / 3419 view

kaeru_5

3姉妹の母をしています。毎日慌ただしいけれど、とても充実した日を送っております。
頼れる人がいないため主人と二人三脚で手探り状態の子育てをしていますので、こういう子育てなどに関する情報がゲットできるサイトの存在はとてもありがたいですφ(..)メモメモ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック