「痛い・・・」冬のあかぎれに悩む人達

「肌荒れが酷い・・・」「指の関節がひび割れて痛い・・・」「水がしみる・・・」など、冬のあかぎれは様々なトラブルを引き起こします。

そのため、あかぎれに悩んでいる人も多いのです。

日に日に寒さが厳しくなりどんどん乾燥してくるので、毎日の食器の洗い物はもうみなさんお湯を使っていますよね。

でも、お湯を使うようになると急に手が荒れてきませんか?

洗剤を敏感肌のものに変えると今度は食器の油汚れが気になって・・・そんな方多いですよね。
冬になると気になる手荒れ。毎年悩まされている人もいますが、これまで気にしたことがなかった人も、ライフスタイルの変化によって発症する恐れがあるので油断は禁物。

ひどくなると、ひび割れやあかぎれになって、水に触れるのもつらくなります。

やっぱり食器を洗っていると、あかぎれが酷くなりますよね。

あかぎれを解消しようといろいろ試してみても、上手くいかないことも多いです。

肌荒れが酷くて、これまで色々な商品を試しましたが、何を使ってもしみてしまい途中でやめてしまうような状態でした。
サカムケアや昔からあるコロスキンなど接着剤を使ってみたらとにかく状態がひどいのかつけ始めたときがとにかく痛い

しばらくすると落ち着くのですがまた接着剤が外れたらあの痛みが・・・・しみる痛みが・・・・

少しつらい

皆さん、ひび割れやあかぎれなどの手の肌荒れに悩んでいるようです。

ハンドケアや軟膏、濡れても大丈夫な絆創膏などを使ってみても、完全には対処できません。

なんであかぎれになるの?理由を解説

あかぎれなどのトラブルを解消する場合、まずその原因を知る必要があります。

次は、あかぎれになる理由を見ていきましょう。

・肌の水分が蒸発する

冬は気温や湿度の低下で、肌の水分が蒸発しやすくなり、かさつきが起こりやすくなる。

このかさつきを放っておくと、皮膚が硬くなり、表面に亀裂が生じ、強い痛みを感じるようになる。いわゆる「ひび」「あかぎれ」が手の表面にいくつもできて、ひどくなった状態だ。

気温や湿度が低下することで、肌の水分が蒸発してしまいます。

この状態が続くことによってあかぎれになるのです。

・脂肪膜が洗い流される

気温の低い時期は、汗や皮脂の分泌が低下して、肌が乾燥しやすくなります。

そういう時に水仕事をすると、脂肪膜が洗い流され、手に付いた水と一緒に皮ふの水分も蒸発して、肌のうるおいがさらに少なくなります。その状態で指の曲げ伸ばしなどをすると、亀裂が入りやすくなります。

この亀裂を「ひび」といい、さらに肌の乾燥が進み、亀裂が深くなったものが「あかぎれ」です。

肌の脂肪膜が洗い流されてしまうと、保湿ができなくなります。

結果的に水分が蒸発することになり、肌が荒れてしまうのです。

【有効な対処法】こまめな保湿ケアが大切

あかぎれの原因が分かったところで、最後に対処法を覚えていきましょう。

こまめに保湿することによってあかぎれに対処することができるそうです。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

今日から実践!マイナス3㎏ならすぐに痩せられる『塩抜きダイエット』

女性ファッション誌で話題の塩抜きダイエット! 簡単なのに効果が高いことで、大人気のダイエット方法です。

HF-LIFE / 3240 view

もうPMSに悩まない!毎月快適に過ごせるサプリやお料理レシピをご紹介!!

毎月生理の前になるとイライラしてしまったり、体調不良が続いてしまう・・・。でもこれは誰も理解してくれないです…

HF-LIFE / 3192 view

子どもがなりやすい腎臓の病気って?もしなってしまったら?

腎臓病と言うのは、症状が分かりにくく、ただの風邪だと思っていたら腎臓の病気だったなんてこともあります。子ども…

ReilyLady / 1396 view

【赤ちゃんの情緒と発育を豊かに】ベビーマッサージ教室で親子の絆を深めよう!

赤ちゃんとパパママ、みんなが幸せになれるメリットたっぷりなベビーマッサージをはじめてみませんか? ベビーマッ…

reichel / 2592 view

子宮頸がんのステージとは?普通のがんと違う!どんな病気なの?

子宮頸がん、検診やワクチンの話はよく聞くけど、実際はどんな病気なの?と思っている方もいると思います。今回は、…

ヤギヤギコ / 1810 view

【体の不調が一発で改善?!】人気のカイロプラクティックで自然治癒力を高めよう!

肩こりや頭痛、腰痛などの不調に悩んでいませんか? そんな悩みを改善することができる「カイロプラクティック」…

Whitt43 / 661 view

これで解決!くすり嫌いの子どもに上手に薬を飲ませる方法

抗生剤など、大人でも結構ニガイ薬ありますよね。 今回は、うまく飲ませる工夫やグッズをまとめています

さくらしまこ / 5630 view

腸は第二の【脳】だった!気を付けるべき腸の病気とは?

脳と腸は互いに密接に関わりがあり、【第二の脳】とも呼ばれるほど。腸は人の身体の中で最大の免疫組織であるといわ…

tokakko / 2560 view

目元シミの原因は?予防・対策で注意すべき9つのこと

顔のパーツで最も印象に残る目元。そのまわりにあるシミは、どっと見た目年齢を高めてしまいますよね。 目元のシ…

サワタリミヤコ / 2338 view

いざという時に!知っておこう、乳幼児の心肺蘇生法

乳幼児の心肺蘇生法を知っていますか?意外と知られていない乳幼児の心肺蘇生法についてまとめました。

reichel / 4786 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック