■安心のスキンケアとは?

小さな子どもはなんでもママのマネをしたがります。
つけて!つけて!と言われても、
大人用のスキンケアを子どもにつけていいものか、躊躇してしまいますよね。

そんなときにも安心のスキンケアアイテムの条件がこちら。
◎無添加である
◎自然由来の成分をつかっている
◎無香料

さらに、忙しいママには
◎できるだけ手早くケアが終わること
◎オールインワンタイプが理想
という条件も加わります。

これらの条件からスキンケアアイテムを5つ選んでみました、
スキンケアの参考にしてみてください!

■あきゅらいず「美養品」

たった3つのシンプルケアで、社員も全員すっぴんという会社が作っている
あきゅらいずの「美養品」シリーズ。

「洗ってほぐして、潤いを与える」

洗顔後は「秀クリーム」1本だけで済ませられ、
もちろん赤ちゃんにつけても大丈夫!

お試しセットもあるのでまずは試してみましょう。


■ディセンシア「つつむ」

POLA・オルビスグループから出てきた
敏感肌・乾燥肌専用のブランド「ディセンシア」。

「つつむ」は敏感肌のためのベーシックスキンケアシリーズです。

敏感肌用に作られているため、小さな子どもの肌にも安全です。

■HANA organic(ハナオーガニック)「ムーンナイトミルク」

ミルクなので、肌馴染みもよくこれ1本で済ませることもできます。
オール天然成分の安心感とローズ水ベースでほんのり香るため
子どもにも安心で、自分もリッチな気分になれちゃいます。

■オイルなら「ホホバオイル」

さっと乾燥を防ぐオイルが好き、というママはホホバオイルがオススメです。
赤ちゃんのマッサージにも使えるくらい、安全なオイルです。

以前は、アロマオイルの専門店などでしか見かけませんでしたが
無印良品などでも手に入るので、今すぐ試すこともできます。

■ヴェレダ「ざくろ セラム」



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

働くママが気を付けたい保育園でもらいやすい子供の病気

働くママ達にとって保育園や幼稚園は必要不可欠ですが、流行の病気が移りやすいのも気がかりな点ですよね。保育園な…

ReilyLady / 4100 view

女性なら正しく知っておきたい【子宮筋腫】の症状原因と治療法

女性特有の病気である子宮筋腫。言葉ではよく聞くものの、どのような病気なのかというのをあまりよく知らない方も多…

tokakko / 3528 view

子供の発熱や怪我!「病院に行くかどうか」の見極め方。

子供が体調を崩したとき、病院に行くかどうか迷うことはありませんか?体調のわるい時に待合室で待つことや、院内感…

よしだ あき / 3543 view

腸は第二の【脳】だった!気を付けるべき腸の病気とは?

脳と腸は互いに密接に関わりがあり、【第二の脳】とも呼ばれるほど。腸は人の身体の中で最大の免疫組織であるといわ…

tokakko / 3384 view

【寒くなってきたらご用心!】中耳炎になったときの対処法

耳の中が突然痛くなる中耳炎。くせになると風邪を引くたびになってしまうことも。まだ言葉を上手に話せない小さな赤…

nana2boys / 5269 view

大人も子供も感染する、マイコプラズマ肺炎の症状や治療法

しつこい咳、治まらない発熱…普通の風邪だと思っていたのに治らない。そういう時、もしかしたら「マイコプラズマ肺…

いっち / 3659 view

知っておきたい三大疾病の種類、あなたの生活習慣は大丈夫?

三大疾病とは何の病気のこと?三大疾病にかかる原因とは?保険に入る前などに知りたい三大疾病についてまとめました…

tujico / 2239 view

身近な病気、子宮筋腫の手術費用や治療方法。もしものための知識

女性に起こる病気の代表とも言える子宮筋腫ですが、病気の事や治療方法は意外と知らないものですよね。女性ならば知…

ReilyLady / 2098 view

時間がないママ必見!簡単産後ウエストダイエット方法5選

産後ウエスト周りが気になっているものの、時間がなくてどうしたらいいか分からないというママ達のために、自宅でで…

ReilyLady / 3173 view

【赤ちゃんの情緒と発育を豊かに】ベビーマッサージ教室で親子の絆を深めよう!

赤ちゃんとパパママ、みんなが幸せになれるメリットたっぷりなベビーマッサージをはじめてみませんか? ベビーマッ…

reichel / 3104 view

nana2boys

プロフィールの閲覧ありがとうございます!
2011・2013年生まれの2男児の育児に
日々追われるママです。
大学で乳幼児発達を専攻していたので
幼稚園教諭と保育士免許を持っています。
卒業後は幼稚園や保育園と企業のいいものをつなげる
お手伝いのようなお仕事をしていました。
子どもと楽しく、ママやパパがストレスを溜めずに
過ごせるような情報をまとめていきたいと思います♪
育児は十人十色、色々な方法や技を試して
それぞれのご家庭の「我が家の法則」を作っていく
サポートになれば嬉しいです!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック