生理痛には個人差があります

生理のたびに、お腹や腰の痛みに悩む人は多いでしょう。
人によっては、頭痛、吐き気、下痢、肩こり、むくみ、眠気など、さまざまな症状が表れます。

さらに、痛みの程度も、少し痛むけれど普通に生活できる人、鎮痛剤を飲めば大丈夫な人、鎮痛剤を飲んでも寝込んでしまう人と、個人差があります。

月経困難症

鎮痛剤を飲んでも痛みが治まらず、日常生活に支障をきたすほどひどい生理痛を「月経困難症」と言います。

月経困難症には、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気が原因の「器質性月経困難症」と、体質などによる「機能性月経困難症」の2種類があります。

このようなケースは、一度婦人科を受診してみましょう。

生理痛の原因は?

生理痛には、生理中に子宮内膜から分泌される「プロスタグランジン」という物質が関係しています。
これは子宮を収縮させて、月経血を子宮の中から体の外へ押し出す働きをしており、この子宮の収縮が、生理時の下腹部痛の原因です。
プロスタグランジンの量が多ければ、子宮の収縮も強くなります。

また、プロスタグランジンは、血管を収縮させる働きもあるので、血流が悪くなり、その結果、腰痛、頭痛、肩こりなどを引き起こしています。

生理痛をやわらげるセルフケア

鎮痛剤

鎮痛剤を飲むとくせになるから、体に悪いから、と敬遠する人もいますが、用法用量を守って飲めば、体に害になることはありません。

市販の鎮痛剤は、プロスタグランジンの生成を抑制する作用があるタイプ。
我慢してから飲むと、既にプロスタグランジンが生成されているため、薬が効きにくくなります。
効果的に服用するためには、たっぷりの水や白湯と一緒に、痛くなる前に飲むこと。

入浴

冷えは血行を悪くし、生理痛をひどくします。
体をしっかり温めるために、半身浴がおすすめです。
湯船に浸かるのに抵抗がある人は、足湯をするだけでも。

温湿布&カイロ

温湿布やカイロで、腰や下腹部を温めるのも効果的です。
おへその下や、おしりの仙骨(背骨の下で、骨盤の中央にある骨)のあたりを温めるといいでしょう。

温湿布にアロマオイルを垂らすのもおすすめです。
痛みを緩めたいならラベンダー、引きつる感じの痛みが気になるならクラリセージなど、工夫してみましょう。

ただし、アロマオイルは、妊娠中や特別な疾患がある場合、使用できないものもあるので注意が必要です。

ツボ

生理痛をやわらげるツボも、いろいろあります。
例えば、腰骨のいちばん高いところから、少し下あたりには、生理痛に効くツボが並んでいます。
外出先で、職場で、手軽にできるので、覚えておくと安心ですね。

ハーブティー



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

女性必見!見落とすと命の危険も…気付かれにくい腎盂腎炎の症状

あまり耳にすることがない「腎盂腎炎(じんうじんえん)」。膀胱炎と似ていますが発見が遅れると大変危険な病気です…

makowork / 3394 view

子供の病気として急増している偏頭痛。大人とは違う症状と原因

偏頭痛は大人だけの病気ではないと知っていましたか?実は5歳前後のこどもでもかかるのです。最近増えているといわ…

sumomomama / 2842 view

子どもがなりやすい腎臓の病気って?もしなってしまったら?

腎臓病と言うのは、症状が分かりにくく、ただの風邪だと思っていたら腎臓の病気だったなんてこともあります。子ども…

ReilyLady / 2524 view

家族の食事と一石二鳥!味噌汁でファスティングダイエット

産後ダイエットもなかなか進まないし、手軽にできることから始めたいけど、家族にご飯も作らなきゃだし、家事もしな…

ReilyLady / 5716 view

大人も要注意、咽頭結膜熱(プール熱)について注意すべき点をまとめています

咽頭結膜熱(プール熱)が学校保健法において指定伝染病と定められているのをご存知ですか。しっかりと知識を身につ…

さくらしまこ / 9411 view

ヨガの効果や魅力って?産後ダイエットにもおすすめな理由!

海外セレブや芸能人など、綺麗な人がやっているイメージが高いヨガ。美容やダイエット効果が高く、産後のリカバリー…

tujico / 2346 view

幼少期こそ重症化しやすい【マイコプラズマ肺炎】の症状とは?

マイコプラズマ肺炎は、幼少期や学童期が最も症状を悪化させやすい時期だと言われています。 風邪がなかなか治らな…

HF-LIFE / 3855 view

30代から激太りに要注意!!変化する体質の原因って??

30代を過ぎると、女性は下半身を中心にどんどん太り始めます。 今まで太ることなんてなかったから!なんて思って…

HF-LIFE / 5153 view

熱性痙攣(けいれん)で抑えておくべき対処法!

乳幼児が引き起こしやすい熱性痙攣。突然の発作を目の当たりにすると、「もしかして死んじゃうかも!」と驚いてしま…

さくらしまこ / 12211 view

排卵日の症状ってなに?知っておきたい排卵日のこと

何となく毎月決まった時期に体の調子が悪くなる方いらっしゃいませんか?もしかしてそれは排卵日に伴う症状かもしれ…

oppekeizm / 7939 view

tikatika

二人姉妹の母です。
自分が経験したことを発信しつつ、みなさんからいろいろなことを吸収できれば、と思っています!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック