オリーブオイルが便秘解消に効果的なわけ

オリーブオイルが健康や美容にいいというのはもはや常識として知られていますが、それがどうして便秘にも効果的なのでしょうか。

オリーブオイルには【オレイン酸】と呼ばれる成分が主成分として豊富に含まれています。このオレイン酸は消化・吸収がされにくいという特徴があり、短時間に大さじ一杯から二杯(15cc~30cc)のオリーブオイルを摂取すると小腸で消化・吸収されることなく大腸に到達します。
そして大腸に届いたオレイン酸が腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を促進してくれるため便通がよくなる効果が期待できるというわけなんです。

さらにオレイン酸には乳化させる作用があるので便を柔らかくし排便しやすくもなります。
便秘で悩む方に多く見られる便が水分不足で硬くなるタイプだとオリーブオイルが“潤滑油”のような働きをして便通をスムーズにしてくれるのです。

このオレイン酸ですが、エキストラバージンオリーブオイルのほうがより多く含まれているため、便秘解消効果を期待する場合はエキストラバージンオリーブオイルを選ぶようにしてください。

エキストラバージンオリーブオイルとはオリーブの果実を搾ってろ過しただけの、一切化学的処理を行わないバージンオイルで、酸度(遊離脂肪酸の割合)が100g当たり0.8gを越えないものを指します。

ただし!飲めばいいというものではありません

オリーブオイルはその名の通り油です。大さじ一杯で約120kcal程と高カロリー。いくら良質の油とはいえ摂取しすぎはもちろん禁物!また、自然食品とはいえ食べ過ぎるとお腹を壊してしまう可能性もあるので、適切な量を最も効果が見込める時間帯に摂ることが大切です。
そして即効性があるものではありませんので飲んですぐ翌日にすっきり解消!なんてことは期待しないでくださいね。
効果が表れ始めるのは早くても5日前後。便秘薬などを使わず自然なお通じを目指したい方におすすめしたい方法でもあるのです。

効果的なオリーブオイルの摂り方

便秘解消を目的とした場合、大人であれば一日に大さじ二杯摂るのが効果的とされています。
そして大事なのは飲む時間帯。
一杯目は朝に摂るようにしましょう。なぜなら朝は人が一日の中で一番腸が活発に活動している時間帯だからです。
二杯目は夜、寝る2時間程前の間に摂っておくと寝ている間に体内に取り入れたオレイン酸が腸内環境を整えてくれる働きをしてくれると考えられています。

そして単品でオリーブオイルだけを飲むよりも食事と一緒に摂取するようにしましょう。
食べたもので便をつくり、同時にオレイン酸の効果でその便を排出しやすくするためです。

オリーブオイルと相性のよい食材

オリーブオイルは便秘解消の他にも美肌・美髪・コレステロール低下や冷え性改善など…などなど健康や美容にうれしい効果が満載の女性に嬉しいアイテムでもあります。
単品でいただくのももちろん健康効果は期待できますが、どうせだったらより一層効果的な摂取方法を試してみたいですよね。
そこでおすすめなのが【脂溶性ビタミンを含む食べ物】や【体を温める食べ物】とオリーブオイルの組み合わせです。

脂溶性ビタミンは水には溶けず油に溶けるため油と一緒に摂取ることで体内への吸収率が上がります。そして身体を温める食べ物は冷え性の体質改善にもとっても効果的。
このように美容や健康に効果的な食べ物を取り入れて便秘解消だけでなく一石二鳥にも三鳥にもしてしまいましょう。

体を温める野菜

にんじん
ねぎ
たまねぎ
ごぼう
れんこん
かぼちゃ
生姜
にら
にんにく
にんにくの芽
山芋
ふき
こんにゃく
赤唐辛子
脂溶性ビタミンをたくさん取ることのできる日常食品

ビタミンA ニンジン、シュンギク、コマツナ、ホウレンソウ、ウナギ

ビタミンD マグロ(トロ)、イワシ、さつまあげ、カツオ、サンマ、サバ、マス、ウナギ、内臓類、バター、卵黄

ビタミンE アーモンド、大豆、落花生、マーガリン、ウナギ、エンドウ豆、シジミ、カツオ、卵、バター、サケ、アユ、ホウレンソウ、内臓類、牛乳

ビタミンK 納豆、ホウレンソウ、キャベツ、ハクサイ、牛乳、馬鈴薯、トマト、母乳、大豆

絶対作りたい!オリーブオイル便秘解消レシピ

では是非日常にとりいれたいオリーブオイルを使用した、便秘解消だけでなく美容効果も高まるレシピをご紹介しちゃいます。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

火傷には三段階のレベルあり!?火傷の恐怖から我が子を守る応急処置まとめ

火傷はどんなに気をつけていても、思いもよらずに起こるものです。また火傷には症状レベルが三段階あり、救急車が到…

HF-LIFE / 48621 view

腸は第二の【脳】だった!気を付けるべき腸の病気とは?

脳と腸は互いに密接に関わりがあり、【第二の脳】とも呼ばれるほど。腸は人の身体の中で最大の免疫組織であるといわ…

tokakko / 1619 view

花粉の時期はいつまで?気になる秋から冬の花粉情報

春は終わったのに目がかゆいし鼻水も出てる・・・そんな症状お持ちの方!実は花粉症は春だけじゃないんです。今回は…

oppekeizm / 1501 view

健康な身体を手に入れるために!取り入れて欲しい食品5選

毎日食べる食事にどのくらい気を遣っていますか?食べているもので作られている私たちの身体。せっかくなら健康に良…

myia / 1937 view

産後ダイエットに悩む方のための太ももダイエット方法5選

妊娠期間中に図らずも太くなってしまった太もも。何とかしたいけど、時間も余裕もないし、、、産後ダイエットって何…

ReilyLady / 1114 view

今日から実践!マイナス3㎏ならすぐに痩せられる『塩抜きダイエット』

女性ファッション誌で話題の塩抜きダイエット! 簡単なのに効果が高いことで、大人気のダイエット方法です。

HF-LIFE / 2433 view

愛するわが子を守るために、SIDS(乳幼児突然死症候群)という病を知ろう

子供の命を急に奪う原因不明の恐ろしい病、SIDS(乳幼児突然死症候群)についてです。

reichel / 3812 view

子どもがなりやすい腎臓の病気って?もしなってしまったら?

腎臓病と言うのは、症状が分かりにくく、ただの風邪だと思っていたら腎臓の病気だったなんてこともあります。子ども…

ReilyLady / 748 view

経産婦のママこそ気をつけたい子宮筋腫、漢方は使えるの?

子宮筋腫は良く聞く病名でも、まさか自分がと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は東洋医学の漢方が子宮…

ReilyLady / 467 view

生理の周期と女性の身体と心の関係。生理と上手に付き合おう!

女性の身体と心の変化には生理周期が大きく関係していることを知っていますか?女性にとって生理は、40年近く付き…

ヤギヤギコ / 943 view

tokakko

健康や美容、グルメが気になる30代主婦です。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック