産後で授乳をしているママ達はどうしても便秘になりやすかったりもするので、特に注意が必要です。誰でも健康でいたいものですが、便秘になりやすい時期にならないように気をつけるのはなかなか大変なことですよね。

便秘は度重なると単に便が出ないだけではなくて、肌荒れやホルモンバランスの乱れ、下半身太り、代謝機能の低下など、様々な健康被害が起きてしまいます。今回は、授乳中のママにも簡単に実践できる便秘解消に効果的なツボや、マッサージ方法を紹介します。

便秘は根本解決が必要!

便秘になってしまう原因には個人差があり、ストレスが原因の人もいれば、偏った食事が原因の人もいたりします。いくら便秘の症状を和らげても、根本的に問題を解決していかなければ、ずっと便秘を引きずっていくことになるので、注意が必要です。

今回紹介する、ツボやマッサージと合わせて、便秘になっている原因を解決できるように気をつけてみてください。
授乳中のママであれば、授乳による水分不足が原因になっていることが多いので、積極的に水分を取るように心がけてみてくださいね!

便秘に効果的なツボ

人の体には約300以上のツボがあると言われています。ツボは体のあらゆる器官と精通していて、ツボを刺激することで得られる効果は、WHO(世界保健機関)でも認められています。

それでは、便秘に良いツボをピックアップして紹介します。また、ツボというのは常に左右対称になっているので、右左の対象になっている位置を押すようにしましょう。

ツボ①:便秘点 (ベンピテン)

その名の通り、便秘の解消に効果があるツボです。このツボは背中にあります。

【ツボの場所】
肋骨の一番下の骨から指2本分下へ行き、背骨から指4本分の位置を両手の親指で、少し痛いくらいの力で押す。

ツボ②:天枢(テンスウ)

おへそ横にあるツボで、胃腸の調子を整えてくれる効果があるツボなので、慢性的な便秘により効果的なツボです。

【ツボの場所】
へそから指3本分横の位置を3本の指で軽く凹む程度に押す。

ツボ③:大巨(ダイコ)

天枢のさらに指3本分外にあるツボです。便秘の時はまず大巨と言われているほど、便秘に効果的なツボです。

【ツボの場所】
天枢からさらに指3本分外側の位置を、手の親指で軽く凹む程度に押す。

便秘に効果的なマッサージ

ツボ刺激と合わせて、便秘に効果的なマッサージもしてみましょう。水分を適量とって、マッサージやツボ刺激を継続すればお通じ改善になりますよ。

腰ひねり



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

今日から実践!マイナス3㎏ならすぐに痩せられる『塩抜きダイエット』

女性ファッション誌で話題の塩抜きダイエット! 簡単なのに効果が高いことで、大人気のダイエット方法です。

HF-LIFE / 6209 view

楽に歯を磨けて超便利♪電動ブラシを使うメリットやデメリット

電動歯ブラシを使うことで、より綺麗に歯を磨くことができるようになります。 この電動歯ブラシにはいくつか種類…

sathgoeBuffon / 5400 view

発達障害・パニック障害…などの診断・治療を行なう「ブレインクリニック東京」とは!?

発達障害、パニック障害、うつ、自傷行為などの診断・治療をおこなっているブレインクリニック東京について、医院の…

二階より目薬 / 4882 view

心と身体の不安を感じたら…ブレインクリニック東京へ行ってみよう!脳の状態が目に見える…

もしかしたら…と思ってもなかなか心の病気は理解してもらえないので病院に通うのをためらっている人もいるのではな…

綿バネ / 4886 view

実は女性に多いらしい「腎盂腎炎」の原因と治療方法は?

あまり聞きなれない「腎盂腎炎」という病名ですが、膀胱炎と並ぶ「尿路感染症」の一種で、体の構造上、圧倒的に女性…

tikatika / 6308 view

排卵日の症状ってなに?知っておきたい排卵日のこと

何となく毎月決まった時期に体の調子が悪くなる方いらっしゃいませんか?もしかしてそれは排卵日に伴う症状かもしれ…

oppekeizm / 11635 view

【レコーディングダイエット】記録するだけ?ホントに効果ある?

「食べたものを記録していく。」というレコーディングダイエット。自分の食生活をハッキリ自覚するというのがポイン…

ひらり / 3435 view

もしものために知っておきたい、子宮外妊娠の原因や確率について

妊娠の検査薬で反応が出ると、誰しもが赤ちゃんができたと思いますよね。でも、検査薬では正常な妊娠かどうかまでは…

ReilyLady / 3754 view

赤ちゃん以外も打つ方がいい?B型肝炎予防接種の疑問に答えます

B型肝炎の予防接種、赤ちゃんの時には受けなかったけれど今からでも受けた方がいいのか悩んでいる方へ。最近のB型…

myia / 6376 view

30歳を過ぎると急増する!!恐ろしい婦人病『乳がん』の原因と早期発見方法

婦人病の中でもとても恐ろしい乳癌。 いつ誰の身に起こるものかもわかりません。

HF-LIFE / 4965 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック