足にはもともと過剰骨がある

脚には、元々が過剰骨と呼ばれる退化したいらない骨があります。外頸骨も足の過剰骨の一つで、本来ならいらない骨がでてきてしまうもので、日本人の5人に一人の割合であると言われています。激しいスポーツなどで、その過剰骨が痛む事による有痛性外頸骨についてまとめたいと思います。

有痛性外頸骨とは

過剰骨とは

足部にはさまざまな部位に過剰骨(退化して本来なら存在しない余分な骨)があることがありますが、外脛骨(がいけいこつ)も足部中央の内側にある過剰骨のひとつで、日本人では5人に1人程度の割合でみられます。

外頸骨とは足の舟状骨という所の内側の過剰骨にあたります。
これに痛みを伴う事を「有痛性外頸骨(ゆうつうせいがいけいこつ)」と言います。

原因として考えられている事

舟状骨

舟状骨

この画像の部分を指します

靴による圧迫や捻挫(ねんざ)を契機に発症することがあります。外脛骨と舟状骨(しゅうじょうこつ)との間の結合部が損傷され、わずかに動くことにより痛みを生じます。
 女子に多く発症し、扁平足(へんぺいそく)が発症に関与しているといわれています。

スポーツ障害と呼ばれていますが、運動部だけに発症するとも限らず、偏平足だからなるとも限りません。
また、成長痛にも関係しているとも言われています。

症状

痛みを感じたら早めに相談しましょう

痛みを感じたら早めに相談しましょう

痛みを訴えるようになったら、どのような時に、どこに痛みがでるかなどを聴いてあげましょう。
そして、早めに「整形外科」への受診をお勧めします

スポーツ活動中や活動のあとに、足部中央の内側に疼痛(とうつう)を自覚するようになります。
 本来ならば存在しない過剰な骨であるため、骨の大きさだけ膨隆(ぼうりゅう)し、押すと痛みを伴います。激しい痛みではありませんが、スポーツ活動に支障を来します。

激しいスポーツ以外に長時間、歩くなどした場合にも症状を自覚する場合があります。
特に裸足での体育の授業(組体操など)の後などにも痛みを生じる場合があります。

検査や診断は?

主にレントゲン写真や触診で行います。
骨の状態や痛みの場所のチェックなども行います。
レントゲンで骨がまだ出てこない状態(いまからでてくる可能性がある場合など)でも痛みが生じる事があり、こちらも「有痛性外頸骨」と診断されます。

治療法

安静にする保存療法

インソールを日ごろから着用する

インソールを日ごろから着用する

普段の生活の中に、インソール(装具品としてオーダーメイド)を運動靴や体育館シューズなどの中敷きにします。
足のバランスをよくする役割もあります。

ジャンプやダッシュなど足部に負担のかかるスポーツ活動を3週間程度中止し、筋力トレーニングなど局所に負荷のかからないものに限るようにします。
 症状が改善しない場合には、アーチサポート付きの足底挿板(そくていそうばん)を装着すること
まずは局所の安静を行い、鎮痛剤、温熱療法などの保存療法で疼痛の改善を期待します。症状が長引くケースや繰り返し疼痛が出現するようなケースではギプス固定を行ったり、足底板(アーチサポート)を装着させる方法が有効なこともあります。殆どの場合これで症状は改善します

しばらく運動を控えて痛みが治まるのをまちます。
体育の授業などは控えた方がよいです。
必要に応じて医師が診断書を発行してくれます。

手術



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

ブレインクリニック東京のQEEG検査がすごい!精神的な病気も目に見える時代に!

ブレインクリニック東京は、大人・子どもの発達障害やうつ病など、悩みを抱えている人が相談できる病院です。欧米で…

古池 / 6961 view

今年も大流行!家族で気をつけたい、溶連菌感染症について

流行中の溶連菌感染症。 症状や検査方法についてまとめてみました。

akimama / 7719 view

バリウム飲めるか心配…【胃ガン検診】ってどんなことするの?

胃ガン検診でどんな事をするのか実際の体験をご紹介。具体的な内容を知ると受診しやすくなりますよ!「便秘」の方は…

ひらり / 4805 view

最近便秘気味なママのために、すぐに試して欲しい解消方法

つらい便秘の症状は、腹痛だけじゃなくて、肌荒れや、自律神経にも関わってきます。出来るだけ早く解消したいですよ…

ReilyLady / 3489 view

寒くなる時期に気を付けたい病気が季節性うつ病!冬季うつの症状や改善方法

最近では精神疾患への理解が深まってきており、うつ病の認知度も高まっています。 しかし、季節性うつ病について…

Holder1 / 3126 view

辛い乳腺炎にならないために。日々の食事で予防しましょう!

産後の乳腺炎。乳児のお世話をしながらの通院や治療はとても大変です。今回は自身の体験から、乳腺炎を防ぐための食…

サクマメグム / 4867 view

【生後2ヶ月になる前に】予防接種に役立つ5つのポイント

子供にはじめての予防接種を受けさせるお母さんがたに向けておさえておきたいポイントを5つにしぼりまとめました。…

reichel / 8679 view

人にもうつる?妊娠中のママや子供が気をつけたい猫の病気とは

妊婦さんは飼っている猫ちゃんにも気をつけなくてはいけないと知っていましたか?今回は、猫からもらってしまう可能…

ReilyLady / 5822 view

熱性痙攣(けいれん)で抑えておくべき対処法!

乳幼児が引き起こしやすい熱性痙攣。突然の発作を目の当たりにすると、「もしかして死んじゃうかも!」と驚いてしま…

さくらしまこ / 16922 view

意外と多い!注意したい子どもの目の病気。原因や症状は?

気がつきにくくて、意外と多い子供の目の病気。。学校や保育園、幼稚園でもらってきてしまうこともあるので、見過ご…

ReilyLady / 3845 view

さんにんのまま

さんにんのままと申します

毎日、3人の子供と夫と5人で、日々奮闘して頑張ってます。
皆さまと子供の事、家族の事、話せたらいいなと思います。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック