多様化する社会の中で、精神的な病を抱えてしまう人は年々増加する傾向にあります。厚生労働省では、平成23年度時点でも300万人を超えると発表されていました。

もしも身近な人がうつ病になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。まさか自分の家族がと思う方もいるかも知れませんが、意外な人ほどうつ病になりやすいという話もよく聞きます。
うつ病という名前をよく聞くことはあっても、きちんとした知識を持っている人は少ないのではないでしょうか。

うつ病とはどんな病気?

うつ病とは気分障害と言われる病気の一つです。症状も個人差が大きく、表には見えにくい場合も多々あります。最近口数が減った、常に焦燥感があって落ち着きがない、なんでも自分のせいだと思い込んでしまったり、吐き気がしたり、原因不明の頭痛や腹痛に悩まされることもあります。

うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。

うつ病かも知れないと思ったら?

身近な人ならば、些細な変化を感じ取ることもあるでしょう。場合によっては、当事者からなんとなく調子が悪いというシグナルが出される場合もあります。

ただ、そのシグナルを軽く受け流してしまい、深刻化してからシグナルの重要性に気がつくケースが多いことも事実ですので、もしもシグナルと思われることがあったら、軽視せずに向き合うようにしましょう。

直面している問題から距離をおく手伝いをする

うつ病というのは、本人が置かれた環境にストレスを感じていたり、何らかの形で重圧を感じることが積もり積もって、心がギリギリの状態になってしまいます。

まずは、今置かれている環境から距離を取れるように手助けをしてあげてください。場合によっては、強制的にその場から離すことも必要になるかも知れません。

一緒にいく病院を探す

一緒に病院に行ってみないかと誘ってみましょう。うつ病の自覚がない場合もあるので、病院にいくことを嫌がる方もいると思いますが、自分自身の状態を知ることが治療の第一歩であることを話して、病院で診察を受けるようにしましょう。

もし、うつ病と診断を受けたら?

うつ病を診断をされたら、学校や職場などに連絡を入れましょう。これは、当事者ではなくご家族が担当してあげてください。知られたくないと思うかも知れませんが、隠していることで最終的には本人にも、支えるご家族にとっても負担が大きくなります。

また、うつ病になってしまうと、起き上がる気力すらおこらない状態になります。うつ病の場合は「やらなくちゃ」と思うことで、ますます気力が損なわれてしまうので、食べなきゃ、起きなきゃ、着替えなきゃと考えることが負担になっていきます。

何がプレッシャーになるか、本人も自覚をしていないので、声かけするのも難しい時もありますが、「気が向いたらご飯食べれるように置いて置くね」ですとか、「新しい服を置いておくから、無理のないときに着替えてみてね」と、身の回りのことを気にかけるように協力してあげましょう。

治療には周りの協力が必要不可欠なのです。

うつ病と診断されたら入院しなければいけないの?

先ほど、うつ病の症状は個人差が大きいというお話をしましたが、本人が自覚しない症状から、死にたいと自分を追いやってしまう症状まで多岐に渡ります。
そのため、治療方法も個人個人に合わせた方法で行われていきます。

入院に関しても必須ではありません。診察を受けた病院で、治療方法についても相談をしてみてくださいね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

女性を悩ます便秘の解消法に今注目の水素水を取り入れてみよう

便秘は本当に辛いものです。お腹の張りだけでなく、肌が荒れたり、なんとなく体の調子が悪いなど体にとっていいこと…

ほのりかこう / 2488 view

【乳ガン検診】初めてのマンモグラフィ体験をお伝えします!

女性芸能人の「乳ガン」のニュースが話題になり、検診について関心を持つ方も増えたのではないでしょうか?しかし実…

ひらり / 2761 view

子供にもうつるマイコプラズマ肺炎の症状と治療法を知ろう

マイコプラズマ肺炎は自然治癒も可能ではありますが、重症化するケースもありますので、なるべく病院へ受診しましょ…

さんにんのまま / 2895 view

【炭水化物抜きダイエット】ってどうなの?自分に合うか考えて!

テレビやネット、雑誌でも特集されている炭水化物抜きダイエット。ストイックになりすぎるのは健康にも良くないかも…

ひらり / 2340 view

子供と自分のために、知っておきたい子宮頸がんと予防ワクチン

女性特有のがんのひとつ「子宮頸がん」。予防ワクチンの安全性についてニュースなどで取り上げられ、大きな話題とな…

tikatika / 3588 view

年々子供の花粉症も増えている!つらい花粉症の予防と対策

最近、子供達の花粉症も増えているとニュースになったりしていますが、花粉症の人にとっては本当に辛い問題ですよね…

ReilyLady / 2523 view

アフリカマンゴノキが怪しすぎる!本当にダイエット効果があるのか徹底解説

ダイエット成分としてアメリカから注目され、今や日本国内においてもアフリカマンゴノキ由来成分を含むダイエット製…

奮迅婦人 / 1313 view

意外に知らない正しい洗顔方法?効果的にいちご鼻を改善するための洗顔方法をご紹介

「いちご鼻をどうしても改善したい」しかしなんとなく洗顔していても毛穴は改善されませんよね?毛穴の汚れを洗い落…

199301 / 784 view

ついつい後回しになりがちな、パパの健康管理を考えよう!

子供の体のことは、いろいろ気がかりだけれど、パパのこととなると、ついつい後回しになりがち。しかも、肝心のパパ…

tikatika / 3155 view

これで花粉の季節を乗り切ろう!おすすめ花粉症対策メガネ5選

辛い花粉の季節、皆さんはどんな花粉症対策を行なっていますか?今回は花粉症対策に大変効果がある、おすすめの「花…

makowork / 1948 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック