多様化する社会の中で、精神的な病を抱えてしまう人は年々増加する傾向にあります。厚生労働省では、平成23年度時点でも300万人を超えると発表されていました。

もしも身近な人がうつ病になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。まさか自分の家族がと思う方もいるかも知れませんが、意外な人ほどうつ病になりやすいという話もよく聞きます。
うつ病という名前をよく聞くことはあっても、きちんとした知識を持っている人は少ないのではないでしょうか。

うつ病とはどんな病気?

うつ病とは気分障害と言われる病気の一つです。症状も個人差が大きく、表には見えにくい場合も多々あります。最近口数が減った、常に焦燥感があって落ち着きがない、なんでも自分のせいだと思い込んでしまったり、吐き気がしたり、原因不明の頭痛や腹痛に悩まされることもあります。

うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。

うつ病かも知れないと思ったら?

身近な人ならば、些細な変化を感じ取ることもあるでしょう。場合によっては、当事者からなんとなく調子が悪いというシグナルが出される場合もあります。

ただ、そのシグナルを軽く受け流してしまい、深刻化してからシグナルの重要性に気がつくケースが多いことも事実ですので、もしもシグナルと思われることがあったら、軽視せずに向き合うようにしましょう。

直面している問題から距離をおく手伝いをする

うつ病というのは、本人が置かれた環境にストレスを感じていたり、何らかの形で重圧を感じることが積もり積もって、心がギリギリの状態になってしまいます。

まずは、今置かれている環境から距離を取れるように手助けをしてあげてください。場合によっては、強制的にその場から離すことも必要になるかも知れません。

一緒にいく病院を探す

一緒に病院に行ってみないかと誘ってみましょう。うつ病の自覚がない場合もあるので、病院にいくことを嫌がる方もいると思いますが、自分自身の状態を知ることが治療の第一歩であることを話して、病院で診察を受けるようにしましょう。

もし、うつ病と診断を受けたら?

うつ病を診断をされたら、学校や職場などに連絡を入れましょう。これは、当事者ではなくご家族が担当してあげてください。知られたくないと思うかも知れませんが、隠していることで最終的には本人にも、支えるご家族にとっても負担が大きくなります。

また、うつ病になってしまうと、起き上がる気力すらおこらない状態になります。うつ病の場合は「やらなくちゃ」と思うことで、ますます気力が損なわれてしまうので、食べなきゃ、起きなきゃ、着替えなきゃと考えることが負担になっていきます。

何がプレッシャーになるか、本人も自覚をしていないので、声かけするのも難しい時もありますが、「気が向いたらご飯食べれるように置いて置くね」ですとか、「新しい服を置いておくから、無理のないときに着替えてみてね」と、身の回りのことを気にかけるように協力してあげましょう。

治療には周りの協力が必要不可欠なのです。

うつ病と診断されたら入院しなければいけないの?

先ほど、うつ病の症状は個人差が大きいというお話をしましたが、本人が自覚しない症状から、死にたいと自分を追いやってしまう症状まで多岐に渡ります。
そのため、治療方法も個人個人に合わせた方法で行われていきます。

入院に関しても必須ではありません。診察を受けた病院で、治療方法についても相談をしてみてくださいね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

ヨガの効果や魅力って?産後ダイエットにもおすすめな理由!

海外セレブや芸能人など、綺麗な人がやっているイメージが高いヨガ。美容やダイエット効果が高く、産後のリカバリー…

tujico / 1487 view

日頃からのケアで健康な歯を維持!虫歯予防にはガムが効果的

歯をいつまでも綺麗な状態で保ちたいと考えている人は多いと思います。 そこで、歯の健康を大切にしている人にお…

Millert57 / 872 view

女性に多い?!身近な病気【膀胱炎】の原因と症状、治し方

突然下腹部に激痛が…病院に行ったら膀胱炎だった、なんて経験がある方ももしかしたらいるかもしれません。意外と身…

tokakko / 5950 view

急な症状に慌てないために!普段から知っておきたい子どもの病気

突然が子に病気の症状があらわれたとき、どうしても慌てがちになってしまう親御さんも多いはず。いきなりの病気にか…

tokakko / 6447 view

多くの方が悩んでいる花粉症の症状!おすすめの市販薬5選

花粉が飛ぶ季節になると、鼻水や鼻づまり・くしゃみなどの症状に悩まされる方は多いのではないでしょうか?今回はそ…

kaeru_5 / 1318 view

目元シミの原因は?予防・対策で注意すべき9つのこと

顔のパーツで最も印象に残る目元。そのまわりにあるシミは、どっと見た目年齢を高めてしまいますよね。 目元のシ…

サワタリミヤコ / 2409 view

いざという時に!知っておこう、乳幼児の心肺蘇生法

乳幼児の心肺蘇生法を知っていますか?意外と知られていない乳幼児の心肺蘇生法についてまとめました。

reichel / 4840 view

【赤ちゃんも安心】ママが使える安心のスキンケアアイテム5選

小さい子どもがいるとどうしてもおろそかになりがちなスキンケア。化粧水をつける暇もなくて気がついたら肌がガサガ…

nana2boys / 7770 view

【産後ダイエット】忙しい育児中にできるダイエット5選

忙しいお母さん達のために育児中にできるダイエットについてまとめました。 無理することなく妊娠前の体型に戻せる…

reichel / 4919 view

自分の体をよく知ろう!生理不順になる理由と対処法

生理は毎月、規則正しくきていますか?生理不順は不妊を引き起こしたり、大きな病気が原因となっている可能性も考え…

ヤギヤギコ / 1274 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック