「ダイエット=食事の質量を減らす(体重を減らす)」というイメージが根強い中で、産後で変化してしまった体型をできるだけ早く戻したい!と思うと、つい食事量の制限をしたりしてしまいがちですが、授乳中のママと赤ちゃんにとって、食事の制限は危険なものです。

バランスの良い食事と適度な運動が、ママと赤ちゃんに嬉しい結果を生んでくれます。

授乳中に限らず、産後のママ達にとってエネルギーは必要不可欠

授乳中に限らず、産後のママ達にとってエネルギーは必要不可欠

出産という大仕事を成し遂げて、体型や骨格にゆるみが出ているわけですから、食事で制限して体重を落とすのは、大変危険です。

母乳を与えていれば、自然と体重も落ちます

よく「母乳をあげていたら体重が減りました。」という話を聞きませんか?
実際にママがしっかりご飯を食べて、赤ちゃんに母乳をあげていれば、母乳から必要な栄養をを赤ちゃんが摂取してくれるので、自然と体重は落ちていきます。

そのため、母乳をあげていると常に空腹感があります。
食べる量を物理的に減らすのではなく、食べるものを気を付けてあげることが、赤ちゃんにもママにも特になることが多いということを頭に置いて下さいね。

なぜ授乳中の食事制限が危険なのか

母乳は血液であるため、授乳をしていると、ママが摂取する栄養素が足りなければ、貧血を起こしてしまう危険性もあるのです。
赤ちゃんにとって、ママは絶対的存在。そんなママが倒れてしまったら、赤ちゃんにとっては一大事なわけなのです。

ママは母乳を出すために1日約600kcalは消費するといわれており、運動量が少ないうちは赤ちゃんに母乳をたっぷりあげることで栄養摂取量のバランスを調整できます。
授乳中のお母さんは、知らないうちに貧血が進んでしまっていることも多いのです。

授乳中のママと赤ちゃんに嬉しい食事とは

ママにも赤ちゃんにも嬉しい食事は、身体に良い食事の事を言います。
また、ママの食事の内容で母乳の味も変わると言われています。

美味しい母乳なら、赤ちゃんもどんどん飲んでくれるでしょうし、ママも母乳が出やすい体になるので、体重も増えにくくなります。

繊維質のものを取り入れる

繊維質のものの代表と言えば、ゴボウやレンコンなどの根菜ですね。
繊維質のものを食べることで、ママのお通じも良くして、体の循環を良くしてあげることが、授乳と産後ダイエットの大基本です。

鉄分を多く含むものを食べる

鉄分は、妊娠期からずっと必要な栄養素ですが、ひじきや切干大根などの、乾燥食材に多く含まれています。また、ホウレンソウも鉄分が多い食材として有名ですよね。
いつもの食事のプラス1品で、小鉢としてひじきや、おひたしを付けてみるといいですね。

塩分と揚げ物は控えめに

揚げ物や、味の濃いものを食べたくなったりしますが、こちらはダイエットにも母乳にもあまりいいものではありません。

揚げ物は、乳腺炎を引き起こす原因になったり、塩分の取りすぎで母乳が苦くなってしまい、赤ちゃんが母乳を飲んでくれなくなったりするので、出来るだけ控えましょう。

また、塩分の取りすぎは浮腫みにもなります。
浮腫みは、冷え症や産後ダイエットの大敵にもなりますので、気を付けましょう。

水分を多めに摂り甘いものは控える

代謝を促して、身体の巡りを良くするには、水分を取ることは必要不可欠ですが、糖分の過剰摂取は糖質中毒にもつながりかねませんし、不眠症やイライラの原因にもなります。

糖質による危険性は、昨今、世界中で話題にされています。
市販のジュースにも、驚くほど砂糖が多く入っています。

少し辛くても、糖質の制限は後々に良いことがたくさんあるので、未来の自分のためにちょっとだけ、我慢してみてくださいね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

フラフープダイエットの魅力!効果やおすすめの商品は?

手軽に始められて、ダイエットにも効果的なフラフープ。天気を気にせずに運動できて、テレビや音楽鑑賞など“ながら…

tujico / 600 view

飲み物でスッキリ!女性にオススメ便秘解消ドリンク5選

若い女性は男性の約5倍便秘になりやすいと言われています。そんな便秘を解消するには摂取する水分の見直しが必要不…

makowork / 758 view

初期症状を見逃さない!乳腺炎の症状はどんな感じ?

ママなら誰でもなる可能性のある乳腺炎。乳腺炎は初期症状を見逃さないことで、早めの処置を行うことができ重症化せ…

ヤギヤギコ / 652 view

いざという時に!知っておこう、乳幼児の心肺蘇生法

乳幼児の心肺蘇生法を知っていますか?意外と知られていない乳幼児の心肺蘇生法についてまとめました。

reichel / 3621 view

なぜ女性は膀胱炎になりやすいのか!?予防方法を5選紹介

「女性の5人に1人は膀胱炎に罹った経験がある」と言われているほど、多くの女性の方が膀胱炎で悩んだ経験があるの…

kaeru_5 / 351 view

花粉症だけじゃない!その鼻水、ハウスダストアレルギーかも?

最近よく聞くハウスダストアレルギー。一体どんなものなのか、症状から対策まで、詳しくみていきたいと思います!

myia / 1774 view

水仕事で手に水虫が。『酢』の力を借りると対策がとれる!?

結婚をすると水仕事が増えます。 その為、ひび割れや手水虫など、手の悩みがつきないようになることも。 特に水虫…

HF-LIFE / 2909 view

【忙しいママ必見】すきま時間に出来る簡単デトックス方法4つ

家事や子育てが忙しくて、自分の事は後回しに・・・鏡を見る時間も無くなっていて、気が付いたら心も体もネガティブ…

potetas / 1167 view

知っておきたい三大疾病の種類、あなたの生活習慣は大丈夫?

三大疾病とは何の病気のこと?三大疾病にかかる原因とは?保険に入る前などに知りたい三大疾病についてまとめました…

tujico / 679 view

子供の目やには色に注意!意外な病気が隠れているかも!

朝起きた時などこどもの目やにの多さにびっくりすることはありませんか?拭いても出てくるときや、いつもと違う形状…

sumomomama / 1452 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック