便秘は続くと、毒素が体から排出されずに、様々な健康被害をもたらします。体本来の機能が正常に働いていないというのは本当に辛いものです。できることなら、ただその場の便秘症状を直すのではなくて、体全体を改善して正常な状態に戻りたいものですよね。

便秘を根本から解決するためには、適度な運動、栄養バランスのとれた食事、睡眠時間の確保と、あげればキリがありません。でも、忙しいママ達にとって適度な運動をする時間や、良質な睡眠時間なんて、分かっているけどできないんだ!と叫びたいところですよね。

今回は、そんな忙しく過ごすママ達のために、便秘解消法としての漢方にフォーカスしたいと思います。

漢方と薬は違うの?

病院で診察を受けた際に、漢方薬を処方された方も多いと思いますが、漢方と薬は何が違うのでしょうか。薬の種類には「西洋薬」と「漢方薬」があり、どちらも同じく”薬”としてカテゴリーされています。

西洋薬と漢方薬の違いは、西洋薬が症状一つの解消をするのに対して、漢方薬は体全体の状態を正常に戻すよう作られています。例えば、熱を下げるのが西洋薬なら、熱が出ている体の状態を改善して熱を下げるのが漢方薬です。

西洋薬は症状をいち早く緩和してくれるので、一時的な解消には良いかも知れませんが、根本的に改善できる訳ではないということは理解しておきたいところです。安易に便秘薬に何度も頼ってしまうと、体が薬に慣れてしまって、便秘薬を飲んでも出なくなってしまうということもあるので注意が必要です。

漢方医学という考え方

西洋薬も漢方も、病気を治すという目的は同じですが、漢方医学では体質改善をすることで、病気を治すという考え方なので、便秘と一緒に他の症状がある場合には漢方が使用されることが多いとされています。様々な要因が重なって起きた便秘も、体が本来の力を取り戻して正常な働きをすれば病気は治る!と考えてつくられているということですね。

便秘に効く漢方

便秘の原因が様々あるように、漢方薬もその症状や原因によって種類があります。漢方は自然の草木からとった”生薬”で作られていて、総合的に体の免疫力をあげたり、問題の根本を解消する働きをします。そのため、その時の体力の有無や、普段の生活状況も処方される薬の判断材料になります。実際に、便秘の際に処方される代表的な漢方薬を紹介します。

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

体を温める効果があり、普段から下痢気味や胃腸の弱い方向けに使用されます。お腹が張り気味だったり、体力が落ちている人に適しています。痛みを和らげる効果があり、便秘で腹痛を起こしている時に処方されることが多い漢方です。

腸胃承気湯(ちょういじょうきとう)

慢性的な便秘や、便が硬くなって出にくくなっているものを改善します。便を柔らかくすることでお通じを良くしてくれます。また、便秘時の腹痛や、排便の時の痛みを和らげてくれるので、痛くなりにくいのが特徴です。

その他の便秘の治療に使用される漢方

麻子仁丸(ましにんがん)
体力中等度以下で、ときに便が硬く塊状な方の便秘、腹部膨満 など

潤腸湯(じゅんちょうとう)
体力中等度又は虚弱で、ときに皮膚乾燥などがある方の便秘

大柴胡湯(だいさいことう)
体力が充実して、脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘傾向のある方の常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり など

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
体力中等度以上で、のぼせて便秘しがちな方の便秘、痔疾 など

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
体力中等度以上で、イライラや不眠など精神不安のある方の便秘、神経症 など

引用:漢方のツムラ

便秘の漢方薬と一言で言っても、これだけたくさんの種類があるんですね。一時的な症状の対処ではなくて、できることなら根本的に体質改善して、体本来のチカラを取り戻したいですよね!



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

ツラい運動や難しい知識は不要!?ママに人気の8時間ダイエット

難しい知識も道具もいらないのに、即効性が高いダイエットとして、最近人気が高まっている8時間ダイエット!仕事に…

midori / 1381 view

愛するわが子を守る為に!今日から始める禁煙習慣

なかなかやめられない禁煙ですが、こどもができたことをきっかけに、試みる人は多いようです。 『百害あって一利な…

HF-LIFE / 2361 view

【赤ちゃんの情緒と発育を豊かに】ベビーマッサージ教室で親子の絆を深めよう!

赤ちゃんとパパママ、みんなが幸せになれるメリットたっぷりなベビーマッサージをはじめてみませんか? ベビーマッ…

reichel / 2348 view

女性必見!見落とすと命の危険も…気付かれにくい腎盂腎炎の症状

あまり耳にすることがない「腎盂腎炎(じんうじんえん)」。膀胱炎と似ていますが発見が遅れると大変危険な病気です…

makowork / 1909 view

【子宮頸がん検診】ってどんなことする?若い女性も積極的に!

「痛い?」「恥ずかしい?」経験がないと不安になりがちですね。子宮頸がん検診を受けてみませんか?事前の知識があ…

ひらり / 1882 view

春だけじゃない!秋冬にも多い花粉飛散情報と対策

「花粉症」は立派な病気です。春だけだと思われがちですが、花粉は年中飛んでいて、秋に発症する人も多いそうです。…

サクマメグム / 2707 view

今年も大流行!家族で気をつけたい、溶連菌感染症について

流行中の溶連菌感染症。 症状や検査方法についてまとめてみました。

akimama / 3738 view

出産前に考えたい!女性の保険を見直した方が良い理由

自分の保険ってどうされてますか。女性は妊娠、出産となると病院に通う事も増えてきますよね。でも「出産で保険金は…

ピロ子 / 983 view

【おもちが喉につまった!】正しい応急処置法を学んで万が一に備えよう

お正月になるとなんとなく食べたくなるおもち。余ったおもちをダラダラと食べ続ける冬の間は喉につまらせないように…

nana2boys / 3419 view

インフルエンザの予防接種を“打ってはいけない”はウソ!?

毎年必ずと言っていいほど大流行をもたらす怖~い病気、インフルエンザ。その予防策としてワクチンの予防接種が推奨…

midori / 1010 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック