そもそも花粉症って何!?

花粉症は簡単に言うと、鼻などから花粉が体の中に侵入してきた時に、これを異物と判断して体の外へ出そうとする免疫反応なのです。

花粉症の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。空気中で浮遊しているスギやヒノキの花粉などのアレルゲン(抗原)が鼻の粘膜に付着することで、体内で抗体が作られて肥満細胞という名前の細胞とくっつきます。

その後再びアレルゲンが体内に侵入することで、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体と結合し、鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応を引き起こして体内から花粉を追い出そうとするのです。このことからアレルギー性鼻炎とも言われています。

花粉症の主な症状!

鼻水・鼻づまり

鼻の粘膜に花粉が付着することで、これを体の外へ追い出そうと鼻水が出たり、花粉をこれ以上体内に侵入させないように鼻づまりが生じてしまいます。
鼻水は風邪の時のように粘っこいものではなく、透明でサラッとしていることが多いです。

花粉症の方の多くが、朝の発作的な鼻炎の症状に悩まされているようで、これをモーニングアタックと世間では言われています。モーニングアタックの原因のひとつとして、起きてすぐの時間帯は自律神経のバランスがうまくとれていないことがあげられるそうです。また、起き上がる際に布団に付着していた花粉が空気中にまき上げられて、それを吸い込んでしまうことで起こってしまうようです。

くしゃみ

くしゃみも花粉を体の外に追い出そうとする自己防衛反応です。発作のように連続して起こり、回数が多いのが特徴です。くしゃみをするとどうしても唾液が飛散してしまいますので、周囲にも気を使ってしまいますよね。マスクをしていたら自分のくしゃみでマスクが臭うなんて経験もあるのではないでしょうか?

マスクを新しい物へ交換する場合は、外気に触れている側は花粉も付着していますので注意が必要です。耳にかけるゴムの部分をつまみながら、手に花粉がつかないように気を付けながらソッとゴミ箱へ捨てるようにしましょう。

目のかゆみ

目のかゆみも本当に辛いですよね。ここで我慢できずに目をこすってしまうと、余計にかゆみが強くなってしまうなんてことも!

また、こすってしまうと角膜を傷つけてしまったり、ものもらいになってしまうこともあるのです。女性の方はアイメイクをしている方が多いので、こすりたくてもこすれませんし困ったものですよね。

そこで思いつくのが...
「目を洗う」ということ!目に付着した花粉を洗い流すためにも目をすすぐのは効果があるかと思います。しかし、水道水には塩素が含まれていますのでドラッグストアなどで販売されている洗眼液を使用するようにしましょう。また、洗いすぎてしまうと目を守っている必要な涙の成分までも洗い流してしまいますので多用しないように注意してください。

洗眼したらアイメイクが取れる!という方は、抗アレルギーの目薬を使うと良いかも知れません。まぶたを閉じてアイスノンなどで冷やすと炎症を抑えるという効果も。

おすすめの市販薬5選

アレグラFX

アイドルグループ嵐の大野さんが出演してみえるCMでおなじみの商品です。フェキソフェナジン塩酸塩配合のアレルギー専用の鼻炎薬で、1日2回の服用で24時間効果が得られます。空腹時でも服用でき、眠くなりにくいというのが特徴です。こちらは28錠入りですので、14日間分ですね。

アレジオン20

アレジオン10という商品も販売されています。アレジオン10はエピナスチン塩酸塩が1錠中10mg配合されているのに対し、こちらの商品は1錠中20mg配合されています。よりしっかりと効果を得たい方におすすめです。こちらは1日1錠服用ですので、6日間分ですね。

ストナリニZ



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

水仕事の多い主婦の大敵『ひび割れ』!!冬に備えて行なう5つの予防方法

水仕事の多い主婦の悩みの一つである、指先のひび割れ・・・。これって一度悪化させてしまうと、再度割れやすくなる…

HF-LIFE / 4320 view

産後ダイエットに悩む方のための太ももダイエット方法5選

妊娠期間中に図らずも太くなってしまった太もも。何とかしたいけど、時間も余裕もないし、、、産後ダイエットって何…

ReilyLady / 1419 view

【手足口病】保育園や幼稚園で感染する?!夏に流行る手足口病って何?

夏に大流行することで知られる手足口病。夏だけではなく1年中感染の危険がある病気なのだそうです。よく聞く手足口…

nana2boys / 3191 view

年々子供の花粉症も増えている!つらい花粉症の予防と対策

最近、子供達の花粉症も増えているとニュースになったりしていますが、花粉症の人にとっては本当に辛い問題ですよね…

ReilyLady / 1488 view

愛するわが子を守るために、SIDS(乳幼児突然死症候群)という病を知ろう

子供の命を急に奪う原因不明の恐ろしい病、SIDS(乳幼児突然死症候群)についてです。

reichel / 4293 view

家族の食事と一石二鳥!味噌汁でファスティングダイエット

産後ダイエットもなかなか進まないし、手軽にできることから始めたいけど、家族にご飯も作らなきゃだし、家事もしな…

ReilyLady / 4169 view

子供の病気として急増している偏頭痛。大人とは違う症状と原因

偏頭痛は大人だけの病気ではないと知っていましたか?実は5歳前後のこどもでもかかるのです。最近増えているといわ…

sumomomama / 1350 view

今日から実践!マイナス3㎏ならすぐに痩せられる『塩抜きダイエット』

女性ファッション誌で話題の塩抜きダイエット! 簡単なのに効果が高いことで、大人気のダイエット方法です。

HF-LIFE / 2967 view

水仕事で手に水虫が。『酢』の力を借りると対策がとれる!?

結婚をすると水仕事が増えます。 その為、ひび割れや手水虫など、手の悩みがつきないようになることも。 特に水虫…

HF-LIFE / 5204 view

生理の周期と女性の身体と心の関係。生理と上手に付き合おう!

女性の身体と心の変化には生理周期が大きく関係していることを知っていますか?女性にとって生理は、40年近く付き…

ヤギヤギコ / 1409 view

kaeru_5

3姉妹の母をしています。毎日慌ただしいけれど、とても充実した日を送っております。
頼れる人がいないため主人と二人三脚で手探り状態の子育てをしていますので、こういう子育てなどに関する情報がゲットできるサイトの存在はとてもありがたいですφ(..)メモメモ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック