そもそも花粉症って何!?

花粉症は簡単に言うと、鼻などから花粉が体の中に侵入してきた時に、これを異物と判断して体の外へ出そうとする免疫反応なのです。

花粉症の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。空気中で浮遊しているスギやヒノキの花粉などのアレルゲン(抗原)が鼻の粘膜に付着することで、体内で抗体が作られて肥満細胞という名前の細胞とくっつきます。

その後再びアレルゲンが体内に侵入することで、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体と結合し、鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応を引き起こして体内から花粉を追い出そうとするのです。このことからアレルギー性鼻炎とも言われています。

花粉症の主な症状!

鼻水・鼻づまり

鼻の粘膜に花粉が付着することで、これを体の外へ追い出そうと鼻水が出たり、花粉をこれ以上体内に侵入させないように鼻づまりが生じてしまいます。
鼻水は風邪の時のように粘っこいものではなく、透明でサラッとしていることが多いです。

花粉症の方の多くが、朝の発作的な鼻炎の症状に悩まされているようで、これをモーニングアタックと世間では言われています。モーニングアタックの原因のひとつとして、起きてすぐの時間帯は自律神経のバランスがうまくとれていないことがあげられるそうです。また、起き上がる際に布団に付着していた花粉が空気中にまき上げられて、それを吸い込んでしまうことで起こってしまうようです。

くしゃみ

くしゃみも花粉を体の外に追い出そうとする自己防衛反応です。発作のように連続して起こり、回数が多いのが特徴です。くしゃみをするとどうしても唾液が飛散してしまいますので、周囲にも気を使ってしまいますよね。マスクをしていたら自分のくしゃみでマスクが臭うなんて経験もあるのではないでしょうか?

マスクを新しい物へ交換する場合は、外気に触れている側は花粉も付着していますので注意が必要です。耳にかけるゴムの部分をつまみながら、手に花粉がつかないように気を付けながらソッとゴミ箱へ捨てるようにしましょう。

目のかゆみ

目のかゆみも本当に辛いですよね。ここで我慢できずに目をこすってしまうと、余計にかゆみが強くなってしまうなんてことも!

また、こすってしまうと角膜を傷つけてしまったり、ものもらいになってしまうこともあるのです。女性の方はアイメイクをしている方が多いので、こすりたくてもこすれませんし困ったものですよね。

そこで思いつくのが...
「目を洗う」ということ!目に付着した花粉を洗い流すためにも目をすすぐのは効果があるかと思います。しかし、水道水には塩素が含まれていますのでドラッグストアなどで販売されている洗眼液を使用するようにしましょう。また、洗いすぎてしまうと目を守っている必要な涙の成分までも洗い流してしまいますので多用しないように注意してください。

洗眼したらアイメイクが取れる!という方は、抗アレルギーの目薬を使うと良いかも知れません。まぶたを閉じてアイスノンなどで冷やすと炎症を抑えるという効果も。

おすすめの市販薬5選

アレグラFX

アイドルグループ嵐の大野さんが出演してみえるCMでおなじみの商品です。フェキソフェナジン塩酸塩配合のアレルギー専用の鼻炎薬で、1日2回の服用で24時間効果が得られます。空腹時でも服用でき、眠くなりにくいというのが特徴です。こちらは28錠入りですので、14日間分ですね。

アレジオン20

アレジオン10という商品も販売されています。アレジオン10はエピナスチン塩酸塩が1錠中10mg配合されているのに対し、こちらの商品は1錠中20mg配合されています。よりしっかりと効果を得たい方におすすめです。こちらは1日1錠服用ですので、6日間分ですね。

ストナリニZ



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【レコーディングダイエット】記録するだけ?ホントに効果ある?

「食べたものを記録していく。」というレコーディングダイエット。自分の食生活をハッキリ自覚するというのがポイン…

ひらり / 678 view

冬に増える子どもの便秘。家族でできる改善方法をご紹介

おとなでも辛い便秘の症状。子どもには、できるだけ経験してほしくないですよね。家族でできる予防方法と改善方法を…

サクマメグム / 1018 view

花粉症対策にはヨーグルトがおすすめ!花粉症にヨーグルトを役立てる方法5選

辛い花粉症の時期がやってきました。 ヨーグルトは、花粉症対策に期待がもてると言われています。 今年はヨーグル…

HF-LIFE / 1197 view

【赤ちゃんも安心】ママが使える安心のスキンケアアイテム5選

小さい子どもがいるとどうしてもおろそかになりがちなスキンケア。化粧水をつける暇もなくて気がついたら肌がガサガ…

nana2boys / 5675 view

【寒くなってきたらご用心!】中耳炎になったときの対処法

耳の中が突然痛くなる中耳炎。くせになると風邪を引くたびになってしまうことも。まだ言葉を上手に話せない小さな赤…

nana2boys / 3250 view

働くママが気を付けたい保育園でもらいやすい子供の病気

働くママ達にとって保育園や幼稚園は必要不可欠ですが、流行の病気が移りやすいのも気がかりな点ですよね。保育園な…

ReilyLady / 1518 view

経産婦のママこそ気をつけたい子宮筋腫、漢方は使えるの?

子宮筋腫は良く聞く病名でも、まさか自分がと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は東洋医学の漢方が子宮…

ReilyLady / 341 view

パパとママが一緒に使える♡驚く程痩せるブルブルマシーンとは??

出産をしてから始まる、太りぎみ現象。。。 あちこちにぷよぷよとついてしまう、お肉に悩まされる日々。 しかしい…

HF-LIFE / 3355 view

女性に多い?!身近な病気【膀胱炎】の原因と症状、治し方

突然下腹部に激痛が…病院に行ったら膀胱炎だった、なんて経験がある方ももしかしたらいるかもしれません。意外と身…

tokakko / 3249 view

女性を悩ます便秘の解消法に今注目の水素水を取り入れてみよう

便秘は本当に辛いものです。お腹の張りだけでなく、肌が荒れたり、なんとなく体の調子が悪いなど体にとっていいこと…

ほのりかこう / 917 view

kaeru_5

3姉妹の母をしています。毎日慌ただしいけれど、とても充実した日を送っております。
頼れる人がいないため主人と二人三脚で手探り状態の子育てをしていますので、こういう子育てなどに関する情報がゲットできるサイトの存在はとてもありがたいですφ(..)メモメモ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック