マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマは正式には「Mycoplasma pneumoniae」という名前の微生物です。主に気道に感染し、発熱や咳、頭痛や倦怠感などを主症状とする呼吸器感染症です。呼吸器に感染すると肺炎になりやすいため、マイコプラズマ肺炎と呼ばれています(肺炎になっていない状態だと、正しくはマイコプラズマ感染症となります)。

基本は子供ですが、大人でも発症します

マイコプラズマは一般的に、幼少の子供に感染することが多く5~9歳が最も多いといわれています。しかし、傾向として子供に多いというだけで大人も発症します。特に大人の場合、少々体調が悪くても無理をして仕事をして症状が悪化、さらに社内に感染させてしまうケースもありえます。

子供/大人に関係なく、早めに病院で診察してもらいましょう。初期症状だと風邪と判断されるかもしれませんが、咳がしつこく続くようなら再度新札してもらうことを心がけましょう。

症状のチェック方法

マイコプラズマは感染してから発症するまでに1~4週間の潜伏期間が存在します。発症後は咳や発熱といった症状が出ますが、通常の風邪と見分けがつきにくく、状況によっては誤認するケースも存在します。激しい咳や痰の絡む咳が続くようなら、早めに血液検査を検討するのも1つの手段です。

普通の風邪によくみられる鼻水やタンは少ないのですが、最初の症状は38度位の熱と咳ですので普通の風邪と見分けにくい感染症です。

特徴としては、なかなか止まらない乾いたコンコンという咳です。

レントゲンでは他の一般的な肺炎と違って、淡いかげを示す場合がほとんどです。

また、肺炎に至らず上気道炎、咽頭炎、気管支炎にとどまりレントゲンで異常を示さない場合も珍しくありません。この場合はマイコプラズマ感染症ではありますが、正しくはマイコプラズマ肺炎とは言いません。こうなると風邪との見分け方は、家族の発症や血清診断を参考にしないと医師でも診断は困難です。

マイコプラズマの治療法

基本的には抗生剤を利用することで症状を抑えることが出来ます。他にも水分を十分に取って安静にすることが必要です。ただし、一般的に完治には時間がかかり、1ヵ月程度の期間を要することもあります。熱が収まれば外出許可が出ることは多いですが、当面は無理をしないように心がけましょう。

マイコプラズマ肺炎の治療方法は、マクロライドと呼ばれる抗菌薬による化学療法と、発熱や咳の症状を抑えるための対症療法になります。マクロライドが無効の場合、テトラサイクリン系抗菌薬(学童期までは歯牙の発育に影響)やニューキノロン系抗菌薬が使われます。

ほとんどの場合、外来の内服治療で治ります。

感染の恐れがあるため注意しましょう!

感染経路としては、咳やクシャミなどのしぶきが飛ぶことで近くにいる人に感染する飛沫感染が主な要因です。そのため、子供がマイコプラズマ肺炎(または感染症)と診断された場合、新札に同行した親はもちろん同居した家族も感染している可能性があります。

感染力自体は高くありませんが、家族間や学校内といった生活の場で接する時間が長いため、流行する可能性はあります。マイコプラズマと診断されたら医師の許可が下りるまでは、登校/出勤は控えるようにしましょう(とはいえ、熱が収まればOKのケースが多いようです)。

まとめ



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【赤ちゃんの情緒と発育を豊かに】ベビーマッサージ教室で親子の絆を深めよう!

赤ちゃんとパパママ、みんなが幸せになれるメリットたっぷりなベビーマッサージをはじめてみませんか? ベビーマッ…

reichel / 2323 view

【花粉対策は早めがカギ】あのムズムズの季節がやってくる!その前にできる対策法まとめ

鼻はムズムズ・ズルズル、涙はポロポロ。花粉症にとってイヤァな季節がまたやってきます。実は花粉症対策は、その時…

nana2boys / 2188 view

急な症状に慌てないために!普段から知っておきたい子どもの病気

突然が子に病気の症状があらわれたとき、どうしても慌てがちになってしまう親御さんも多いはず。いきなりの病気にか…

tokakko / 5656 view

家族の悩み…。花粉情報をリアルタイムで知りたいときにはこれ!

花粉は一年中飛散しています。季節によっては症状が重くなってしまうことも。出かける前や洗濯物を干すときに、チェ…

サクマメグム / 846 view

水仕事の多い主婦の大敵『ひび割れ』!!冬に備えて行なう5つの予防方法

水仕事の多い主婦の悩みの一つである、指先のひび割れ・・・。これって一度悪化させてしまうと、再度割れやすくなる…

HF-LIFE / 4337 view

入院のお見舞い何にしよう?喜んでもらえる品物5選

友人や親戚が入院!そんな時、すぐにでもお見舞いに行って元気づけてあげたいですよね。でも、持っていくものってど…

myia / 2294 view

産後、体型がなかなか戻らないママ必見!豆乳ダイエットのやり方

産後なかなか体型が戻らないママたちのために、簡単にできる豆乳ダイエットの方法を紹介します。美容にも健康にも有…

ReilyLady / 881 view

最近便秘気味なママのために、すぐに試して欲しい解消方法

つらい便秘の症状は、腹痛だけじゃなくて、肌荒れや、自律神経にも関わってきます。出来るだけ早く解消したいですよ…

ReilyLady / 1143 view

身近な病気、子宮筋腫の手術費用や治療方法。もしものための知識

女性に起こる病気の代表とも言える子宮筋腫ですが、病気の事や治療方法は意外と知らないものですよね。女性ならば知…

ReilyLady / 1064 view

産後ダイエット初級編!一週間ストレッチチャレンジ

そろそろ産後ダイエットを始めようかと思っているママのために、産後ダイエットの初級編「一週間のストレッチチャレ…

ReilyLady / 1715 view

いっち

閲覧、ありがとうございます!

仕事一筋でしたが、最近ようやく家族について考えるようになりました。
拙い部分も多いと思いますが、どうかよろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック