インフルエンザの予防接種にまつわるアレコレが気になる!

毎年、秋の始まりとともに訪れるインフルエンザの大流行。インフルエンザにかかると高熱やダルさに苦しめられるほか、一定期間子どもの通学や通園が停止になるなど、働くパパやママにとっても悩ましい病気ですよね。

そんなインフルエンザ対策として有効とされるのがインフルエンザワクチンの予防接種です。けれど、インフルの予防接種は「本当は打っちゃダメ」だとか「打っても効果がない」だとか、ネガティブ情報が世にはびこっています。実際のところ、インフルの予防接種ってどうなんでしょうか?

インフルワクチンで重大な副作用が出るって本当!?

そもそも予防接種で打たれるワクチンは病原菌ですので、その日の体調などによって副作用(副反応)が出ることも少なくありません。それでも接種が推奨されるのは、副反応を上回る効果が期待されるからです。

インフルエンザを含む全てのワクチン接種で死亡や重症化が起こる確率は、0.000005%~0.00007%だと言われています。1年あたりで言うと0~3人で、この中には病気を持った人や高齢者も含まれることを考えると、かなり低い数値だということがわかるでしょう。

ちなみに、インフルの予防接種では10人に1~2人は注射部位が赤くなったり腫れたりといった軽度の副反応が見られるようです。

季節性インフルエンザで比較的多くみられる副反応には、接種した場所(局所)の赤み(発赤)、はれ(腫脹)、痛み(疼痛)等が挙げられます。接種を受けられた方の10~20%に起こりますが、通常2~3日でなくなります。
 全身性の反応としては、発熱、頭痛、寒気(悪寒)、だるさ(倦怠感)などが見られます。接種を受けられた方の5~10%に起こり、こちらも通常2~3日でなくなります。

予防接種をしてもインフルになっちゃうのはなぜ?

インフルの予防接種では、「せっかく予防接種したのに、子どもが2回もインフルになった」など効果に疑問を感じて打つのを止めたという人も多いですよね。でも、これにも理由があるようなんです。

インフルエンザは、発症するかしないかは別として、ウイルスが体内に入ることで免疫ができます。なので、大人になるほど過去の経験から免疫を備えていることが多く、インフルにかかりにくいのです。一方、子どもたちはまだまだ免疫をつけている真っ最中。個人差も大きいので、同じ予防接種を打ってもまだ免疫を作るには不十分なこともあり、きちんと効果を発揮できるかは未知数なのです。

予防接種を打つと症状が軽症化するだけなの?

予防接種をするとインフルにかかったときにも軽く済むというのも、予防接種についてよく聞かれる話です。

残念ながら、軽症化するかどうかについてはハッキリとわかっていないようです。ただ、インフルワクチンを接種した人のほうが、接種していない人に比べて、肺炎などの重病を起こしにくいという調査結果はあるようです。

予防接種によってインフルの高熱が収まりやすいとも言われているので、少しでも早く回復したい人は予防接種を受けておくほうがいいようですね。

発症後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、入院治療を必要とする方や死亡される方もいます。これをインフルエンザの「重症化」といいます。特に基礎疾患のある方や御高齢の方では重症化する可能性が高いと考えられています。ワクチンの最も大きな効果は、この重症化を予防する効果です。

予防接種はやっぱり効果アリ!適切な時期に受けておこう♪

予防率は100%ではなさそうですが、ワクチンの予防接種はインフルエンザに対してもっとも有効な方法です。1度接種すると半年ほど抗体の効果が続くと言われます。流行が始まる前、10月頃に接種を終えておけば、そのシーズンは安心ですね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

暇つぶしなんかじゃない!入院中できるおすすめの過ごし方5選

入院中、暇を持て余して退屈している方は多いのではないでしょうか?実は入院中だからこそできることはたくさんある…

makowork / 627 view

愛するわが子を守るために、SIDS(乳幼児突然死症候群)という病を知ろう

子供の命を急に奪う原因不明の恐ろしい病、SIDS(乳幼児突然死症候群)についてです。

reichel / 3022 view

辛い乳腺炎にならないために。日々の食事で予防しましょう!

産後の乳腺炎。乳児のお世話をしながらの通院や治療はとても大変です。今回は自身の体験から、乳腺炎を防ぐための食…

サクマメグム / 452 view

ダイエットの停滞期を乗り切れ!健康に痩せるために注意すること

ダイエットをしていると「停滞期」がすぐきちゃう人いませんか?どうしたらいいのでしょう。もっとストイックにダイ…

ひらり / 286 view

産後ダイエットに悩む方のための太ももダイエット方法5選

妊娠期間中に図らずも太くなってしまった太もも。何とかしたいけど、時間も余裕もないし、、、産後ダイエットって何…

ReilyLady / 623 view

子供の足の骨がでる!?スポーツ障害の症状と治療法を知ろう

有痛性外頸骨とは、耳慣れない言葉とは思いますが、意外と身近にあるスポーツ障害ですので紹介したいと思います。

さんにんのまま / 3561 view

今年も大流行!家族で気をつけたい、溶連菌感染症について

流行中の溶連菌感染症。 症状や検査方法についてまとめてみました。

akimama / 2238 view

授乳中のママ必見!産後ダイエットで気を付けたい食事

産後ダイエットで、とにかく早く体型を戻したいと思うあまり、食事制限をしてしまう方もいらっしゃいますが、食事制…

ReilyLady / 594 view

身近な病気、子宮筋腫の手術費用や治療方法。もしものための知識

女性に起こる病気の代表とも言える子宮筋腫ですが、病気の事や治療方法は意外と知らないものですよね。女性ならば知…

ReilyLady / 299 view

急な症状に慌てないために!普段から知っておきたい子どもの病気

突然が子に病気の症状があらわれたとき、どうしても慌てがちになってしまう親御さんも多いはず。いきなりの病気にか…

tokakko / 1216 view

midori

2児の母です。自分なりに調べたことをまとめてみました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック