もし、子供が意識を失ったら?息をしていなかったら?

親としては想像もしたくありませんが、もし子供が息をしていなかったら自分はどうしたらいいのか考えたことはありますか?
すぐに心肺蘇生法を行い救急車を呼ぶ必要があります。
その時に知識が一切なければ狼狽えるばかりで何もできません。
緊急時に対応できるように最低限のことができるようにしておきましょう。

乳幼児心肺蘇生法の手順を知る

心肺蘇生法の手順を知っておくことが大事です。
いざという時にすぐに行動に移すことが赤ちゃんの命を救うはずです。
行動するためには方法を知っておく必要があります。

(1)反応を確認する
* 成人・小児と同じ。足の裏をたたいて、刺激することも有効です。
(2)助けを呼ぶ
* 救助者が二人以上いる場合には、一人が心肺蘇生法を開始し、他の人が119番通報し
   ます。
* 救助者が一人の場合や、協力者が誰もいない場合には、次の手順に移る前に、まず自分
   で119番通報とAEDの手配をします。
(3)呼吸の確認
* 成人・小児の場合と同じ
(4)胸骨圧迫
* 手順は、成人・小児と基本的に同じです。
* 圧迫の方法は、乳児では2本指(中指・薬指)で押します。
* 圧迫の位置は、乳児では左右の乳頭を結ぶ線の少し足側となります。
○圧迫の強さ(深さ)は、小児と同じく胸の厚みの1/3を目安として、十分に強く、
○圧迫のテンポは、成人・小児と同じく1分間に少なくとも100回の速いテンポで、
○絶え間なく圧迫し続けます。
(5)人工呼吸(口対口鼻人工呼吸)
* 呼吸がなければ、成人・小児と同じく、1回1秒かけ、胸が上がるのが見えるまで2回息を
   吹き込みます。
* 乳児に対しては、「口対口鼻人工呼吸」を行います。
傷病者の口と鼻を同時に自分の口で覆います。
もし、同時に覆えないときは、通常の口対口人工呼吸で行います。

乳児への人工呼吸

(6)心肺蘇生法の実施(胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせを継続)

乳児への胸骨圧迫

乳児への胸骨圧迫部位

動画で理解を深めよう

文字を読むよりも動画で見たほうがやり方や動作がわかりやすくより身につくと思います。
乳幼児の心肺蘇生法の動画を見てより理解を深めましょう。

乳児に対する心肺蘇生のやり方 - YouTube

出典:YouTube

乳幼児に対するAEDの使い方 - YouTube

出典:YouTube

乳児の気道異物を除去する方法 背部叩打法と胸部突き上げ法 - YouTube

出典:YouTube

可能ならば講習を受けましょう

可能ならば時間を作り応急手当の講習を受けましょう。
東京都では各消防署にて講習を開いております。
※講習への問い合わせの際はくれぐれも119への発信はしてはなりません。119は救急の際の電話番号です。

さいごに

心肺蘇生法の流れを知ることはとても重要ですが、
例え心肺蘇生法をマスターしたと思った場合でも決してひとりで解決しようとはしないでください。
子供が息をしていないなどの緊急時には必ず119をしてください。
自己判断はとても危険です。

ただ応急処置を知っていることはとても大切なことです。
いざという時にパニックにならず冷静に対処するためには知っていることが何よりも重要です。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

産後ダイエットの成功の秘訣は、体重を減らす事じゃなかった!

産後ダイエットと聞くと「ダイエット=体重を落とす」と考える方も多いのではないでしょうか。ダイエットで本当に大…

ReilyLady / 1672 view

30代から激太りに要注意!!変化する体質の原因って??

30代を過ぎると、女性は下半身を中心にどんどん太り始めます。 今まで太ることなんてなかったから!なんて思って…

HF-LIFE / 4122 view

視力障がいがある子どもと上手く付き合う方法

視力障がいをもつお子様との上手な関わり方についてまとめてみました。

専業主婦 / 3617 view

入院のお見舞い何にしよう?喜んでもらえる品物5選

友人や親戚が入院!そんな時、すぐにでもお見舞いに行って元気づけてあげたいですよね。でも、持っていくものってど…

myia / 2384 view

年々子供の花粉症も増えている!つらい花粉症の予防と対策

最近、子供達の花粉症も増えているとニュースになったりしていますが、花粉症の人にとっては本当に辛い問題ですよね…

ReilyLady / 1570 view

【寒くなってきたらご用心!】中耳炎になったときの対処法

耳の中が突然痛くなる中耳炎。くせになると風邪を引くたびになってしまうことも。まだ言葉を上手に話せない小さな赤…

nana2boys / 4246 view

B型肝炎になってしまったら?給付金を受給するためにすべきこと

昭和23~63年の間に、予防接種を受けてB型肝炎になってしまった世代も、今や母親になっている可能性が高い年齢…

ReilyLady / 1012 view

乾布摩擦の効果がすごい!健康のために始めてみませんか?

乾布摩擦には意外にたくさんの効果があること、ご存知でしょうか?簡単なのにすごい!乾布摩擦の効果を調べてみまし…

myia / 4689 view

ついつい後回しになりがちな、パパの健康管理を考えよう!

子供の体のことは、いろいろ気がかりだけれど、パパのこととなると、ついつい後回しになりがち。しかも、肝心のパパ…

tikatika / 1692 view

年齢なんて関係ない!放っておくと失明も?怖~い眼の病気

眼の病気=白内障や緑内障だけではありません。日常生活の中にも失明の危険が潜んでいたとしたら…?老若男女関係な…

tokakko / 1634 view

reichel

子供から学び、子供と成長していく。

子供だった気持ちを忘れない。

そんな育児を目指してます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック