思いもよらぬ事故『火傷』

どんなにママが気をつけていようとも、事故は起こってしまうものです。
問題はその時を迎えた時に、少しでも冷静に対応できるように知識を頭に入れておくことです。

初期治療が遅れると熱傷は深くなり、治療期間もしばしば長くなります。
熱傷の症状は皮膚症状が中心ですが、熱傷を受けた面積が広ければ脱水、炎症などによるショック症状などさまざまな全身症状があらわれます。体表面積の10%以上の熱傷面積では輸液が必要とされており、専門医療機関での加療が必要となりますので時間外でも救急来院して下さい。

1度熱傷:赤く腫れる

1度熱傷の場合はすぐに冷やして様子見です。
あまりに痛がるようであれば、病院で軟膏をもらうと良いでしょう。
赤くぶくっと腫れる程度であれば、1度熱傷の範囲に入ります。

1.表皮のみの損傷です。(日焼けは1度熱傷です。)
2.ヒリヒリして赤くなります。
3.一時的に色素沈着がありますが、数日で自然に治り、やけど跡は残りません。

軟膏をぬることで痛みを和らげることができます。あまりに腫れて痛いようであれば、軟膏をもらいに行きましょう。

2度熱傷:水ぶくれができる

二度熱傷の中にも2段階あり、症状のレベルは痛みで判断すると良いです。
痛みが軽度で水ぶくれができるようであれば、それは2度熱傷の中でも重度な範囲に入ります。

火傷は痛みが強い程、軽度なのです!
しかし火傷の範囲が広かったり、赤ちゃんの様な幼い子の場合は救急で病院へ行きましょう。

水ぶくれができるのは、2度熱傷の場合です。
水ぶくれは、やけどの傷口を保護する役割があるので
破れないように気をつけます。

水ぶくれが破けてしまった場合は、病院での診察を受けます。
上皮化後に、色素沈着などが起きますが、やけど跡はあまり残りません。
ただし、やけど後のケアによっては、やけど跡が残ることがあります。

水ぶくれができた場合は、必ず水ぶくれを剥がさないようにすることが重要です!!

3度熱傷:焦げた様にまっ黒になる

火傷の程度は明らかにひどく見えるのに痛がらないような場合は、一番最悪なパターンだと考えてすぐに救急で病院へ行く必要があります。
3度熱傷の場合でも、迷わずに冷やすことが大切だそうです。

最も深い3度熱傷は、水ぶくれができずに、皮膚が白くなったり、
黒く焦げたりしていて、痛みも感じなくなっています。
手術が必要な場合もあるので、痛みがなかったり、
軽傷に見えても病院を受診することをおすすめします。
やけど跡ははっきりと残り、盛り上がったり、ケロイド状に残ることもあります。
皮膚が引っ張られる感覚や、機能障害が起こる場合もあります。

家庭での応急処置について

やけどの応急処置は、とにかく冷やすことです。
冷やすタイミングが遅くなることで、どんどん皮膚の深い層まで炎症が広がります。

やけどをしたらすぐ流水(水道水)で冷やしましょう。冷やすことによ り、痛みを軽くするだけでなく、やけどの進行を遅らせることができます。冷やす時間は、体の部位や年齢などにより異なるため一概には言えませんが、大体 15~30分は冷やすようにしましょう。手足のやけどでは、1時間くらい冷やすと有効的と言われています。
衣服の上から受傷した場合は、服の上から水をか けます。
服を無理して脱がすと、水ぶくれが破れて、痛みが強くなったり、感染をおこしたりする原因になることがあります。ただ、服の上からではやけどをおこした部 位がわかりにくいため、広めに水をかけるなどの注意が必要です。

またあまりに広範囲に渡る場合は、バスタオルを氷水につけて冷やし、そのタオルを全身にまいて、その上から乾燥しているバスタオルで保温することが良いようです。しかしこの場合、氷水でタオルを何度も冷やす必要があります。

絶対に行なってはいけない民間療法



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

こどもの身長が伸びなくなる!?意外な〇〇が与える恐ろしい影響とは?

こどもは発育が良いに越したことはありませんよね。 無理に身長を伸ばすことばかりにこだわる必要もありませんが、…

HF-LIFE / 1937 view

乾布摩擦の効果がすごい!健康のために始めてみませんか?

乾布摩擦には意外にたくさんの効果があること、ご存知でしょうか?簡単なのにすごい!乾布摩擦の効果を調べてみまし…

myia / 745 view

産後ダイエットに悩む方のための太ももダイエット方法5選

妊娠期間中に図らずも太くなってしまった太もも。何とかしたいけど、時間も余裕もないし、、、産後ダイエットって何…

ReilyLady / 537 view

子供のために知っておきたいB型肝炎とワクチンのこと

平成28年10月1日から、定期接種になったB型肝炎ワクチン。よく耳にするけれど、詳しくは知らないB型肝炎とい…

tikatika / 408 view

もう悩まない!薄毛対策に期待が持てる5つのテクニック!

年々進行するパパの薄毛は、多くの男性が抱える悩みです。しかし薄毛対策に期待が持てる方法だってあるのです。そこ…

HF-LIFE / 2544 view

お子さんのいるご家庭には特に知っておいていただきたい!光化学スモッグについて

乳幼児が影響を受けやすい、光化学スモッグについてまとめてみました。

akimama / 2002 view

水仕事の多い主婦の大敵『ひび割れ』!!冬に備えて行なう5つの予防方法

水仕事の多い主婦の悩みの一つである、指先のひび割れ・・・。これって一度悪化させてしまうと、再度割れやすくなる…

HF-LIFE / 2561 view

急な子どもの病気、病院に連れて行くか悩んだ時のチェック診断

熱はあるのに元気。なんだか少し元気がない気がする。具合が悪そうだけど病院に連れて行くべき?急な子どもの病気は…

ReilyLady / 341 view

【花粉対策は早めがカギ】あのムズムズの季節がやってくる!その前にできる対策法まとめ

鼻はムズムズ・ズルズル、涙はポロポロ。花粉症にとってイヤァな季節がまたやってきます。実は花粉症対策は、その時…

nana2boys / 1036 view

急な症状に慌てないために!普段から知っておきたい子どもの病気

突然が子に病気の症状があらわれたとき、どうしても慌てがちになってしまう親御さんも多いはず。いきなりの病気にか…

tokakko / 916 view

HF-LIFE

ハッピーファミリーライフをキーワードに、家族が幸せに過ごせる情報を届けていきます。
よろしくお願いします(^-^)

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック