こどもって目やにがよくでませんか?
大人よりも出やすいようですが、いつもと違う色や、いつもより量が多いとき等は何か病気にかかっている可能性もあります。
今回はこどもに多い目やにの病気をご紹介します。

なぜ子供は目やにが多いのか?

目には、ゴミやホコリや菌から目を守るため、まばたきをして目の周りに膜をはっています。
目を守る膜は、まぶたの内側から分泌されています。目にゴミやホコリや菌が侵入してきたとき、このまぶたの分泌物が異物をからめ取り、一緒に鼻涙管を通って鼻くそとなって外に出されるようです。このとき目頭や目尻に溜まった分泌物が目やになのです。

子供は大人よりも新陳代謝が活発な為、目やにの量が多くなります。起きている間はまばたき等で流れてしますのですが寝ている間はまばたきをしないので朝は目やにが溜まっていることが多いのです。
なのでいつも朝型目やにが多いというだけではあまり心配することはないのですが、日中もずっと目やにが出ていたり、いつもと違う色だったりする場合は注意が必要です。

目やにの原因

風邪

赤ちゃんや小さいこどもは目と鼻が近いので、鼻涙管(目頭から鼻に抜ける涙の通り道)を逆流した鼻水が目やにとなってでてくる事があります。
風邪が治れば目やにも治まります。ひどいようなら耳鼻科に行って鼻水を吸引してもらったり、目やにの事を伝えて目薬をもらうこともできます。

結膜炎

結膜炎は、幼児や子供がかかりやすい病気と言われています。結膜炎には、ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎、アレルギー性結膜炎などがあります。目やにや充血やかゆみなどが症状としてでます。ウイルス性結膜炎ははやり目の場合が多く、発熱や喉の痛みなど風邪の症状もあるので注意が必要です。

先天性鼻涙管閉塞症

先天性鼻涙管閉塞症とは鼻涙管が開通しないまま、赤ちゃんが生まれてくることがあり、これを先天性鼻涙管閉塞といいます。新生児涙嚢炎とも言われ、赤ちゃんのころから起こります。もし生後すぐのころから目やにが多く出て止まらない場合は鼻涙管の詰まりを疑ってみることが必要でしょう。ほとんどが、3カ月~1歳までに自然治癒します。

急性涙嚢炎

急性涙嚢炎とは、先天性閉塞など何らかの理由で鼻涙管が詰まってしまうために起こる感染症です。症状は、涙嚢のあたりが腫れて痛みがあります。目が赤くなり、涙がとまらず目やにが出たり、発熱する場合もあるようです。腫れている箇所には膿が溜まっているので、手で触れないように気をつけましょう。

睫毛内反症

まつげが内側に向けて生えているいわゆる逆さまつげです。赤ちゃんはまぶたが分厚いので逆さまつげになりやすく、幼児になるにつれて自然と改善していきます。3歳を過ぎてもまつげが外向きにならなかったり、まつげが角膜を傷つけるようなら手術をする場合もあります。

病気かもしれない目やにの特徴

黄色くてねばねばしている目やに



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

健康な身体を手に入れるために!取り入れて欲しい食品5選

毎日食べる食事にどのくらい気を遣っていますか?食べているもので作られている私たちの身体。せっかくなら健康に良…

myia / 2237 view

熱性痙攣(けいれん)で抑えておくべき対処法!

乳幼児が引き起こしやすい熱性痙攣。突然の発作を目の当たりにすると、「もしかして死んじゃうかも!」と驚いてしま…

さくらしまこ / 8677 view

視力障がいがある子どもと上手く付き合う方法

視力障がいをもつお子様との上手な関わり方についてまとめてみました。

専業主婦 / 3297 view

多くの方が悩んでいる花粉症の症状!おすすめの市販薬5選

花粉が飛ぶ季節になると、鼻水や鼻づまり・くしゃみなどの症状に悩まされる方は多いのではないでしょうか?今回はそ…

kaeru_5 / 765 view

暇つぶしなんかじゃない!入院中できるおすすめの過ごし方5選

入院中、暇を持て余して退屈している方は多いのではないでしょうか?実は入院中だからこそできることはたくさんある…

makowork / 6297 view

デスクワークは骨盤にダメージ!椅子の正しい座り方を紹介

仕事中ずっと座っていると、腰が痛くなったりしませんか? また、腰痛に悩まされる人も多いでしょう。 腰痛を予防…

Blonline28 / 243 view

知らないと怖い!クループ症候群とそのケア方法

子どもが「ケンケン」といつもと違った咳をしていたらクループ症候群を疑いましょう。急激に悪化し呼吸困難になるこ…

nana2boys / 33869 view

女性を悩ます便秘の解消法に今注目の水素水を取り入れてみよう

便秘は本当に辛いものです。お腹の張りだけでなく、肌が荒れたり、なんとなく体の調子が悪いなど体にとっていいこと…

ほのりかこう / 1195 view

幼少期こそ重症化しやすい【マイコプラズマ肺炎】の症状とは?

マイコプラズマ肺炎は、幼少期や学童期が最も症状を悪化させやすい時期だと言われています。 風邪がなかなか治らな…

HF-LIFE / 2011 view

産後ダイエット上級編!5分間サーキット運動プログラム

自分のことに時間はかけられないけど、産後ダイエットは確実に成果を出したい!というママ必見の5分間サーキットト…

ReilyLady / 1431 view

sumomomama

日々の暮らしの悩みが少しでも楽になるお手伝いができればと思います

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック