光化学スモッグとは

光化学オキシダントを主成分とするスモッグ。
健康に影響を及ぼすことがある大気汚染の一種。

発生しやすい時期

5月から9月にかけての日中。
気温が高めの日(25度以上)。
日差しが強いと発生しやすい。

発生しやすい地域

光化学スモッグは大気中に汚染物質があることが原因で起きるため、
排気ガスなどの多い都心部で多く発生します。

人体への影響

目がチカチカする、喉の痛み、咳など。
重症化すると、めまい、頭痛、発熱などの症状が出ることも。

植物への影響

植物の葉が枯れるなどの影響がでることもあります。

洗濯物について

夕方以降になり温度が下がったり紫外線の量が減少したりすると、
化学反応によって光化学スモッグは分解されて無害の物質に変わります。
夕方になるまで干しっぱなしにした方が良いでしょう。

特に気をつけたい人

乳幼児、お年寄り、病弱な人は、健康な成人よりも被害を受けやすいので注意が必要。
目や喉の持病がある場合は、症状が悪化する可能性があります。

マスクでも予防できる?

有害なガス成分は市販のマスクなどでは除去できません。

対策

光化学スモッグ注意報や警報が発令されたら、窓を閉め外出を控える事が最善策。

おわりに



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

「水がしみて痛い・・・」冬場のあかぎれ対策ちゃんとしてる?

冬場のトラブルとして多くの人が悩んでいるのがあかぎれです。 このようなトラブルを解消したいと考えている人は…

Jpssie58 / 2754 view

ぶりかえす赤ちゃんのあせも…対策法や対処法について解説!

かゆくて痛くてつらそうな赤ちゃんのあせも、何とかしてあげたいと悩むママも多いのではないでしょうか。あせもとは…

tujico / 3458 view

【鼻かぜ?】もしかして、うちのこ花粉症!?

花粉が飛ぶと鼻がムズムズ・・・大人だけでなく子どもも辛い花粉症についてまとめます。

ikanago / 6399 view

働くママが気を付けたい保育園でもらいやすい子供の病気

働くママ達にとって保育園や幼稚園は必要不可欠ですが、流行の病気が移りやすいのも気がかりな点ですよね。保育園な…

ReilyLady / 5586 view

拒食症ってどんな病気?~身体に起こる変化と対処法~

拒食症は毎日の食事量が減っていき、急激に体重が減ってしまう怖い病気です。この病気の怖いところは自覚症状がなく…

Yorrico93 / 2063 view

大人も要注意、咽頭結膜熱(プール熱)について注意すべき点をまとめています

咽頭結膜熱(プール熱)が学校保健法において指定伝染病と定められているのをご存知ですか。しっかりと知識を身につ…

さくらしまこ / 10288 view

これで花粉の季節を乗り切ろう!おすすめ花粉症対策メガネ5選

辛い花粉の季節、皆さんはどんな花粉症対策を行なっていますか?今回は花粉症対策に大変効果がある、おすすめの「花…

makowork / 2966 view

家族の悩み…。花粉情報をリアルタイムで知りたいときにはこれ!

花粉は一年中飛散しています。季節によっては症状が重くなってしまうことも。出かける前や洗濯物を干すときに、チェ…

サクマメグム / 2557 view

病院へ行けない時!辛い乳腺炎を自宅で治療する方法5選

痛くて辛い乳腺炎。小さな赤ちゃんを抱えて病院へ行くのは大変ですよね。そんな時の応急処置として自宅で治療する方…

myia / 6001 view

寝る時のマスクでこどもが救われる!?マスクをして寝る子は病気にかかりにくい!!

マスクをして眠る子は、病気にかかりにくいと言われています! この事実は、TVでもよく話題になっています。

HF-LIFE / 11387 view

akimama

神奈川県で子育てをしている1児の母です。
皆さんの子育てライフに役立つ情報をお伝えできたら嬉しいです♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック