ポイント①予防接種について基礎的な知識をつける

ワクチンを受けてVPDから子供を守ろう

VPDとはワクチン接種をすることで防げる病気のことを言います。
VPDは子供がかかると重篤化して命にかかわる大きな病気ばかりです、命が助かっても思い後遺症に悩まされる場合もあります。

ワクチンで防げる主な病気

ワクチンの費用

ワクチンは定期接種と任意接種の二種類があり、定期接種の場合はどの自治体でもおそらく無料で受けられますが、任意接種のワクチンの自己負担になります。
値段は病院によります。
安価ではありませんのでお財布に厳しいですが、あの時受けていればと後悔をするくらいならば接種しておいたほうが良いでしょう。

日本で接種できるワクチンは、定期接種と任意接種に分けることができます。

定められた期間内に接種する定期接種は、たいていは公費(無料)で実施されます。一方、任意接種は、ほとんどの場合、全額自己負担です。任意接種の費用は、ワクチンの種類や医療機関によって違いますが、何回か接種が必要なものもあるので、決して安い金額ではありませんね。でも、ワクチンで予防するのと、何もせずにVPDにかかるのと、一体どちらが「お得」なのでしょうか?

ポイント②ワクチンを接種する時期を決める

ワクチンデビューは生後2ヶ月の誕生日から、がオススメ

予防接種は一度病院に行き接種して、『はい、終わり』というわけにはいかず何度か医療機関に通い接種していきます。
0歳児の頃に受けるワクチンの回数が多く、尚且つ決まった期間を開けないと次のワクチンが打てないため、なるべく早めの生後二ヶ月の誕生日からのワクチンデビューが進められています。
すぐに予約がとれない場合もあるので生後一ヶ月ごろには予約をとりスケジュール管理をしておくことをお勧めします。

できれば生後2か月になった“その日”に次の4つのワクチンを同時接種で受けます。これらのワクチンは、小さな赤ちゃんが感染すると重症化して入院や命にかかわるVPDを予防します。できるだけ早く接種していち早く免疫をつけることが重要です。
【B型肝炎①】【ロタウイルス①】【ヒブ①】【小児用肺炎球菌①】

・0歳で受けるワクチンは6-7種類、15回以上もあるため、同時接種が基本です。
・特にヒブと小児用肺炎球菌の「髄膜炎ワクチンセット」は同時接種で受けましょう。

ポイント③同時接種可能な小児科を探す

0歳児の間に受けなくてはならないワクチンはとても多いので基本的には同時接種を勧められます。
小児科によっては同時接種を行っていない場合もあるので、小児科を探す際には同時接種を行ってるかどうか確認をすることが大事です。

ポイント④予防接種スケジュールを立てよう

Know VPD! - ワクチンで防げる病気(VPD)を知って子供たちの命を守る

上記出展のリンクよりPDFで予防接種のスケジュール表をダウンロードすることが可能です。

リンク先のこの画像の中にある『0歳の予防接種スケジュールシートダウンロード』と記載のある緑色のボタンを押すとPDFページへ飛び、ダウンロードができます。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

もう悩まない!薄毛対策に期待が持てる5つのテクニック!

年々進行するパパの薄毛は、多くの男性が抱える悩みです。しかし薄毛対策に期待が持てる方法だってあるのです。そこ…

HF-LIFE / 4016 view

健康な身体を手に入れるために!取り入れて欲しい食品5選

毎日食べる食事にどのくらい気を遣っていますか?食べているもので作られている私たちの身体。せっかくなら健康に良…

myia / 2583 view

鼻水・鼻づまりがツライ!おすすめの花粉症対策マスク5選

花粉症を軽減するにはマスクが必須アイテムですが、どんなマスクがいいのか悩んでしまいます。フィルターの花粉ブロ…

berry / 868 view

乾布摩擦の効果がすごい!健康のために始めてみませんか?

乾布摩擦には意外にたくさんの効果があること、ご存知でしょうか?簡単なのにすごい!乾布摩擦の効果を調べてみまし…

myia / 4073 view

毎年辛い花粉症、症状を少しでも緩和するためにできること

花粉症はなんでこんなにつらいんでしょう、そもそもなぜ花粉症になるんでしょうか。原因と対処法をまとめてみました…

蓮ママ / 635 view

春だけじゃない!秋冬にも多い花粉飛散情報と対策

「花粉症」は立派な病気です。春だけだと思われがちですが、花粉は年中飛んでいて、秋に発症する人も多いそうです。…

サクマメグム / 2481 view

時間がないママ必見!簡単産後ウエストダイエット方法5選

産後ウエスト周りが気になっているものの、時間がなくてどうしたらいいか分からないというママ達のために、自宅でで…

ReilyLady / 2002 view

子供の発熱や怪我!「病院に行くかどうか」の見極め方。

子供が体調を崩したとき、病院に行くかどうか迷うことはありませんか?体調のわるい時に待合室で待つことや、院内感…

よしだ あき / 2390 view

ママは家庭の基盤!毎日の健康のための『貧血』改善方法まとめ

出産を境に、女性は急激に体質が変化してしまいます。今まで元気で病気なんてしなかった様な人でも、突然貧血に悩ま…

HF-LIFE / 2108 view

【痒い・痛い・赤い】もうイヤ!足のカミソリ負けを防ぐには?

ムダ毛を自己処理している人の多くは、カミソリ負けに悩んでいることでしょう。 痛みや痒み、赤くなった肌はなかな…

Qualion38 / 178 view

reichel

子供から学び、子供と成長していく。

子供だった気持ちを忘れない。

そんな育児を目指してます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック