通常時の基礎体温グラフとは?

基礎体温は、排卵が正常に起こっている女性の場合、排卵日を挟んで低温期と高温期に分かれます。グラフを見て、一番体温が低くなる日に排卵が起こり、排卵日の前に低温期、排卵日の後に高温期があります。

大体の目安となるガイドラインを36.7℃としているグラフが多いですが、通常時の体温には個人差があります。そのため、排卵日を挟んで平均の差が0.3℃から0.5℃あれば問題がないとされています。

低温期と高温期は、生理周期が28日の女性でだいたい約2週間ずつ訪れます。生理周期にも個人差があるため一概に何日続くとは言えませんが、グラフが低温期と高温期に分かれていれば、きちんと排卵が起こっていると考えられます。

生理周期は28~30日ぐらいであり、低温期と高温期の2つに分けられます。そのうち低温期は36.7℃以下で約14~16日間、高温期は36.7℃以上で約14日間続きます。また、多くの女性が低温期の終わりに一瞬体温が下がります。この日が卵巣から卵子が出る排卵日となるのです。
基礎体温は、妊娠時と非妊娠時でも状態が異なります。まず、非妊娠時の健康な女性の基礎体温についてみていきましょう。女性は卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類のホルモンの影響を大きく受けます。この二つのホルモンは、一定の周期で分泌量が多くなったり少なくなったりします。この周期的な変化が、月経周期をつくっていて、月経が起こるのも2つのホルモンの影響です。排卵が起こると黄体ホルモンが分泌されますが、黄体ホルモンには体温を上げる作用があるため、基礎体温のグラフに変化が出るのです。

妊娠したときの基礎体温グラフとは?

妊娠したときの基礎体温は、通常2週間程度で終了する高温期が、生理予定日を過ぎても継続したままになります。

高温期は妊娠が分かってからもしばらく続き、だいたい妊娠4カ月頃まで継続します。

妊娠すると高温期が継続する訳は?

女性の体が高温期に入る理由は、黄体ホルモンの働きによるものとされています。黄体ホルモンは、子宮内膜を厚くしたり乳腺を発達させるなど、妊娠に重要な準備をおこなってくれるホルモンです。

妊娠すると、黄体ホルモンの分泌量は妊娠後期まで増加を続けます。この黄体ホルモンには基礎体温を上げる働きもあるため、妊娠すると体温が上がったままになるのです。

【3週間ほど高温期が続く】ようであれば、妊娠している可能性が高いと言えます。また、月経はあるものの高温期がない場合は、無排卵性月経である可能性があります。2か月から3か月ほど測定することで、高温期が現れるようであれば心配はないでしょう。
また、【月経がなくて17日以上高温期が継続する】ようであれば、妊娠していることが考えられます。月経か判明できない出血が見られたなら、体温が下がった場合は月経であり、下がることがなければ着床出血と言えます。

基礎体温をはかることで、いち早く妊娠に気づける

このように、基礎体温をはかることにより、妊娠検査薬を使用するよりも早く妊娠の可能性に気がつくことができます。

その他、自分の体のリズムを理解することにもとても便利なため、妊活中には積極的に基礎体温をはかるようにしてみましょう。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

安産祈願はいつがいい?お参りの意味と参拝方法とは?

安産祈願は何となく知っているけどやらないといけないのかな?、やるとしてもいつがいいのだろう?とお悩みの方に安…

oppekeizm / 580 view

妊娠中に飲んではいけないものと、おススメの飲み物って?

妊娠中に飲むことがNGな飲み物って?じゃあ逆におススメの飲み物は?何かと気を付けることが多い妊婦さん向けに、…

tujico / 402 view

妊婦の間に作ろう♪簡単に手作りできるベビーへの贈り物5選

初めての赤ちゃんへのプレゼントにママの愛情たっぷりの手作りのアイテムを贈りましょう♡ここでは簡単に作れる手芸…

yoc97★ / 714 view

初期だけじゃない!妊娠後期にあるつわりの症状とその原因

つわりは妊娠初期だけじゃなかったの!?実は妊娠後期にもつわりはあります。今回は後期にあるつわりの症状と対策を…

oppekeizm / 680 view

つわりのピークが過ぎるって本当?妊娠12週ってこんな時期!

妊娠12週ごろになると、つわりの症状もようやく落ち着いてくるころ。その他、ママの身体やお腹の中の赤ちゃんには…

tujico / 112 view

安産効果抜群!?出産までに骨盤ゆるゆる!マタニティヨガに挑戦(^^♪

妊娠中のストレス解消や、運動不足解消、また安産効果を高めるとして、最近産院でも実施されている、マタニティヨガ…

HF-LIFE / 16941 view

出産をするなら無痛分娩!「無痛分娩」の仕組みと気になる費用

無痛分娩は、欧米では主流の出産法です。日本ではまだまだ一般的ではありませんが、自然分娩と違い、お母さんがリラ…

Le Petit Bateau / 824 view

術後はどうしたらいい?帝王切開の傷跡のケアや過ごし方について

自然分娩と帝王切開では、出産後の過ごし方も変わります。どれくらいで退院できるのか、赤ちゃんへの授乳はどうした…

ReilyLady / 372 view

女の子が欲しいママ必見!自分に合った産み分け方法

妊娠を望んだ時に、元気な子が生まれてくれば良い!とは思いながらもやはり、性別が気になる人も多いのではないでし…

honoka51 / 405 view

出産内祝いはこれで決まり!内祝いで人気の商品10選

頂いた出産祝いへのお返し。贈るからには喜んでもらいたい!でも産後は慣れない育児で、正直ゆっくりと内祝いを選ぶ…

Le Petit Bateau / 660 view

tujico

主人、娘、猫3匹と暮らすアラサー主婦です。フリーランスのライターとして活動しています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック