出産祝いのマナー

いつ渡せばいいの?

赤ちゃんのお七夜が済んだ生後7日目~生後1か月のお宮参りの時期に贈る事が一般的です。しかし祝い事ですのでそれ以降でも贈ってもかまいませんが、遅くても生後半年以内です。

遅くなってしまった場合は「遅くなってごめんね」等のメッセージを添えるのを忘れないようにしましょう。

手渡し?配送?

お祝いですので基本的には持参し直接渡すのが良いとされています。しかしどうしても無理な場合は配送でも失礼にはあたりません。
自宅を訪問する時には事前に連絡をし、母子の体調が良い日時を選びましょう。

贈り物の相場は?

身内の場合

家族や親せきであれば相場は1~2万円。多少高価なベビー服や、ベビーベッド、ベビーカーなどの実用的なものが喜ばれます。
何を贈ったらよいか本人に確認し必要なものを贈ると無駄がなく喜ばれます。

職場関係の場合

上司から部下に贈るのであれば相場は1万円ほど。同じ部署や同僚であれば5千円ですが、職場からの場合は特に何人かで一つの贈り物を渡す事が多いようです。

友人・知人の場合

こちらも相場は5千円ですが、贈る人との親しさによって変わってきます。
また職場と同様に数名でお金を出し合って一つの高価なプレゼントを渡す事も出来ますよ。

出産祝いに人気の5選

出産祝いのマナーや相場がわかったところで実際にどんなものが喜ばれるのか、ママがもらってうれしかった人気の贈り物を5つご紹介します。プレゼント選びの参考にしてくださいね。

①ベビー服

出産祝いの定番と言えばこれ!最近ではスタイやおもちゃ等とセットにしてくれるお店も多いですし、そうするととても豪華に見えますし、多いときには一日10枚以上使用するスタイも喜ばれます。

ただし注意してほしいのがサイズや季節感。
新生児は成長が早いので長い期間着れるように、サイズは70cm~80cmを選びましょう。

またせっかく大きめのサイズを買ったのに、実際に着られる時期にはその季節に合っていない事も・・・。

例えば夏生まれの赤ちゃんに半袖のものを贈っても、実際に着られるようになるのは秋以降。これでは使いづらいですよね。今すぐ着られないものは少し先の季節感と合っているかを考えて購入してあげると親切です。

②必須育児用品



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

知っておきたい子宮頸がん・子宮体がん検診の必要性。

女性なら誰しも「子宮がん」という病名を聞いたことがあると思います。定期的に検査をしたほうがいいような気がする…

nakou / 2157 view

ちょっと気になる...男女産み分け法ってどんなもの?

赤ちゃんは授かりもの☆健康に生まれてきてくれるだけで十分。それが親の願いですよね。でも、やっぱり少し気になる…

manahaha / 4975 view

妊娠中に薬は飲んでいいの?体調が悪い時はどうしたらいいの?

妊娠中に体調を崩してしまったりすることもあるかと思います。そんな時、市販の薬を飲んでいいのか?病院は何科に行…

yoc97★ / 1927 view

妊娠初期の辛いつわりの症状を乗り切るためのポイントを紹介!

待望の赤ちゃんを授かることができた喜びもつかの間、吐き気や眠気などのつわりの症状で辛い妊娠生活を送っているマ…

kaeru_5 / 1513 view

妊娠中にしておきたいこと5選

子供が生まれる前にしておきたいことを5つ

reichel / 3514 view

産休っていつからとれるの?その間の給料ってどうなるの?

妊娠前までお仕事されていた方はいつから会社を休めるのかよくわからない方も多いかと思います。休んでいる間の給料…

yoc97★ / 2850 view

病院と助産院の違いは?妊娠したら考えたい出産をする機関

出産は、人生の中でも特別な経験になります。どこで、どんな出産経験にしたいですか?医療機関で安心の病院で?アッ…

ReilyLady / 2201 view

安産祈願はいつがいい?お参りの意味と参拝方法とは?

安産祈願は何となく知っているけどやらないといけないのかな?、やるとしてもいつがいいのだろう?とお悩みの方に安…

oppekeizm / 2339 view

出産祝いを貰ったら?内祝いの選び方と厳選アイテム!

赤ちゃんが産まれたら、たくさんの方に祝福していただいたり、お祝いをいただくかと思います。出産祝いをいただいた…

marotabi / 2836 view

花央

はじめまして、花央です。
現在一歳の息子に振り回されながら、成長を感じたり、時にはイライラしたり、充実した毎日を過ごしている主婦です。
息子を出産前は保育士として10年間働いていました。
保育しての経験や知識を生かしたり、現在子育て中である母親の目線から、私と同じように育児に奮闘しているママやこれから出産・育児を控えているプレママのために少しでもお役に立ちたいと思い立ち、ライターとして細々と活動しています。

よろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック